でき過ぎの猿芝居

数匹の子猫を並べて、猫じゃらしでも振って、一斉に右を向いたり左を見たり。

よくある「おもしろ動画」なんだけど、我々庶民はこの子猫あつかいされている。

舛添が記者会見を開いたかと思うと、どこの局も全部舛添に注目し、次の都知事候補は誰だ。

言っちゃなんだが一地方自治体のことを全国放送でしかもどの局も足並みをそろえて視聴者の選択肢を制限してる。

これまで以上に外国から来ている人は多い。アメリカの話題も台湾の話題も知りたいはず。どうして全国民が東京都知事候補だけに注目しなければならないのか。

これが「報道の自由」とか言うヤツなんだろうか。

まあそれでもウソじゃないんだろうから、ぎりぎり許せる範囲ではある。

ところが昨日から急にどの局も同じ話題で大騒ぎしてる。それは新聞もそうで、産経までが「天皇陛下の生前退位」を取り上げている。

もうNHKまでが。

ってことは、周知の事実のように騒がれてるんだけど、宮内庁の山本次長は(陛下が生前退位の意向を伝えられたことは)「そのような事実はいっさいない」として「推測や憶測が飛び交っている」と指摘した。

政府首脳もノーコメントを貫いている。

まあ宮内庁は戦後の皇室の在り方に微妙になっているから嘘だか本当だかはわからないし、政府にしても同様ではある。

だとするならば、なぜにここまでメディアが一斉に大騒ぎするのか。ことの真偽がわからないことを。

なんか胡散臭いんだよね。

参議院選挙で3分の2を与党が取ったでしょ。

元復興大臣だった平野議員が自民党に入党届を提出したのが13日、これで自民党の議席数は単独過半数に達した。

その当日ですよ、天皇陛下の話題を報道各局が一斉に報じ出したのは。

どこか変だと思うのは、私が天邪鬼(あまのじゃく)だからかな。

政権与党が3分の2を確保したということは、誰が考えても憲法改正なんだけど、そのためには国民投票というハードルを越えないといけない。

(青山さんが言っている『拉致被害者救出』は現憲法下で十分に可能であることははっきりしている)

その憲法改正のための時間差に間に合わせるかたちで天皇陛下の生前退位を実現させれば、次の皇后は・・・。

ほらうっすらと見えて来るものがない?

新聞テレビが裏も取れてない話を、さも事実であるかのように必死になって報じ、特集まで組み出すと既成事実が定着してしまう。天皇陛下のご意向がいずれであれ。

まるで南シナ海で埋め立てをやってる中国のやりかたと同じだ。実効支配というやつだ。どうしてこうも似ているのだろう。

でき過ぎていてバレバレのように見えるのは、私だけなのだろうか。

日本メディアをコントロールできる組織が、裏で糸をあやつってるような気がしてならない。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR