アナザースカイという番組にサッカーの長友選手が出ていた。イタリアのセリエAで活躍している選手だ。

その番組で「夢を夢で終わらせなかった」とナレーターは言ったが、長友自身は「夢を追い続けたい」と言った。

どっちが本当なんだろう。

夢は実現させなければ無意味なんだろうか。

この番組のディレクターはそんな風に言っているように聞こえたが、一人ひとりが結果を出すことだけが価値であるかのような風潮がある。

かつてこのブログで私は『未完成』という記事を書いたが、「夢の途中」であって何が悪いのだろうか。

青山繁晴氏が立候補している。まだ投票日には至っていない。

たくさんの若者もまた、結果はこれからだ。

夢で終われば意味がないのだろうか。

私はそうは思わない。




夢は見るだけで価値がある。

そういう社会であってほしい。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR