ヒロシマ訪問

以前簡単にご説明したように、我が国における原水爆問題を取り上げている団体は代表的なものが二つある。

ひとつは「原水爆禁止日本協議会」(略称:原水協)であり主体は日本共産党。

もう一つが「原水爆禁止日本国民会議」(略称:原水禁)であり主体は日本社会党(現・社民党)と労働組合総評議会(現・労働組合総連合会=総連)。

これは、もともと原水協で一致していたものが、1965年の「部分的核実験禁止条約」の賛否をめぐって分裂したもの。

原水協は反対、原水禁は賛成の立場をとった。

そして核保有国であるとともに核実験を繰り返していたソ連が原水禁を全面的に支持していた。(ソビエト連邦共和国という国家がアメリカ合衆国を相手に冷戦をやっていた時代の話だ)

原水協(共産党系)は反核運動を安保闘争に利用する一方で、原水禁(社民党系)は核拡散防止条約(NPT)に好意的ではあるものの日米安保の前提が崩れた場合の核廃絶のために「脱原発」路線を堅持している。

わかりやすく言うとこうなる。共産党系は核兵器問題を日米安全保障条約にリンクさせたがっており、一方の社会党系は核兵器問題と原子力発電問題をリンクさせようとして来たわけだ。

「原水協」と「原水禁」、たった1字違いのそれぞれの団体がまどろっこしい程に似ているにも関わらず、それぞれの目指す方向はロングスパンで見れば見るほどまったく違った方向へ進もうとしているわけだ。

そしてここがいちばん重要なのだが、原水協にせよ原水禁にせよ、かれらがやっていることは「核問題をプラカードに掲げた、ただの政治運動」であるという点。ここを見失ってはいけない。

「核廃絶」という名の山の頂上へ登るのに、南側のルートを取るのか北側のルートを取るのか、といった違いでしかないように思われるかも知れないが、どうして別々のルートに別れなければならないのかと考えてみると、そこに政治的な隔たりがあるからだ。

米中露という3か国がそれぞれ核保有国になっているが、その三角関係のどっち寄りに立った方が「寄らば大樹の陰」となれるのかといった政治的判断をしているだけ。

決してヒロシマ・ナガサキの原爆被害を前面に出しているわけではないということ。彼らはどちらもヒロシマ・ナガサキを利用しているだけだということ。このことをはっきり知悉しておく必要がある。

しかし、これらに対して規模こそ小さいが「日本原水爆被害者団体協議会」(略称:被団協)という団体がある。

これもまた日本共産党と原水禁の対立の影響を受けて1964年に分裂した団体で、基本的に同協議会(被団協)は被爆者自身が構成員になっている。

ここでいったん整理しておこう。「原水協」(共産党系)、「原水禁」(社会党系)、「被団協」(被爆者団体)、の3つを区別しよう。



先日、来日中のバラク・オバマ米国大統領と安倍内閣総理大臣かそろって記者会見を開いた。

主に沖縄での殺人死体遺棄事件が取り上げられたが、米国の記者がこのような質問を投げた。「オバマ大統領が広島に行くのであれば安倍総理がパールハーバーに行くべきなのではないか」。安倍総理ははっきりと「現段階ではそのような計画はない」。

米国内には日本軍の捕虜になった経験がある退役軍人が、オバマ大統領の広島訪問に随行したいと申し出ていたが米国政府から正式に断られ激しい口調で抗議していた。

中国は「日本を被害者と認めるようなものだ」として不快感を示している一方で、韓国は「こっちの被爆者も出席させろ」と言って来ている。

長崎の一部の被爆者も「大統領の謝罪を要求する」と息巻いているが、もうこれだけ書いて来ればいいかげん誰でもわかって来るだろう。

核兵器というものを、政治と絡めようと画策する者がいる。人類が地球上で有史以来延々と続けた「戦争」と核兵器問題をごちゃまぜにしようと企む輩もいる。

ウイグル族に放射能被害を与えておきながら、いわれのない抗議を日本に仕向けてくるあつかましい国がいる。

オバマ大統領の広島訪問とは、「政治」でも「戦争」でも「メンツ」でも「謝罪」でもあってはならない。

被団協の理事長である坪井氏は「『情ではなく理性をもって、未来志向で人類の幸せを願いましょう』と言いたい。広島に来てくれただけで大歓迎」と述べて、大統領の献花に同席する予定になっている。




日本の連合艦隊がハワイの真珠湾を攻撃した際は軍事施設だけが目標だった。

日中戦争当時、中華民国の首都南京が陥落し漢口へ移りさらに四川の重慶へ遷都した。日本軍は重慶に無差別爆撃をおこなったと東京裁判で糾弾されたが、敗走を繰り返す国民党軍が民間人を虐殺したという話が残っていて、それらの被害者数が重慶爆撃に置き換えられたとするのが一般的になっている。

一方で東京をはじめとする多くの都市部が米軍の爆撃機によって焼夷弾攻撃を受け、焼け野原にされた。当然何万人もの民間人犠牲者が発生している。だから死者数だけで優劣をつけるならば「20万人住んでいた南京で30万人が殺された」などといった本当に不思議な話も出て来てしまう。

『硫黄島からの手紙』という映画で主演した俳優も「原爆だけが戦争じゃない」と言い放ったが、そのような幼児のような理解ではなく「戦争と核兵器は区別して語ろう」と言っているだけだ。

私自身もナガサキにおける被爆者二世だから少しはわかるが「謝れ・謝るな」という話なのではない。核兵器の実相を知った上で、これからどんな未来を創るのか、というその一点だけが問題なのである。

ましてや原水協や原水禁などが安保関連法案と原発再稼働に絡めた政治利用しようとする見え見えの動きにはっきりと「No!」を言わなければならない。




核物質の恐怖は、事故や実験では世界のあちこちで起きているものの、何万人もの民間人が生活している都市部に兵器として攻撃したのは地球上にヒロシマとナガサキの2か所しかない。

そしてそれら攻撃の資料もまた、この2都市にしか残されていない。

花を手向けようがしまいがそんなことは問題ではなく、ましてや謝罪の必要もなく、誰と会う会わないの問題でもなく、どのようなコメントを残すかも重要なことではなく、ただ資料館の記憶を持ち帰ってくれたらそれで良いのである。

もっとも、ナガサキの原爆資料館にはキリスト教関連の被爆資料がたくさんあるので、アメリカ人にとったらヒロシマとはまた違った感想があるのかも知れない。

ただね、オバマさんの広島訪問に関して韓国人団体が「原爆投下に対する謝罪と賠償を」と叫んでいる。原水協のバックが共産党でしょ? 原水禁のバックが社民党や総連(民進党)でしょ? 「謝れ!」とのシュプレヒコールにキムチの匂いがするんだけど気のせいかな。



でもまぁ、どこの国家元首が来る前に、これら二つの資料館に足を運んだことがない日本国民がまだ少なくないんだよね。

修学旅行で遊園地やスキー場に行くような風潮は、きっと日教組が仕組んだことだと思うけど、そろそろ舵を切ろうや。

ねぇ皆さん。

もう一度念を押しておきますよ、私は被爆者二世です。謝ってもらうことより意味があるものがあるんです。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR