安倍政治を敵視する者

安倍晋三首相とトランプ米大統領は6日の首脳会談で、北朝鮮に「最大限の圧力をかける」方針で一致し、安倍首相は会談後の共同記者会見で、7日に独自制裁を決定すると表明していた。

政府は7日午前の閣議で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対して日本独自の制裁強化策として、9団体と26人を資産凍結の対象に追加する措置を了解した。

資産凍結とは銀行口座の差し押さえ的なものだと受け止めれば大きく違うことはないだろう。

安倍総理は7日の発表時に「明日凍結する」と突然の表明をおこなった。だから6日の日米首脳会談で同意された案件について翌7日午前には閣議決定をおこない、同日中の発表で「明日やる」というわけだ。対象者が資金を回収する時間的余裕を限りなく奪う結果となった。

この措置の内容は北朝鮮にある金融機関9団体と、それらの団体から中国などの北朝鮮国外に派遣されて金融取り引きをしている26個人。これらの対象は米国が9月に拡大対象として指定していたもので、日本政府が独自に調査したものというわけではなかったが、北朝鮮のその後の出方を注視して日米が足並みを揃えて制裁強化を打ち出した。

日本の一部のメディア(民放)が故意にこの「9団体・26個人」を報じなかった。局の関係者が含まれていたからか、あるいはスポンサー契約関連なのかと憶測が広がっている。




話は少し変わるが、トランプ・アメリカ大統領が韓国を訪問した際に文は晩餐会に元慰安婦を名乗る老婆を招待しトランプ大統領に引き合わせた。文は先日の渡米で「日本とは同盟関係にあらず」と明言していたことから、元慰安婦を招待することで日韓合意はなかったことにするという意思表示だと受け止められた。

日米韓の三国間には軍事協力があり2016年11月には日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が締結されたが、韓国の大統領がその後交代して親北政権になったことから、この保護協定が逆に働く危険性を指摘する専門家は少なくない。

さらに、日米韓の間には「軍事協力」はあるが「軍事同盟」はない。日韓の間で兵器の部品や弾薬、燃料などを相互融通する日韓物品役務相互提供協定(ACSA)は締結されずにいる。韓国では「日本が朝鮮半島問題に介入するきっかけになる可能性がある」と懸念する声が多いという。軍事専門家らは「歴史的な問題と国民情緒のため、日本との軍事協力には制限事項が多い」と指摘している。また、日米韓軍事同盟が中朝露軍事同盟を復活させ、北東アジアの情勢がさらに不安定になる可能性も懸念されている。

文大統領は今月3日にも、シンガポールのチャンネルニュースアジア(CNA)のインタビューで「韓国と米日の軍事面での協力は北朝鮮の脅威に対応する上で重要だが、3カ国軍事同盟レベルに発展するのは望ましくない」と述べた。

しかし東アジアの情勢が不安定になる恐れよりもむしろ、旭日旗を掲げた海上自衛隊の護衛艦を済州島に入港させないとする「日本アレルギー」のようにしか見えない。

そして国賓として来韓したアメリカ大統領に対して220の反米団体が青瓦台前でデモをやり、大統領専用車は逆車線を通ってホテルへ向かったと言う。この報道は米CNNも伝え、アメリカ国民も驚きをもって眺めた。前代未聞のことをやらかす国民なのだが、視線を変えて「それだけ北朝鮮の利益を追求する工作が浸透しているということだ」と考えるならば、なるほど騒ぐだけの理由と価値はあったという事になる。日韓合意を文が否定するのもそう。慰安婦婆さんを連れて来るのもそう。全部つながっている。

「リッパート大使を斬りつけた男は、その後どうなった?」くらい聞いてやれば良かったのに。

日本のニュース番組が、対北制裁の内容を語りたがらないのも、日本にも北の工作が形になっているということであって、「安倍政権のもとでは改憲論議はできない」と主張する団体とそっくり同じになっている。「憲法が問題ではなく安倍が問題だ」と。つまり拉致被害者の「一時帰国」で実績を残そうとした小泉の邪魔をして、被害者家族を取り返した安倍が憎らしいわけだ。問題を終わらせようとして送り付けた遺骨をDNA鑑定して「本人の物じゃない」という結果を出したのも安倍だった。だから安倍晋三は北朝鮮から憎まれるのは当然なのだけれど、一緒になって安倍を攻撃するのが韓国だったり日本のメディアだったりするということは、何を意味しているかだ。




またぞろ中南米の租税回避地(タックスヘイブン)が話題になっているようだが、ここで資金洗浄されたブラックマネーが北朝鮮のミサイル開発に利用されているという指摘もある。

北朝鮮の回し者が香港やマカオ、マレーシアなどで金融活動をやっているのであって、ウラジオストクあたりに派遣された安い労働力のピンハネくらいで核実験ができるはずがない。

あ、対北朝鮮制裁の具体的内容を隠したのは「スーパーJチャンネル」でしたから、悪しからず。
ちなみに11月7日(火)当日のスポンサーは龍角散他でした。




LCAC

2017.11.7の産経ニュースから。

在日米海軍は7日、長崎県西海市の米軍横瀬駐機場を使ったホーバークラフト型揚陸艇(LCAC)の夜間航行訓練を、騒音を理由に市が中止を求める中、実施した。市は防衛省九州防衛局と結んだ「西海市の意向を最大限尊重し、夜間、早朝の航行を行わないよう米軍と調整する」との協定に違反しているとして、防衛局に抗議する方針。LCAC2隻は午後5時前、大きな音を立てて横瀬駐機場から次々に沖合に出航。約1時間後の日没後に、駐機場に戻った。九州防衛局によると、訓練は8、9日にも実施される。

(以下略 引用ここまで)

そこで長崎県に居住する従兄弟へメールで聞いてみた。「長崎の日没は何時くらいだ?」

返事では「5時2~30分ってとこだな」。

つまり西海市と九州防衛局との間に結ばれた協定の内容「西海市の意向を最大限尊重し、夜間・早朝の航行をおこなわないよう米軍と調整する」という内容に大きく反しているとは思えないのである。

私も実際にこの目で見たことがあるLCACだが、確かにあの騒音はかなりのものだ。ガスタービン・エンジンを4基搭載しているとのことで、港内の移動だけでも耳をふさぎたくなる大音響だから、これが訓練目的での『本気モード』を出せばどれだけうるさいか想像に難くない。

lcac.jpg


しかし午後5時前に出航し、約1時間後に戻ったということは日没をまたいだ1時間程度のことであって、夜間と呼ぶには少々酷だし「市の意向を最大限尊重」という文言にかなっているように思える。

LCACの夜間航行訓練をやるとは、北朝鮮を睨んだ訓練であることは明白なのであって、もはや日本も「完全な平時」というわけではない。

私はかつて小松空港(航空自衛隊と共用)で仕事をしたことがあったが、領空近くを国籍不明機が近づくとF-15戦闘機二機がフルスロットルでスクランブル発進していた。あの周辺の住民の人々はそれなりの予算を付けられているのだろうと思うが、いつ何時あるか知れない発進に耐えて暮らすのは相当に大変だろうと思ったものだ。しかしこれは国防なのであって日本の安全保障ととらえれば、致し方ないことでもあるだろう。

だからと言うわけではないが、深夜でも早朝でもない日没時刻に揚陸艦が航行したからと言って「市の意向を最大限尊重」していないととらえることが適切なのかどうか、首をひねる部分がある。あの長崎県北部は昔から社会党系が強かったし、現在の西海市がどうだかは知らないが陸上自衛隊がパレードする際に自動小銃の携帯に反対する団体が毎年顔を出す。

騒音は確かに騒音だから「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とまでは言わない。しかしトランプ大統領が中国訪問も終えて帰国した後はどんなことが起きてもおかしくない情勢に入っている現在、このような苦情が通るかどうかだ。

国会の閉会中審査で「加計問題」を野党がしつこく取り上げたことと、どこか似たような匂いを感じるのは私だけだろうか。


潜水艦は「潜る」のか「沈む」のか

2017.11.07 の産経WESTから引用。

ドイツ海軍の潜水艦(Uボート)6隻全てが運用不能になっていたことがこのほど明らかになった。背景にあるのは予算不足による予備部品の不足。ほぼ同型の潜水艦を使っている韓国海軍の潜水艦はより大規模に欠陥や故障が多発しており、解決策は見えていない。(岡田敏彦)

(中略)

第二次大戦時には300隻体勢を目指したドイツ潜水艦隊が、いまや6隻。しかも全艦動けず“開店休業”状態とは、誰が予想できただろうか。この状況を決して見過ごせないのが、ドイツから遠く離れた韓国海軍だ。韓国の潜水艦は、ドイツの潜水艦(212級)の低性能安価版の“輸出型”である214型。しかもドイツ側は設計図一式を売却しただけで、大小の部品も船体も韓国製なのだ。韓国海軍の潜水艦といえば、製造不良や欠陥による故障続きで韓国マスコミに叩かれてきた。1番艦の「孫元一」(ソン・ウォニル)は2006年に進水したが、スクリューなどから異音が発生。敵の聴音探知で位置が暴露されるため潜水艦にとっては致命的な欠陥だが、スクリューだけ修理すればいいというレベルではなく、推進軸を交換する事態となった。また2番艦の「鄭地」(チョン・ジ)と3番艦の「安重根」(アン・ジュングン)を含め、3隻とも環境(原文まま、艦橋?)周辺のボルトが緩んだり折れたりする事故が複数回発生。韓国SBSテレビ(電子版)によると、連続潜行期間は、開発時の触れ込みの「数週間」を遙かに下回る「数日」だった。原因は燃料電池の不良だとされている。

(中略)

11月1日には、韓国造船大手の「大宇造船海洋」が北朝鮮のハッキングを受け、最新鋭のイージス艦や潜水艦の設計図などの機密約60件を盗まれていたことが発覚した。朝鮮日報(電子版)によると、盗まれたのは昨年4月のことで、イージス艦「栗谷李珥」(ユルゴク・イ・イ)と、ドイツ設計の214型を韓国が独自に大型化した新潜水艦「張保皐3」(チャン・ボゴ3)の設計図などが奪われた。なかでも「張保皐3」のコールドローンチ技術の流出は韓国で問題視されている。これは潜水艦の垂直発射管からミサイルを発射する場合の技術で、陸上発射型のようにミサイルを点火発射すると発射管や潜水艦本体が熱で損傷するため、圧搾空気で船外へ放出してから点火するというもの。北朝鮮はハッキングと同時期にコールドローンチでのミサイル試射に成功しており、ハッキングで得た資料から何らかのヒントを得た可能性は否定できない。

(以下略、引用ここまで)

記事では現代自動車とその傘下にある起亜自動車が製造するサンタフェ、グレンジャー、アバンテ、ジェネシスなどが新車時から雨漏りを起こした事例を挙げ、韓国の製造技術がまだ潜水艦を製造する段階に至っていないことを証明した。

走行中に風圧を受けるフロントガラスは、車体に取り付けられる際にゴムパッキンを取り付けるが、これが不良品だったり取り付け作業の不適切があったりすると雨水や洗車時の水が染み込むことがある。それらの水が電気配線を腐らせてコンピュータをショートさせる。韓国のクルマがよく暴走するのは運転手がヒステリーを起こすからだけではないのだ。

したがって乗用車もロクに作れない技術レベルの国が、ドイツから設計図だけを買って来て潜水艦を作れるはずがない。

しかもこの愚かな国は、ドイツから設計図を購入して製造した214型潜水艦の軍事機密である輪切り画像を公開してしまった。韓国は他国からのライセンス生産であっても、自国で製造すれば韓国製として輸出ができると勘違いしている部分がある。そうでなければ自国の海軍が使う潜水艦の構造を公開する理由がない。これにドイツは大激怒している。

これらのことから、韓国と軍事的な同盟関係は結んではいけないという結論が簡単に出て来ることになる。

小銃弾1万発とかで済んだから良かったようなもの。韓国製の防弾チョッキを着るくらいなら、まだ週刊ジャンプがマシだろう。

熊本県工業技術センターがつちやゴム㈱との共同研究によって平成14年に特許認定されたのが電磁波シールドゴム。合成ゴムに必要なレシピを添加することで電磁波の遮蔽を可能とする製品。これは電磁波シールドルームのドアパッキンおよび内部シールド材、通信機器の筐体およびパッキン、携帯電話の内貼りおよび電池との遮蔽、パチンコ台の誤作動防止、電子機器のスイッチ、自動車用バッテリーのシールド、等々今後の電子機器の発達に広く関わって行く製品になり、すでにつちやゴム㈱を通して㈱ソニーに出荷されている。

実はこの電磁波シールドゴムってのは、北朝鮮問題で広く知れ渡った電磁パルス攻撃(EMP)の防御に使えるってんで、原発とか鉄道管制とか航空機とかのシステムに流用できないかとする緊急の研究が進められている。メガバンクの電算センターとかね。

本ブログで『セルロースナノファイバー』をご紹介したのは2015年9月の記事だったが、戦後の日本は経済成長の過程でガラス繊維を用いたFRPを開発し小型船やユニットバスなどを作った。さらに炭素繊維を開発して飛行機の機体の軽量化を図った。そしてセルロースナノファイバーと電磁波シールドゴム。これら民間の技術開発は世界のトップを走り続けている。

下手に韓国に技術協力すれば、北朝鮮からハッキングされるか、グリコ・ポッキーがいつのまにかロッテ・ペペロになっていたりするから、金輪際相手にしてはいけない。

子供が食べたペペロから虫が出て来たとさ、えらいこっちゃ。



あ忘れてた、川崎重工神戸工場で、海上自衛隊の新型潜水艦「しょうりゅう(翔龍)」が進水したってさ。自衛隊への引き渡しは再来年の3月だとさ。日本の総理大臣を射殺した男の名前を採ったりして喜ぶ国は放っておこう。




美しい国

日本がなぜ侵略されることも麻薬で汚染されることもなかったのか。

なぜ朝鮮のように汚物だらけにならなかったのか。

それはこの人工的な映像に写し取られている。大きく現実を外れることはないと思われる。



そして、「詠み人知らず」の古今和歌集だろうね。

こんな国が他にもあったら良いのに。


脅しが効く国 効かぬ国

中国人観光客が激減した韓国では、ホテルや貸切バスなどのいわゆる「観光業界」が瀕死の状態に陥っている。

これは中国政府が渡航許可を絞ったためだが、日本の同業界はカエルの面に何とかで平気の平左になっている。もちろん中国人客の爆買いを当てにしていた先読みの下手なデパートや家電量販店の一部などでは予想が外れて顔面蒼白になっているのは確かなのだが、総じて日本経済には「中国人が来ようと来るまいとどうでも良い」とする風が流れている。それは日本が内需型消費社会になっているためだ。

「日韓合意の慰安婦問題は国民感情が納得していない」とどこかの患者が言ったらしいが、その国民感情でドタキャンをしたのがロッテホテルだった。あれから日本外務省から干されちゃって、ロッテは涙に暮れている。国民感情を引き合いに出せば、損することばっかりなんだとそろそろ気付けよ。

むしろアパ・ホテルのように「中国人は来るな」と主張することで、逆に評価を上げるサービス業が出て来た。「あそこに行けば、中国人がいないから安心してリラックスができる」という期待感を得た格好になっている。恐らく「中国人は来るな」の次は「韓国人は」となるだろう。中国人は経済発展が遅かったのでまだマナーが浸透できていないのであって、彼らに悪意があるわけではない。ツバを吐いても大声で話しても、それが日常なのだから「海外旅行する時は」ってそりゃ無理だワナ(石平さんの真似)。日本もかつて農協観光で世界に恥を晒したことがあった。ステテコ姿でホテルの廊下を歩いたり。しかし韓国人はタイでもフィリピンでもパリでもニューヨークでも悪意に基づく行為から反感を買っている。あの民族だけは救いがないらしい。

とは言っても、アメリカのユナイテッド航空でも、オーバーブッキングによる座席数の不足が生じるとアジア人から降ろすのだから目クソ鼻クソの世界ではあるが。

尖閣で中国の漁船が体当たりして船長が逮捕された際に、中国は報復としてレアメタルの輸出制限を掛けて来た。「どうだお前ら困るだろう」と言って。ところが、その作戦で日本の技術者を奮い立たせて、レアメタルに依存しなくても良い磁石を開発した。「ヤブをつついてヘビを出す」というやつだ。

だから中国政府が相手を困らせようと思うことと、実際に相手が困るかどうかは、やってみるまでわからない、ということなのだ。

インドネシアの高速鉄道計画は、日本を排除させるために袖の下を使って中国がインドネシアの役人を買収してひっくり返した。しかし実際の工事は完成の目途が立っておらず、インドネシア政府は困り果てている。今さらのように日本政府へ救援を求めているが日本政府は知らん顔するしかない。フィリピンもベトナムもじっと横から見ているからだ。日本人は騙しやすいと教えるようなものだからだ。

一方のインド政府は日本の新幹線を満場一致で採択した。国家を担う政治家は、国民の将来設計をも担っているということだ。インドの新幹線とインドネシアの高速鉄道、どっちが先に開通するだろう。

もう一つの違いはずばり、どこの国の植民地だったかということだ。インドはイギリス、インドネシアはオランダ。

イギリスは世界一非道なことを世界中でやらかした国だけど、少なくとも紳士的な側面はあったわけ。ところがオランダはダニのように搾取するだけ。インドネシアは地下資源が豊富だったしゴム栽培でもかなりの利益を生んでいた。それを根こそぎ本国へ送り続けた。

そうした過去を全部知っているんだよね日本は。東南アジア諸国なんてWW2後に出来た国がほとんどなんだけど、アジアが踏んで来た歴史を知っているのが日本なわけ。中華人民共和国つったって、あれ戦後にできた国だからね。日本と戦ったのは中華民国だった。キンペーが「抗日戦勝」と言っても、本気にしてはいけないの。

その中国が「どうだお前ら困るだろう」とそっくり返っても、日本人は騙されない。

チベットやウイグルや天安門で何が起きたか、中国人民は知らなくても日本人は知っている。

「日本に行ったらラーメンが食べたい」と言う中国人が増えたそうだが、ラーメンくらい自分で作れよという話だ。

「お前ら、来なくても良いから。その方が人気が上がるから。韓国人とは違うから」





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR