愚民化作戦

私は別に個別攻撃をするつもりはない。ただ気になることがあるだけだ。

最近とみに日本の娯楽が低俗化して来ている。AKBだとかディズニーランドとかポケモンGOだとか。

私から言わせれば、特定の誰かのたくらみに思えて仕方がない。

ここまで言うと鼻で笑う人もいるだろう、考え過ぎだよと。



ある知人のお嬢さんがこの春に小学校を卒業した。その卒業式にどんな服を着せてやろうかと街を見回したところがAKBの衣装に見えるものばかりだったと言う。

「アイ・ウォンチュー!」

それを聞いた私はネットを探した。極めて簡単にそれは見つかった。ピアノ教室の発表会に行くような正統派のワンピースである、黒地に白襟が付いた「良い所のお嬢さん」といった感じの。

それを教えたら「これこれ、こんなのを探してた」と言ってお嬢さんに着せて上げたらしい。

すると自分の娘をAKBにさせた母親たちが「どこに行ったら買えるの?」と言って驚愕したそうな。写真を見た人も「きちんとしてる!」と大好評だったらしい。

そのことを事後報告で知った私はなかば確信した。誰かの意思によってこの国を堕落させようとするたくらみが進行していると。

その後で飛び込んで来たのが「ポケモンGO」だ。日本人への愚民化作戦は着実に進んでいる。




なぜそう思うのか、戦後のGHQによるWGIPを知っているからだ。あれで日本人は徹底的に骨抜きにされて、その残滓が現在のジャーナリズムを構成している。

ところが安倍政権になってネット社会も発展して来ると、現在の日本社会の不都合な点が徐々に明らかにされつつあって、一部の反日団体にとったら非常に具合がわるいことになって来た。

新聞社やテレビ局や広告代理店などが「これではマズい」と思うようになった。

日本国民への催眠術が解け始めている。

そのきっかけは韓流文化の押し付けが過ぎたためだ。フジテレビは総すかんを食らった。すでにあの局からスポンサーがどんどん離れているとされ、出演を辞退する芸能事務所も出ていると言われている。

と同時に朝日新聞の捏造記事も明らかになって産経新聞の記者が韓国に足止めされる事態になって、日本人は徐々に「何か変だぞ」と思い始めた。目を覚まし始めたわけだ。

「ああ、このまま起きてもらってはこれまでの苦労が水の泡だ」と焦った連中が何をやったかと言うと、メイド喫茶でありAKBでありそしてポケモンだ。日本人にはまだまだ寝言を言いながら眠っていてほしいわけだ。

NHKの朝ドラで『あまちゃん』という作品が好評だったが、前半の田舎のシーンは好感が持てたものの、後半の「おら、アイドルになりてぇ」と言い出してから先は変になってしまった。

あれの脚本を書いたの誰だっけ。

なんかこう、日本の文化にずかずかと土足で踏み込んで来るやからがいるような気がしてならない。




穏やかだった愚民化という流れは、ここへ来て急流になろうとしている。抗う人々はどんどん増える一方で、流れに身を任せる人々はスマホゲームを手放さない。

右だ左だと言いたい連中の魂胆はわかっている。本当は右でも左でもなく、日本人にずっとノロマでいてほしいだけなのだ。

その方が都合の良い連中の作戦なのだ。







スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR