人殺しの訓練

NHKの番組で、防衛予算のことを「人を殺すための予算」と発言したのは共産党だった。あれで議席を増やすのだから大したものだ。(3→6)

この発言は日本共産党の藤野保史政策委員長だったが、共闘を組んでいた民進党も手ひどいショックを受けて藤野なにがしは事実上の更迭処分とあいなった。

まぁ処分がおこなわれたということは「あの発言内容に正当性はありましぇん」ということなんだが、実はこの処分、日本共産党の本心ではなくあくまでも民進党への「ご機嫌うかがい」でしかなかった。

その理由とは。

本日付けの産経WEST電子版を引用してみよう。

(引用ここから)

奈良県が誘致を進める陸上自衛隊駐屯地をめぐり、共産党奈良県会議員団などでつくる団体が昨年10月、駐屯地誘致に反対する講演会の案内のチラシに「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練」などと記していたことが19日、分かった。
(中略)
チラシの表題は「奈良県に陸上自衛隊駐屯地はいらない!」で、講演会の開催日時と場所のほか、駐屯地誘致に対する反対運動について掲載。困ったような表情をした女の子と犬のイラストを添え、「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練。奈良の若者が駐屯地誘致で自衛隊にねらわれている」という吹き出しが、「不安がいっぱい…」との言葉とともに記されている。

(引用ここまで)

記事を読むと、奈良県って全国で唯一、陸上自衛隊の駐屯地がない県なんだってさ。でもって県では大規模災害に備えてヘリポート付きの陸自駐屯地を誘致しようと国に要望してるらしい。

ちょっと待ってくれ、スコップを持つ自衛隊は来てほしいんだけど、鉄砲を持つ自衛隊は来るなってことか? そんな理屈が通るはずないじゃん。

佐世保の話は以前にやったけど、市民団体の一部の連中は鉄砲とか迷彩服とかにやたらと敏感に反応する。そして自衛隊のことを「人殺し」呼ばわりして平気な顔をする。

そうですよ、自衛隊は殺人の訓練を重ねてます。そのこと自体は何も間違いではない。

しかしその目的は国民の生命財産を守るため。そこを理解しなければ一歩も先へは進まない。

先日は山口県長門市仙崎港に北朝鮮からやって来たと言っている男が現れた。レーダーに捕捉しにくい木造船で海を渡って来られる場合、意外と簡単に上陸を許してしまうんだよね。

いくつか海岸線のない県があって奈良県もそのひとつなんだけど、だからと言って緊張がなさすぎる。

大規模災害を予想して陸自のヘリポートが欲しい? なにを寝言を言っている。阪神・淡路の大震災の折に海自の輸送艦で陸自の災害派遣隊を運ぼうとしたら「戦争の船は来るな」と言って神戸港への入港を拒否したじゃないか。選挙演説で青山さんがそう言っていた。

あえて左翼とは呼ばないが、革新系の団体は発想の出発点が狂っている。同胞が死んでも兵器は要らないって理論は成り立たない。

考えてみよう。

ボクシングって相手を殴るスポーツだよね。フェンシングは相手を突き、柔道は相手を投げる、相撲は相手を突き出し、剣道は相手を斬り捨てる訓練。いわんやアーチェリーとか弓道とか射撃とかになるとそれこそ直接的じゃないか。佐世保の市民団体はアーチェリーも反対しなよ。

こうした格闘技は何のためにあるかと言うと、自分や周囲を守るためのもの。そこから始まった競技。

それらの延長線上に自衛隊があるとは考えられないかなぁ。

「陸上自衛隊は『人殺し』の訓練」だと言うのであれば剣道っていったい何? 弓道っていったい何なの? どうも成立しない論理から出発しているようにしか見えないんだけど。

国際平和都市を標榜している長崎にも、イージス艦を建造する三菱重工長崎造船所があって、同じく三菱重工の諫早工場では潜水艦などに搭載される各種の魚雷が造られている。

兵器・兵力の裏打ちがあってはじめて「平和」が維持できている。

戦艦武蔵を建造した造船所があったからこそ長崎は原爆投下の目標地のひとつに選ばれた。だけど戦後の長崎から「三菱は出て行け」という声は上がらなかった。

軍備があればこその平和なんだけどなぁ。

フランスで起きた大規模テロが日本で発生した場合どーする? 5発入りの拳銃で警官が対応する? んなばかな。

特殊急襲部隊のSATチームにしても、すべての県警にあるわけじゃないよ。東京・大阪・北海道・千葉・神奈川・愛知・福岡・沖縄、これだけさ。日本海側にあるのは福岡だけだ。隠岐の島の住民は誰が守る? 福井の原発銀座は誰が守る?

すぐにでも法改正をすべきなんだけど、おそらくわからんだろうなぁ。








スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR