襟を立てるか正すのか

もう何年前だったかな。NHKの女子アナが、やたらスーツの襟を立てていた時期があった。膳場とかクロ現の国谷とかがよくやってたし、その影響で地方局の女子アナまでが真似し出した。

いわゆる「キャリア」を示そうとしてたのかも知れない。

しかしジャーナリストではない、ただのアナウンサーがそんな恰好をすることの滑稽さが次第に自覚できたのか、少なくともNHKの女子アナはそんなスタイルをしなくなった。

それとも時代が変化したのだろうか。

だとすれば、蓮舫や小池百合子は『時代遅れ』もはなはだしいということになる。(あくまでもファッションセンスの話だが)

スーツの襟を立てるというスタイルは「トラッドに反逆する」という意味があって、それはズボンを腰で履いたり、革靴のかかとを踏みつぶしたり、あるいは野球帽のつばをまっすぐにしたりする子供じみた自己表現のように見えて来る。

「ヨーヨー」と言うSEALDsのラップを思い出すのだが、蓮舫の『襟立て』とSEALDsはどこか共通しているからわかりやすい。

いわゆる『主流』になれない者たちのむなしい抵抗なのだが、なぜNHKの女子アナまでが一時期染まったのかはわからない。

『主流』になれないと言えば石田純一がそうだったが、裸足で靴を履いて都知事に立候補しようとしたのだろうか。

少なくともこの国は極端な高齢化社会に突入しつつあって、彼ら団塊の世代の価値観はどうであれ「襟立て」や「腰パン」を許容するとは思えない。




恰好で人を判断するのは良くないのかも知れない。しかし、その人の「自己表現」は「価値観の表現」でもあるのであって、香水の匂いをプンプンに漂わせた病院の看護師などに出会うと頭を抱えてしまう。

だから私は、蓮舫にも小池にも、近寄りたくない。

政治家としての『表現』は、政策で見せてもらいたいものだ。




ちなみに蓮舫に「白い服が似合う」と進言したのは田原総一朗だとか。政治と何の関係があるんだろう。

そう言えば国会に「紅の豚」が居たこともあったな・・・

『女性参画社会』ってそういうことなんだろうか。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR