いつもの復讐劇

韓国の新しい大統領に選ばれた男が、ついに本性をあらわした。

中世から続く朝鮮の歴史通りに、前王朝を根絶やしにする。かつての王(決して皇帝ではない)は、前任者を処刑して頭を街道の道に埋めて人々に踏ませたというのもいた。

新大統領のムンはパクを拘置所に押し込めて、返す刀でパクの前任者だったネズミ男の実績を洗い始めた。

Sebastián_Piñera_-_Lee_Myung-bak_(cropped)


いろいろと資源外交をやったネズミだから、叩けばいくらでも埃は出るのだが、手始めに標的にしたのは「四大河川整備事業」だった。堰(せき)によって水流が停滞し水質悪化を招いた河川に緑藻の大量発生などが相次ぎ、水資源利用の影響が少ない堰から順番に開放してゆくとしている。こうした行政の在り方は、一見国民の信頼を呼ぶような施策に見えるが、実際のムンの狙いはそっちではない。

ネズミ政権は四大河川整備事業に関して、特定の事業者との癒着があったのではないか、違法・脱法行為があったのではないか、政策決定のプロセスと実施に携わった関係者が誰なのかといった「再検証」を指示している。たぶん「報復ありき」で進められるだろうからネズミに逃げ場はない。

退任後の韓国大統領にして悠々自適の生活を送っていたかに見えたネズミだが、「私憤」による「復讐」に燃えた男が立ちふさがる。

これこそが朝鮮・韓国の真の姿なのであって、報復がいつもと同じように繰り返される。そこに国民の幸福追求とか国家安定だとか発展と成長などといった概念は毛ほどもない。あるのはただの「感情」と「私憤」。

韓国の現状を正しく把握するならば、何を置いてもまずは経済の立て直しと失業率の改善。だがムンにはそれらへ対する政治的能力は皆無に等しい。若者の失業率を改善するために、公共事業の職員の正規雇用を増やすと言ったらしいが、そんなことをすれば国家財政は数年で破たんする。

公共事業の職員に支払われた給与は、ローンの返済に充てられる。その金融機関は外資で運営されているから、国や地方自治体の財政は海外流出を加速させる。「そんなことしちゃダメですよ」と誰かが止めに入らなければならない場面だ。

ところがそうした有能な家臣がいなかったからこそ朝鮮・韓国が今のような状態におかれている。

青瓦台は4大河川に対する官民合同の調査・評価チームを構成し、堰の生態系変化、水質、水量状態などを評価する予定だ。これを基に、2018年末までに堰の維持や撤去などの対処法を確定させるという。

しかし、堰を開けて水流を増加させると何が待っているか。口蹄疫や鳥インフルエンザの急速な拡大だ。ただでさえ韓国の西海岸はゴミだらけで海水浴ができない状態になっているが、河川の堰を開いてしまうと、水産事業に致命的なダメージを与えかねない。

セウォル号が沈没しかかった際の海水の汚さは、世界中が知っている。





ウソッパチ

2017年5月18日・産経ニュースの記事から。

『自民党の二階俊博幹事長は、国際会議出席のため12~16日に訪問していた中国・北京で、国連のグテレス事務総長と会談した際のエピソードを披露した。二階氏は「国連に対し日本はちゃんとしたことをしているが、その割に国連から日本がどれほど感謝されているか、どれほど期待されているかは、前々から疑問に思っていた」と指摘。グテレス氏に対し「遠慮会釈なく言ってやった。そしたら、かなりこたえてね。(グテレス氏は)『われわれもそのことを感じている』と。そういうところまで追い込んでやった」と紹介した。』

グテレス国連事務総長


このニュースをどう読むかだが、前任者のチンパンジーが国連の主要幹部を勝手に韓国系に入れ替えたことによって、呆れた従来からの有能なスタッフが次々と去ったという話を青山繁晴氏が何かの番組で語っておられた。その影響がまだ続いているものと受け取る必要があるだろう。

であるならば、少し話が違って来ることになるのだが、なぜチンパンジーが好き勝手やっていた当時に物を言う人物が現れなかったかだ。なぜクマラスワミの暴言を見過ごしてしまったのかだ。「日本の女子高生は・・・」と特派員協会で発表したオランダ人もいた。日本の外務省や文科省はなぜ黙っていたのかだ。

日本は3ヶ所で(いわゆる)領土問題を抱えていて、「黙っていれば何ごともなく平和です」とはとても言えた状態ではない。にも関わらず国連にチンパンジーが乗り込んで来て「猿の惑星」にしてしまったのを遠巻きに見ていただけなのが日本政府だった。

「陸海空その他の戦力はこれを保持せず」つったって、現に自衛隊は小銃を持って戦車を走らせてるじゃん。どっちがウソでどっちが本当なのさ。

自衛隊員がヘルメットをかぶっているじゃない。あれアラミドなんかの最新素材でできているけど、歴史的な呼称は「鉄鉢(テッパチ)」のままになっている。しかし結構な重量があるので災害派遣なんかの非戦闘地域では軽い素材のヘルメットを着用している。これを自衛隊員は「ウソッパチ」とか「プラッパチ」とか呼ぶそうな。二階が幹事長を務める政党も「ウソッパチ」じゃなければ良いのだが。

戦後日本は、不都合なものに目をそむけて、臭いものにはフタをして、犬のウンコがあったら拾うのではなくまたいで通り、非核三原則の裏で密約をして誤魔化して来た。拉致被害なども「デタラメだ」と言って。

そうやって積み重なった矛盾がいま一気に日本国民を悩ませ苦しませ始めている。だから今で言う高校生くらいの年代の若者たちがいちばん不都合を被ることになるだろうし、その責任は誰が取るのか。

放置された犬のウンコはいま、国会で「森友が」「加計学園が」とわめき散らしている。朝鮮総連が放送局を脅迫して犬のウンコの子弟を無理やり採用させたから日本のメディアは全部がウンコ色に染まってしまった。それを指を咥えて見ていたのがアメリカだけに尻尾を振っていた連中や「民間にできることは民間に」と言ってケツまくった男。

そのころ二階は小沢の手先になって中国に尻尾を振っていたけどさ。

だから今ごろ二階がグテレスの胸ぐら掴んだと武勇伝を自慢しても、「チンパンジーに好き勝手させたのはお前だろう」と誰かが言ってやらないと、変な自信を持つだけだ。あれあんまし頭が良くないから。日韓議員連盟などと名乗ってチンパンジーの横暴を許していた「国賊」なのだから。



同じ産経ニュースの記事ではこんなのも出ていた。

『韓国の文在寅大統領が特使として派遣した文喜相国会議員は17日、自民党の二階俊博幹事長との会談冒頭で、「過去の歴史問題を直視しつつ、しかし未来志向というところに重点を置いて…」と述べていた。韓国は相変わらず、国内の政治情勢をみて歴史カードを切ってくる気なのだろう。文特使は同日の岸田文雄外相との会談では、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した日韓合意について、こう述べていた。「韓国国民の大多数が受け入れられない雰囲気だ」韓国の言う「歴史問題の直視」とは、日本に対してはあれこれ要求したり、騒いだりするけれど、自分たちは国際約束を破ってもかまわないということか。今さら驚きはしないが。』

(中略)

『「在日朝鮮人の総数は約61万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は245人にすぎないとされている」資料は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人について「いちいち渡来の事情を調査した」結果をまとめたもので、次のように明確に指摘している。「第2次大戦中内地に渡来した朝鮮人、現在日本に居住している朝鮮人の大部分は、日本政府が強制的に労働させるためにつれてきたものであるというような誤解や中傷が世間の一部に行われているが、右は事実に反する」「(在日朝鮮人で)国民徴用令により導入されたいわゆる徴用労務者の数はごく少部分である。かれらに対しては、当時、所定の賃金等が支払われている」』

(引用ここまで)

これは平成22年10月1日の自民党の高市早苗衆院議員(現総務相)の国会質問の際の発言のことで、外務省の報道発表に基づくものである。

文喜相・韓国大統領特使が首相官邸で安倍総理を表敬したというニュースだったが、韓国の歴史問題の「慰安婦問題」に続く第二弾は「強制徴用工問題」だとする意図を受けての論説だった。

245人の徴用工が61万人に増えたって、どんだけ繁殖力が旺盛な細菌なんだよ。爆発的増殖じゃねぇか。
「言いがかりを付ければカネが出る」という経験値があるだけじゃん。詐欺被害者がリストに載って、次から次と詐欺師が群がって来るという見本のような話だ。こういうのを「エンドレス」ってんだよ。

呉善花(オ・ソンファ)拓殖大学教授がいみじくも語った。「反日という物語はキム・ヨンサム政権時に政治的に作られた。その作られたストーリーによって韓国人の情緒を支えている」。まさに韓国出身者だけに正確なことをご存知だ。



韓国の大統領府が何を言い、国連で何が取り上げられたとしても、日本は事実に基づいた歴史を踏襲する必要があって、それが次世代を担う日本国民への責任であることは明白だと断言する。

豊洲・築地のベンゼン汚染よりもっと深刻な汚染がメディアの中に浸透してるんだが、そっちは誰が除染するのだろう。

新聞テレビが嘘を告げ、警察が泥棒して、消防士が放火する、そんな「ウソッパチ」だらけの国をバトンタッチしますか?

そんな国を命を賭けて自衛隊は守るのですか?





嫌がらせの目的

あるとき、仕事関連で一緒になった警備会社の人からこんな話を聞いた。

「独立ATMブースとか、消費者金融の『お自動さん』とかいった無人の現金機があるじゃないですか。あれは機械警備がかかってるんだけど、アラームを検知して警備員が駆け付けるまでにはタイムラグがあるんですよ。それも通常の時とクリスマスイブとか連休とかで道路事情が違って来る。つまり『駆け付け時間』に差が出るわけです。それを事前に賊が知ろうとすれば、簡単に言えばブースをハンマーで叩けば良いんですよ。そこでストップウォッチを回して、何分で警備が来るかというデータを集めれば良いんです」

今ではコンビニATMが増えたからほとんど独立ブースは減ったけど、「確かにそうだな」とは思わされた。

こうした話は我々工事関係者でなければ聞けないことなんだが、現役をリタイアした今になって気になる情報が入って来た。

神社仏閣に「油撒き」という嫌がらせのような事件が続いているという。そして今年4月の30日に、渋谷駅山手線ホームに人糞約30個が散乱されて騒然となった。このことを単なる「嫌がらせ」と受け止めて捜査が進められているというが、これらはテロへの情報収集ではないかという説だ。「事件化は何時間後か」「対応はどうだったか」「捜査員はどこから来たか」「どこの警察署が管轄したか」「自衛隊は動いたか」これらのデータが蓄積されている可能性があるという。

今年に始まったことではない。あちこちの鉄道のケーブルが放火されたことがあった。そこに警察力を集めれば、手薄になった場所で簡単にテロがおこなわれるというわけだ。東京五輪まであと3年に迫っている。

共謀罪に反対しているのは誰だろう。

革マル派はどうだろう。中革派はどうだろう。京浜工業地帯を攻めるのは、北朝鮮のミサイルとばかりは限らない。










開戦の合図

アメリカのトランプ大統領がシリアへトマホークミサイルを撃ち込んだ際に、前もってプーチンに連絡したのではないかとささやかれている。

このトマホーク攻撃は中国のキンペーが訪米していた時に合わせて行われたものであって、ミサイル攻撃の最終的な目的はシリアでもなければロシアでもなく、ましてや北朝鮮など相手にもしていなかったことがわかって来ている。キンペーはこの秋に中国共産党大会を控えているので、今は国際的な失敗をすべき時期にない。身辺に敵を作り過ぎたのは正恩だけではない。

ところがここへ来て、FBI長官を解任したことで「第二のウォーターゲート事件だ」と騒がれている。騒いでいるのはトランプ嫌いの新聞テレビだから話半分で聞いていた方が良いかも知れないが、この騒動次第ではカールビンソンとロナルドレーガンの動きに影響して来るかも知れない。

中国は北朝鮮への圧力もそっちのけで、アメリカ太平洋軍司令官のハリス氏を外せととんでもない内政干渉を言い出して来ているし、北朝鮮の新型ミサイルはウラジオストクの近海に飛んだ。だがプーチンはシリアの時のように事前通告を受けていたものと見られ、弾道ミサイルに無関心を装いつつ、万景峰号を受け入れた。

各国はそれぞれに動きを始めているのであって、動かないのは韓国と日本だけ。

「モリの次はカケ、まるでソバ屋の出前だ」とからかわれているのは日本の最大野党だそうで、法律や憲法の話にはなかなか進まない。一方の韓国は、安倍総理と電話会談したムンが日韓合意のことに触れなかったとして「裏切られた」との声が上がっている。

トランプはこのまま行けば泥沼にはまるから、いつものように「被害者」を装って戦争に突き進むしか道がない。「真珠湾」の時もそうだった、「トンキン湾」でもそうだった、「9.11」もそうだった。何百人かの犠牲者を国民から出せば、アメリカは簡単に戦争へ走る。

アメリカがピョンヤンを叩くには、事前に中国とロシアへの根回しが必要であって、キンペーとプーチンの両政権の安定長期化を保証するだろう。一説によれば、アメリカがカールビンソンを動かした陽動作戦で、慌てた北朝鮮が食糧や飲料水などを大量に運び込んだ「ポイント」をアメリカ軍は掴んでいるという。

ただし「アメリカ国民に犠牲者を出す」と言ってもアメリカ本土とは限らない。グアムだったりハワイだったり、ひょっとすると厚木だったり座間だったりするかも知れない。沖縄は考えられないだろう。どさくさに紛れて中国海軍が動き出すからだ。

自作自演で開戦の口実を作るというのがアメリカの歴史なのだから、ニューヨークの貿易センタービルのように派手であればあるほど効果的になる。深夜にこっそりとするはずがない。テレビの視聴率が高い時間帯にこれ以上ないような派手なことをしでかす恐れがある。

たぶんそれはレーガンが朝鮮半島近海に到着してからであって、舞鶴などの海上自衛隊の護衛艦や呉基地などの潜水艦群が出払ったタイミングになるだろう。

グアムやハワイや在日米軍基地周辺で大規模爆発が起きたりすれば、それは開戦の合図かも知れない。

ロシアのプーチンはEU連合の分断を狙っていたのでフランスのルペンに期待を寄せていたが失敗した。そこで、何が何でも東アジアには口を出して来る。原油安のあおりで体力を失ったロシアは、北朝鮮の安い労働力が頼りなのだ。もっとも、手つかずの地下資源が豊富に眠る北朝鮮は奪いたいはずだ。


日本国憲法を改正するための国民投票などは、朝鮮動乱後であれば圧倒多数で賛成されるはずだ。

まずいな、サッカーW杯のU20が20日から韓国で始まるぞ。あ、北朝鮮の田植えもだ。





赤っ恥

昨日このブログで東京都多摩市にある恵泉女学園大学の李准教授のテレビ発言を取り上げたのだが、ここであれは自称「元従軍慰安婦」の老婆たちのことを「当事者」と呼んで被害を誇張していた。「植民地責任の清算が済んでいない」と。

ところがレコードチャイナの2017年5月17日の記事にこのようなのを見つけてしまった。

(引用ここから)

2017年5月15日、韓国メディア・内外日報によると、韓国京畿道の“怠慢な行政”が原因で、元慰安婦らに新たな別の悩みが生じているという。

京畿道と京畿道議会によると、元慰安婦らが共同生活を送る施設「ナヌムの家」は先月、ホスピスの病室6部屋を設置する予算支援を京畿道に要請した。しかし、京畿道から何の回答もなかったため、ナヌムの家は先月26日に道議会の多数党である「共に民主党」を訪れ、ホスピスの病室6部屋を設置する予算支援を再び要請した。

(中略)

しかし、京畿道は同予算を今年の追加予算案に盛り込まなかっただけでなく、約20日が過ぎても担当部処すら決めていなかった。京畿道と療養施設を担当する部処は「元慰安婦らは高齢だが、慰安婦という特性のため女性家族部と連携する部処が担当すべき」と主張しているという。これに対し、女性関連部処は「ホスピスは医療施設であるため、保健関連の部処や高齢者関連の部署が担当している」と述べ、責任を回避しているという。

このように、京畿道が業務を他の部処に押し付ける“シーソー行政”を行っていることが原因で、高齢の元慰安婦らのためのホスピス病室の設置計画は白紙に戻る可能性が高まっているという。

(以下略、引用ここまで)

ほらね、これが韓国行政の実態ですよ。李よ、国際人権論をカバンに詰めて京畿道まで行き「当事者」たちを救ってはどうか。

「被害者」は韓国人かも知れないが「加害者」もやっぱり韓国人だったじゃないか。植民地の清算がしたいのであれば「日本が残したダムや駅ビルや学校の買い上げもしろよ」って話になる。日本人はそこまで卑しくないから要求はしないけれど、国家間の条約は守ろうぜ先生。

台風の進路予想もできない韓国を尻目に、北朝鮮は高度2000kmに達する弾道ミサイルを打ち上げた。きっとナヌムの家の老婆たちの面倒は北が看てくれるだろう。

10億円は日本からの手切れ金。お代わりの用意はありません。



Amazon が発売したTシャツにこのような文字がプリントされているとか。

『MOON JAE-IN PRESIDENT NORTH KOREA』

何のことはない、文在寅は北朝鮮の大統領だってさ。からかわれてんなぁ韓国は。





検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR