殉国七士廟

日本の第124代天皇陛下は裕仁(ひろひと)と仰せられ、昭和天皇と呼ばれておられる。

昭和天皇は敗戦後マッカーサーに対してこう述べられた。

「日本国天皇はこの私であります。戦争に関する一切の責任はこの私にあります。私の命においてすべてが行われました限り、日本にはただ一人の戦犯もおりません。絞首刑はもちろんのこと、いかなる極刑に処されても、いつでも応ずるだけの覚悟があります。しかしながら、罪なき8000万の国民が、住むに家なく、着るに衣なく、食べるに食なき姿において、まさに深憂に耐えんものがあります。温かき閣下のご配慮を持ちまして、国民たちの衣食住の点のみにご高配を賜りますように」

従って東京裁判によって有罪にされ処刑された人々を、そもそも天皇陛下は認めておられなかった。となると陛下ご自身が靖国神社に参拝されないのはA級戦犯が合祀されたからだとする解釈は成り立たなくなってしまう。子供にでもわかるような簡単な話だ。

マッカーサーのような下卑た復讐心で、でっちあげられた戦争犯罪に「殺すなら私を殺せ」と立ち向かわれたのが昭和天皇だった。

なぜマッカーサーが復讐の鬼になったのかというと、欧米の植民地だった東南アジア諸国を日本が独立に向かわせたからだ。食べようとして盗んで来た犬を、韓国人の手から逃がしてやったのが日本人だったという意味である。



愛知県西尾市東幡豆町の三ケ根山に「殉国七士廟(じゅんこくななしびょう)」がある。東京裁判で死刑を執行された7名の軍人・政治家の遺骨が埋まっている場所である。石碑には「殉国七士墓」と彫られてあり、建立当時の首相だった岸信介の揮毫が残る。

七名とは板垣征四郎(陸軍大将、関東軍参謀長)・木村兵太郎(陸軍大将、ビルマ方面軍司令官)・東条英機(陸軍大将、内閣総理大臣)・土肥原賢二(陸軍大将、特務機関)・広田弘毅(文民、内閣総理大臣)・松井石根(陸軍大将、中支那方面軍司令官)・武藤章(陸軍中将、第一四方面軍参謀長)のことであり、東京裁判は、大東亜戦争の戦争責任を追及する裁判として、アメリカ・中国・イギリス・ソ連・オーストラリア・カナダ・フランス・ニュージーランド・インド・フィリピンの11カ国が判事を出して行なわれた裁判だった。27億円の裁判費用は、日本政府が全額供出させられている。いかに植民地を失った者どもが悔しがったのかがわかろうというものだ。

刑の執行は、判決の翌月である昭和23(1948)年12月23日だった。この日は、当時皇太子殿下であられた今上陛下のお誕生日である。意図的にこの日を選んだのは疑いようがない。

刑の執行は絞首刑が選ばれ即日のうちに火葬に付されたが、監視していた米兵は遺骨を鉄の鉢に入れて上から鉄の棒で粉々に打ち砕いた。この遺骨の入った箱は、A級戦犯の遺体を巣鴨から運んでんきた米兵が持ち去り、台の上に灰と一緒に残っていた小さな骨は、米兵の監視つきで火葬場にある共同骨捨て場に捨てるように命じられた。これが12月23日だったことを思い出そう。その翌日がクリスマス・イブである。A級戦犯の遺骨を奪う計画は、小磯国昭大将の弁護人だった三文字正平によって進められていた。三文字弁護士は、米人弁護士のブルウェットに相談し、彼を通じてGHQに処刑されたA級戦犯の遺骨を遺族たちに渡せるように嘆願していたのである。ところが、マッカーサー元帥は一向に首を振らなかったため実現はしなかった。火葬場の共同骨捨て場に捨てられているA級戦犯の骨を持ち出さなくてはならない。これを盗み出すのは12月25日の夜と決めた。米軍の監視がクリスマスで気がゆるんでいる隙に実行しようというのである。

巣鴨プリズンで処刑された遺体は久保山の火葬場で焼かれた。そのすぐ上にある興禅寺に持ち込まれた盗み出された遺骨がはじめて供養されることが叶ったのである。

サンフランシスコ講和条約が締結されたのは昭和27年のことで、戦後7年にして日本は占領統治から開放され戦争犯罪が解かれた。

三文字正平弁護士は、この講和条約の締結と同時に、殉国七士の墓碑を建造しようと運動を開始する。しかしすでに日本には反日運動家が育っていた。猛烈な反対運動が起こった。しかし三文字正平弁護士はあきらめなかった。七士のご遺族、政財界での賛同者を募り、各方面の有志たちと連携し、資金と場所の確保に奔走し、愛知県幡豆(はず)郡幡豆町役場の好意を得て、三河湾国定公園三ケ根山頂に、七士の墓碑とご遺骨の埋葬を実現したのは、運動を開始してから8年後の昭和35(1960)年8月16日のことだった。

その日以来、毎年4月29日の昭和天皇御誕生日には、この地で慰霊祭が採り行われ、今日では七士廟の周辺に、大東亜戦争での戦没者を祀る各部隊の慰霊碑が並ぶようになった。いまでは、82の慰霊碑が建立され「殉国七士廟」とともに並んでいる。

(参考:サファイアのブログ https://ameblo.jp/atomu-coco50/entry-11903633046.html より)


天皇制を否定するのであれば、まず皇室の存在が何であるかを理解するところから始めたい。



期待はずれ

面白い格好をした子犬がペットショップで大人気になって、我も我もと買い求める人が続出して一大ブームを呼んだ。

ところが良く調べてみるとそれはただの太ったドブネズミだったことが判明する。

「あいちゃー、何万円も出して買って来たは良いけど、こいつネズミだったのかよー!」ってんで騙された消費者がショップに苦情を言いに行ったら、その店は影も形もなくなっていたというお粗末。

巷ではオリンピックが始まろうとしていた。



「このネズミ、どーすんのさー」




新安塩田奴隷労働事件

Wikipediaで『新安塩田奴隷労働事件』というワードをググってもらいたい。

この事件は朴槿恵政権下の韓国で2014年2月(セウォル号沈没事故が同年4月)に発覚した実際に起きた事件である。知的障害者が、違法な職業斡施業者に誘われて離島の塩田に奴隷として送り込まれ、劣悪な環境の中で多数の知的障害者が働かされていたとするもので、仲介業者を通した人身売買がつい最近までおこなわれていた。

事件が発覚したことで大スキャンダルになろうとしていた矢先にセウォル号が沈没して、多くの高校生とかが犠牲になったわけ。韓国のマスコミはそっちに集中して「奴隷事件」なんて忘れられてしまった。

詳しくはWikipediaに記載されているが、記事の冒頭に『現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。』との文言が表示されており、何者かによる異議によっていつまで閲覧できるかはわからない。
人身売買事件だったが関係者の司法処分は「執行猶予」となって、セウォルを運行していた海運会社の会長も何だか腑に落ちない死に方(だか行方不明だか)で幕引きとなった。「ケムに巻く」見本のような出来事が続いた。

この実際に起きた卑劣な事件を題材にした『奴隷の島、消えた人々』というドキュメントに見せかけたフィクション映画が制作された。つまり事件は実際に起きたことだが、映画そのものはフィクション(作り話)である。韓国人はこの両者の違いに騙されやすい。そしてWikipediaによって削除が検討されているのは、フィクションである映画の方ではなく、朴大統領みずからが激しく非難したとされる実際の事件そのものなのである。フィクションの方の映画作品は世界各国で上映された(日本でも2017年1月に公開)が、歴史的事実である「事件」の方はウヤムヤにされようとしている。まるで「従軍慰安婦」や「軍艦島」と同じ扱いになっている。

イギリスのテレビ「チャンネル4」がこの事件を扱った。

実は事件発生直後に韓国国内のメディアはこれを大きく取り上げることをしなかった。ところが映画化されたことで外国のメディアがこの事件を取材し番組化したことによって、韓国国外に居住する韓国人の目に止まったというわけだ。

映画『奴隷の島、消えた人々』はサスペンス調に脚色されたフィクションだが、外国のテレビクルーは実際の事件を追ったもので、こっちはノン・フィクションだということになる。

ここから見えて来るものとは、『韓国が制作する「フィクション映画」に歴史的事実を求めるよりも、自分の目と耳で取材せよ』ということになって来る。その先に見えて来るものが現代韓国の真の姿なのであって、ベトナム戦争当時に韓国軍の兵士が強姦・虐殺をやった事実が明らかになって来ると共に、慰安婦強制連行を扱った映画『鬼郷』であるとか強制徴用を扱った『軍艦島』などがいかに恣意的に作られたものだったかを指し示している。

実はソウルオリンピックが開催された1988年以降、韓国国内では凶悪事件が相次ぎ、未解決のまま時効として「お宮入り」したものが少なくなかった。言い方を変えれば真犯人はこの世のどこかで生きている可能性が高いのであって、日本で言えば「八王子スーパー殺人事件」や「世田谷一家殺害事件」、古いところだと「グリコ森永事件」に通じる。

韓国の未解決事件で有名なものは『華城連続殺人事件』と『イ・ヒョンホ君誘拐事件』と『カエル少年失踪事件』がある。いづれも韓国国民の興味を強く集めた事件だけあって、映画化されて観客動員を稼いだ。

私は個人的にはソウルオリンピック後に起きた未解決事件なだけに、北朝鮮の工作員が関わっているのではないかと疑っているが、証拠がないのでこれ以上のことは言わないでおこう。

「証拠がない」と言えば慰安婦問題であり徴用工の連行であり、そして南京虐殺だ。「証拠がなければ作れば良い」と発言した者がいたらしいが、まさに朝鮮族の性格を表しているではないか。

そして、映画化されることによって「それが歴史的な事実」だと思い込む未開の民がすぐお隣に住み暮らしているという不幸。

もう二度と関わらない方が日本の幸せだろう。

李明博元大統領(通称ネズミ男)が現役時代にやったKCIAへの隠れ工作がどうだこうだと言われ始めているが、文が政権を取ったら報復に出るだろうことはとっくの昔に予想がついていたこと。

関わらない、関わらない。知らん顔、知らん顔。




小池百合子の残る一手

尖閣諸島を東京都に買い上げると言った14億円が塩漬けにされている。

そもそも日本が国有化しようとしたのはくだらない野田政権の時のことで、あそこから中国の侵出が始まったのであって、野田は中国の利益に叶った行動に走った可能性が高いわけ。それに岡田とか細野とか前原が絡んでた。

だから東京都知事になった小池のもとに民進のネズミたちが集まって来るというところにまっすぐに目を向ければ、そんな仕組みは簡単にわかる話であって、蓮舫のバックにいた野田は何と言ったか。「女系宮家」がどうのこうのと言っていた。まさに中国の利益を代弁していた訳であって、尖閣の国有化もそこから来ていたこと。

つまり小池百合子に残されたファイナル・チャンスは、14億円を使って尖閣を東京都に取り戻すしかないんじゃね? どじょうから。
そうすりゃ拍手喝さいが戻って来らぁ。

細野がどうするの、前原がこうするの、原口はどこへ行くのって話は全部、野田の意向を見てればわかるじゃん。岡田イオンは朝鮮の利益になるように動いてるわけだし。

だんだんバレて行くのよねー、こーやって。でもあのおばさん、たぶん気付かないだろうね。高等外交なんだもん。




スワップ延長決定

韓国の中央銀行と中国人民銀行が協議を続けていた「中韓通貨スワップ協定」の延期について、3年間の延長という形で13日に決着した。

これによって中国の韓国へ対する影響力が増加するとともに、高高度ミサイルの配備問題で韓国とアメリカの距離が近づいていたことへ対する中国の妨害工作がより容易になって来ることになる。

目先の危機を脱したとして安堵の声が流れている韓国経済だが、あくまでも人民元とウォンとの交換協定であって、基軸通貨は入って来ない。

逆に中国の経済政策に対してアメリカが好ましく思わなかった場合はFRBの緊縮政策を早める恐れがあり、どっちに転んでも韓国の経済回復は遠のいてしまう結果になる。必要なのはドルを中心とする外貨準備であって、人民元が入るからと浮かれていてはどうしようもない。

目先のことで一喜一憂するのは韓国の常だが、ドルの金利から目が離せない。

「中韓通貨スワップ協定」が3年間延長されることになったということは、東アジアの安定が今後3年間は不安定のままになったという意味を指している。

それは文在寅政権の目指す方向でもあるだろうし、「核保有国の南北統一国家の誕生」という、日本にとっての最悪のシナリオにつながって行く。プーチンのニタリ顔が目に浮かぶようだ。

釜山などの巨大造船所が労働者のストに遭って四苦八苦しているが、北から労働力を注ぎ込めば良いのであって、それは自動車産業や電子部品の工場にも同じことが言えて来る。

西ドイツがかつて、東ドイツの労働賃金格差に苦しんだこととそっくり同じことが半島で起こって来る。そのとき北の賃金に合わせられなくなった南の人々は、必ず労働者不足の日本へ流れ込んで来るだろう。

中韓スワップの結果は、直接日本の労働市場に影響して来るのである。あなたは大丈夫だろうか。



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR