動き出す自民党の魑魅魍魎

小池百合子さんが都知事の椅子を手に入れた。それ自体はあまり驚くようなことではなかったし、消去法というほど消極的なものでもなかったと思う。

外国人参政権のことにしろ、外国人労働者のことにしろ、彼女の主張そのものに違和感もなかった。

都議会のドンに触れた点もあれはあれで良かったかも知れない。自民党東京都連というものは、地方で言えば「自民党県連」のようなものであって、この選挙区から国政に立候補しようとすれば公認という莫大な権力を県連・都連が握っているのであり、その都連のトップが石原家のバカ息子だ。

都議会の解散を口にした小池に対して、このバカ息子は自民党としての推薦を断り、応援する者は家族・親族であっても除名すると、どこかのヒステリー奥さんのようにわめきたてた。

このことが逆に小池支持を増やす格好になって「敵に塩を贈る」かたちになった。

株を下げてしまったのはバカ息子自身であり、小池は厚化粧だと息子をかばったオヤジもドブに落ちてしまった。

確かに小池の経歴は褒められたものではない。喧嘩さながらに相手の弱みを確実に突いて来るしたたかさもありはする。石原親子がむきになるのも仕方がないかも知れない。

しかし、だからと言って増田はなかろう。

箱もの行政しか能がない人物を、五輪を控えた東京に持って来てどーすんの。しかもあいつは韓国大好き男だよ。

鳥越が落ちることは確定事項だったけれど、自民党都連が増田を推したことによって、都民ではなく国民が「自民党だいじょうぶか?」と不安に貶められた。

そういうことを石原親子はやらかしたという自覚が必要だろう。

しかも谷垣幹事長が私的な遊びで怪我をして一線を退いた。その後任に二階だって、噴き出すことも忘れて唖然となってしまった。奴は日韓議員連盟のボスだよ。通貨スワップの再開でも何でもやらかすだろう。

そういう人事を自民党はやり始めている。

国民だってバカじゃないから、おかしな方向へ向かい始めている自民党を監視している。

ただし、党と官邸は別の動きをしている。

大阪の選挙の際もそうだったように、自民党府連はおおさか維新と敵対したのに安倍は橋下と歓談した。

同じことが今回の都知事選でも起きた。自民党都連が増田を推すのに安倍は小池を応援した。

どんな力学的要素が働いているのだろう。

東京都知事選だし、東京五輪を控えているし、リオの閉会式には小池が行くし。はて、森が裏で何か仕組んでいるのだろうか。それこそ自民党東京都連とグルになっているはずだ。

週刊朝日を訴えた橋下に対してジャーナリストの鳥越が批判したが、あの時のことを理由にして週刊文春を訴えた鳥越に「ケツの穴が小さくねぇか?」と橋下がツイートした。

しかし「ケツの穴が小さい」人物は、もっと他にいそうな気配だ。(バカ親子とか、2Fとか、蜃気楼とか・・・)

ボロを出す人物が次々と表れそうな気がする。



ま、どっちにせよ「韓国人学校」はこれできれいさっぱり無くなった。少しは桜井誠も顔が立つというものだ。

めでたし、めでたし。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR