日本語の書き方の不思議

昔から考えていたことがある。
日本語は本来、上から下へと縦に書いて、しかも右の行から左の行へと移動する。
それは現代でも日本人が年賀状とかを書く場合において同じ書き方をしているわけだ。原稿用紙の書き方もそうなっている。
このことには何の不自然さもない。

ところが、特に戦後の現代日本社会では横書きが主流になっていて、その場合左上から書き始めて右へ横移動して、改行ごとに左下へ移動する、要するに英語のタイプライターと同じ動きをするわけだ。

つまり現代の日本においては、右上から下へ書き出すハガキ文字にしろ、あるいは左上から横移動するタイプライター文字にしろ、何の違和感もなく受け入れられている。

ところが戦中・戦前の日本語はちょっと違っていた。
新聞の見出しにしても商店の看板にしても、あるいは自動車に横書きされた社名にしても神社仏閣の文字にしても、すべからく右から左へとする横文字になっているのだ。現代とは逆だ。
だから「カステイラ」といった看板も「ライテスカ」と読まれる混乱が起こる。
これはいったいどういうことなのだろう。

明治維新の頃に、福沢諭吉とかの先達が「経済」とか「科学」とか「社会」とかいった新しい日本語を作ってくれたはずなんだが、それはわかるとして昭和の戦中と戦後で何か変わったことがあったのだろうか。
まさか英語のタイプライターが入って来たから、日本語の書き方までが変わったとは考えにくい。
現に日本の雑誌は右綴じであって、新聞にせよ週刊誌にせよほとんどは右開きになっている。折り目の中心は表紙の右であって、ページをめくろうとしたら左から右へめくらなければならない。だから右開きなわけだ。
漫画のコマ送りは、右上から横に流れて下へ行き、次のページは左へ続く。
これは雑誌が右綴じでなければ可能にならないことであって、それを英語やフランス語に翻訳して印刷した場合でもこのコマ送りは変えられまい。
ナルトやワンピースが裏返しになるはずがない。スーパーマンやバットマンなどといったコミックで育った欧米人は、日本のコミック雑誌を手にしたとき、反対のコマ送りになっている点に戸惑ったりしないのだろうか。
つまり右上から始まるという文化は日本独自のものだからだ。

ところで、日本がなぜ右上から下や左へ文字を書くようになったのだろうと考えてみた。
右上から下へ文字を書く文化は、おそらく支那から来ている。支那というのは中華民国(中華人民共和国の前の政府)以前の国家のことを指す。
だから古い掛け軸などの漢詩も右上から下へ文字が書かれている。
ただし寺の門などに書かれた文字は横書きになっいて、それは右から左へと書かれている。

私はある日はっとなった。アラビヤ文字の書き方と同じだということを。
アラビヤ文字は右から左への横書きだ。
不思議な書き方をするものだと子供心に思っていたが、日本の古い写真などには商店の看板がやはり右から左へと書いてあった。「池上商事株式会社」ではなく「社会式株事商上池」となるのである。

ではどうして右上から下へ書くようになったのだろう。
これは日本だけではなく支那の漢詩などもそうなっている。
ところが、古代ヘブライ語がそうだったということを知った。

一般的なアラビヤ文字は右から左への横書きで出来ているが、古代のヘブライ語は右上から下へ書いたらしい。
つまり我々日本人が毎年年末に書いている年賀状の書き方と同じことになる。
このような書き方が現在まで残っているのは日本だけだった。
日本の新聞はいまだに右から下へ下るハガキ文字を書いているが、現在の中国や韓国でもすでに英文タイプライターと同様の文字配列に統一している。

一方で日本の英語教科書や科学の教科書、もっと言えばノンノやアンアンなどのファッション雑誌になると、欧米と同じように左綴じの左開きになっている。
日本語辞典や漢和辞典は右綴じであっても、英語辞書は左綴じになっている。
我々日本人は何も不思議に思うことなく、これらの異文化をすんなりと受け入れて来ている。
漢字は表意文字だしハングルは表音文字だと言われるが、日本人は漢字とカナ(ひらがなとカタカナ)を使い分けていて、その上でアルファベットやアラビヤ数字などをごく自然に使いこなしている。
これは世界でも特殊な民族なのではないかと思うのである。

そのルーツが古代ユダヤがもたらしたものだったとすれば、それはミステリアスなことではなく、むしろロマンチックなことではないだろうか。

もし子供さんから、「どうして?」と聞かれたならば、「それは日本人が優れているからだよ」と答えてあげてほしい。
今日は京都の祇園さんの後祭山鉾巡行の日だ。橋弁慶山を先頭に10基の山鉾が巡行すると聞く。


ご機嫌よう。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR