夏の留守番

日頃自宅にいる私に、女房どのが甘酒と梅昆布茶を買って来てくれた。

甘酒の方は「飲む点滴」とも言われていて、砂糖不使用の米どころ新潟のもの。

仕込みのもち米のつぶつぶ感がなつかしい、世界に誇れる日本の発酵飲料だ。

韓国のお酒マッコリが、ほとんど外国産米を使ってたとかで、偽装表示の問題になってるんだとさ。まぁどーでも良い話じゃあるけど。

梅昆布茶の方は熱中症対策でテレビで言ってたらしい。

運動時にはスポーツドリンクが良いんだけど、下痢や嘔吐などで脱水状態になった体にはスポーツドリンクでは糖分が多すぎるらしい。

失われたミネラルや塩分などを効率よく補うには経口補水液ってのが出ているらしいけど、その両者の中間に位置するのが梅昆布茶なんだってさ。

それを常温で500cc作りだめしてペットボトルで冷蔵庫に冷やし、1日で飲みきる。

ポカリスエットの低カロリーバージョンのイオンウォーターってのが出ているけれど、梅昆布茶の方が何となく親しみがある。



私の夏の定番はステテコにうちわと決めている。(急に回覧板とか来たら、ちょっと慌てるが)

エアコンは室温が35℃を回るまではかけない。昔は30℃を超える日は少なかったから、夏が暑くなっていることは事実のようだ。

飼い犬を散歩させるにも、昼間の時間はアスファルトが焼けているから過酷になるんだとさ。

しかも自動車がアイドリングして冷房してる。排気管の高さと犬の鼻の高さがほぼ同じなんだってさ。

足は熱くて吸う空気は臭い。散歩は朝にかぎる。

ってか、土の散歩道がないような環境で犬を飼うのは無理だってことかも知れない。

しかし今年の夏は西日本と東日本で両極端になっている。どうしたんだろう。



近所のミケが来ないかな。甘酒は飲むだろうか。んなわきゃねぇか。昆布茶はどうだろう。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR