祝・当選

青山さんが自民党比例区の2位で当選しました。皆さんおめでとう。

得票数は48万あまりでした。

http://www.sankei.com/politics/election2016/candidate/hirei-00.html#e16h1

3位の片山さつき候補が39万2000ほどだったので、どれだけ有権者から青山さんが期待されていたかがわかる。

自民党の公認を受けながら、資金をはじめ人的応援のいっさいを断り、選挙活動中に週刊誌の妨害までうけながらのこの数字。いかに既存のメディアに依らないネット情報の強みが高まっているかという証のような結果です。

右端の産経と左端の朝日がそれぞれ取り上げているものの、何かマスコミ各社はあえて無視しているように思えて仕方がない。

よほど「目の上のタンコブ」なのだろう。痛いことズバズバ言うからね青山さん。煙たがられているんだと思うよ。

当選してダルマに目を入れる候補者のことを批判してたけど、ありゃ確かにそうで、これまでずっとテレビでお馴染みの光景になってたから別に不思議にも思わなかったけど、言われてみればそりゃそうだ。政治家がダルマに目を入れるのは政策目標を達成した時であるべきだってな、言われりゃその通り。名前の連呼だけで走り回って、当選したら「バンザイ三唱」。低次元過ぎる。

だから政治家仲間からも煙たがられるだろうし、討論番組などにパネラーとして顔を出している有識者なども広告代理店などの毒まんじゅうで飼いならされているとバラしてしまったからだんだんお呼びがかからなくなっている。

そして文芸春秋を告訴しちゃったから、これからも「あることないこと」書かれる恐れはある。

いわゆる四方八方が敵だらけ。

それでもなぜ彼は立ったのかというと、彼の背中を押した奥さんの言葉。「拉致被害者の家族の人たちが、いなくなっちゃうよ」。

ネットではこんな声があがっている。「6年間も貴重な人物を政界に拘束させて良いのだろうか」。

しかし家族会のことを思うと、もう時間がないんだよね。





石田なにがしがゆるめたネクタイで都知事選への出馬意向を会見していたが、あんな不真面目なシーンを見せられるとがっかりしてしまう。くつしたは履いていたのだろうか。

議会を解散すると言ってる垂れ目のおばさんと、親韓派のおじさんと・・・もうメチャクチャじゃん。何回選挙やれば気が済むんだ。

野党が統一候補を立てると言ってしまった後で参院選挙の結果が出て、民進も共産も身動きが取れなくなっちゃった。宇都宮さんは民進がいやだと言い、古賀さんは共産が嫌だと言ってるんだから泥沼状態になっている。

どうでも良くなった、勝手にやってろ。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR