朝鮮流「裏返し」

韓国が必死になって米国で展開している(いわゆる)従軍慰安婦問題。

あれは朝鮮戦争時の米軍慰安婦問題であり、ベトナム戦争時の韓国軍海兵隊による強姦ならびに虐殺事件であることは明白なわけ。証言者も多数いる話だ。

輪姦したあと井戸の中に放り込んで手榴弾を投げ込んだとか、信じられないような行為をハンギョレ21が掲載したじゃないか。

つまり自分でやったことを、そのまま被害者の立場に入れ替えた「裏返し」だということ。

そりゃ日本軍も悪いことをしたさ、インドネシアでオランダ人女性を連行して暴行してる。でもその犯人は軍法会議にかけられて現地で処刑されてる。日本軍の手によって。

絶対に日本軍は悪くないとは言わない。

でも「日本人狩り」をやったのは朝鮮族でありソ連軍だった。

避難する満蒙開拓団の赤ん坊を保護して育ててくれたのは中国東北部の満州族だった。山崎豊子の「大地の子」に詳しく書いてある。

暴行や虐殺があった話はヨーコ・カワシマ・ワトキンスの「竹林はるか遠く」に詳しく書かれているんだけど、なぜだか朝鮮人は被害者という話に「裏返し」ている。

サッカーの試合の客席にこのような横断幕が掲げられた。「歴史を忘れた民族に未来はない」。

しかし「忘れる」どころか朝鮮人は、もともと歴史を知らされていない。勝手に民間の歴史研究家が好き放題に捏造した「作り話」を学校の教科書に載せてしまっている。

6月20日付けの朝鮮日報日本語版で、カン・ギュヒョンという大学教授(現代学)が寄稿しているが、「韓国の歴史研究者たちは極度に閉鎖的な思考や認識にとらわれ、歴史的事実を受け入れないだけでなく、逆にかつての古い歴史観にとらわれている。これらは韓国史をはじめとする歴史教科書が持つさまざまな問題の一つの側面にすぎない。 これでは果たして歴史学界による現代史の見方と、民間の歴史家による古代史とどちらの方がエセ歴史学だろうか。「歴史学界の方がまだまし」とは決して言えないのではないか。 今後政治家たちが教科書問題について何か言いたくなれば、まずはこれらの問題を明確に認識し行動するのが基本的な道理であり順序ではないだろうか。」

驚いたことに韓国の大学で現代学を教えている教授がこのような記事を書き、それをあろうことか朝鮮日報が掲載した。

ただし騙されてはいけないのは、これが韓国国内向けの記事ではなく日本語版だという点だ。「韓国人の意識は変わりつつあるんですよ」と日本人へイメージ付けしたい狙いが透けて見えて来る。

自国の歴史観が間違っていると指摘するのであれば、日本人に読ませる前に自国民(同胞)に読ませるのが先だ。

日本語版でだけ掲載するのであれば、「未来はない」のはむしろ韓国の方だろう。




そして、この「裏返し」とそっくり同じことをやらかした人物がいた。辞任した東京都知事だ。

政治家はファーストクラスに乗るな、公用車は使うな、飲食は自費で支払えと著書で書いて来たが、ぜんぶ真逆のことをやってしまった。

自分がするのだから他者もやるだろうという読みだ。あと先が逆になっただけ。

どこか行動パターンが朝鮮族と共通してるんだよね。別にやつが朝鮮人だとは言わないよ。そんなの調べる価値もない。

ただ「自分がやるんだから他者もやるに決まってる」という理念を持っている政治家ならびに候補者って少なくないような気がする。

いつの間にか「裏返し」が企らまれてしまってるような気もする。

もしこの寄稿文が韓国国内向けの記事にならなかったとすれば、もはや朝鮮日報もカン・ギュヒョン教授も、何の価値もないばかりか逆に有害だという証になるだろう。





2018年に予定されている平昌冬季五輪に続いて、2019年の光州世界水泳も黄色信号がともった。国際水泳連盟に提出した書類に「政府の財政支援を受ける」という部分が捏造だったとして政府からの支援が受けられなくなるという。

2020年の東京五輪招致の際に、安倍首相が「アンダー・コントロール」と発言した福島原発事故は、「メルトダウンの発表を隠蔽しててごめんなさい」と東電の社長が頭を下げた。

「凍土壁」が凍らないってんだから、滝川クリステルの「お・も・て・な・し」もどうなることやら。「ろ・く・で・な・し」にならなければ良いが、ねぇ森元総理。

いくら原油価格が下がっても、凍らない凍土壁に電気を使うのだから、電気料金はいつになっても下がらない。

どうにも「カネ儲け」に群がる集団は朝鮮人だけの専売特許じゃないらしい。







スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR