青山繁晴 落選説

次々と青山さんの街頭演説がアップされるので、毎日の日課のように消化している。

自民党の公認を受けたにも関わらずだれの応援も受けず、首相からの直接の出馬要請だったにもかかわらず安倍さんの応援も断った。

週刊文春のことはイレギュラーだったとしても、比例全国区という立場からすれば相当にハードルが高いと言われている。

つまり落選の可能性が高いということだ。




ちょっと待て、誰がそんなことを言っているのだろうか。

確かに青山さんは福岡のラジオと、大阪のテレビと、東京キー局のテレビにしか出ていなかったけれど、ネット社会では立派な「全国区」だ。

だから街頭演説をどこでやろうと、たくさんの聴衆が駆けつけている。どこかの候補者とは「月とすっぽん」だ。

しかし、ここに来て落選の可能性が高いとはどういうことなのか。

私なりに考えれば、自民党の公認候補であり総裁からの依頼を受けた候補者が、応援演説も資金協力もすべて断った青山さんのような候補者が当選してしまうと「マズい」と受け取る自民党関係者がいるのではないかということ。

つまり党のコントロール下に置けない議員が出て来ることを組織が嫌っているのではないかということ。

選挙資金を配るやり方は、田中角栄から始まって金丸や小沢に受け継がれた。

その小沢の流れを汲むのが小池百合子だ。

「選挙のやり方」とかいうセオリーがあるらしく、小池がバラエティ番組の放送時刻に合わせて会見をやったり、自民党都連を敵に見立てたり、要するに「小沢流」を踏襲しているだけだ。

自民は自民で党が候補者を縛る方法として選挙協力を重ねて来た。

ところが青山さんはそれを突っぱねた。「政治とはそんなものではいけないんですよ」と。

これまでの自民党政権が長期にわたった結果、様々な利権が生まれた。

だからそこを指摘して民進党などの野党が論戦を挑むのであれば天晴れなのだが、どうもそのような能力は見受けられない。

なぜいま青山さんが落選するといったうわさが流れるかと言うと、自民党自身が彼に当選されては困る人物がいるということなのかも知れない。

では誰がいったい青山さんの味方なのだろう。それがわれわれ有権者なのかも知れない。

こんな候補者見たことない。



もし万が一青山さんが落選するようなことにでもなれば、それこそ拍手をもって迎えたい。「やっと帰って来ましたね」と言って。







スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR