とりとめのない世間ばなし

以前こんなことを言っていた記憶がある。

1ドルが100円でしょ? 100円が1000ウォンだよね。いっそデノミで統一しちゃえば簡単なのに。

さてそうなると、今の1万円は100円になるわけだ。

「財布の中の1万円札って、あると安心するんだけど、両替とかで崩しちゃうとなくなるのって早いんだよな」

500円札もいつだったか消え去りコインになった。(岩倉具視のしかめっ面を見なくなった分は良いことだが)

消費税が始まってからというもの、財布の中は紙幣より硬貨の方が多くなった。

やたら5円玉とか1円玉がジャラジャラし始めた。

500円玉は大きくて存在感があるけど、デノミになると5円玉に代わる。

あの大きいコインが5円玉?

なんだか駄菓子屋に持って行くみたいで情けない。

「お隣のお子さん、初任給が2千円だって」

安いのか高いのかわからなくなっちまう。





マイナス金利で、ATMなどの手数料が上がるかも知れないとささやかれている。

銀行の電算センターの仕事をやったことがあった。電波シールド工法というヤツだ。

あそこで見た大型コンピュータの数の多さ、腰を抜かすくらいだった。

あんな電算機器の中で、あっちの口座からこっちの口座へと数字だけが瞬時に移動してるわけで、女子行員がいちいち小銭を数えてるわけじゃない。

自分の口座から支払先に振り込みをするだけなのに、数百円もの手数料を取られる。

例えば賃貸住宅に住んでいて、家賃を毎月支払うことになれば、その手数料が年間12倍。

てすうりょうと言っても誰のてかずもかけてない。単にコンピュータが「あっちの口座からこっちの口座へ」とやっているだけだ。

現金が移動してるのではなくて、数字がコンピュータの中で動いてるだけ。

パスモにしても何にしてもそう。

最近ではスマホで缶コーヒーが買えたりする。

日本人はそろばんを使っていた習慣からなのか、やたらお釣りを計算するのが上手い。

中でもレジのお釣りが小銭だらけにならないようにと、財布の中を掻き回して「1万と23円あげましょうね」とか言っている。

レジも心得たもので「どうもありがとうございます、お返しは5千と5百円です」。

こんな光景、外国ではまず見られない。

それが、パスモやお財布ケータイの時代になると、そもそもお釣りを計算する必要が無くなるのだから残高さえ睨んでおけば良いだけのこと。

便利っちゃぁ便利だが、何んか人間がバカになりそうで怖い。





ところがである、カード社会と言われる欧米では日本にはないチップの習慣があってコインは常に持ち歩く必要がある。

「財布を忘れた愉快なサザエさん」という歌があるが、現代の日本では何枚かのカードがあればどこへでも行ける。

しかしコインがなければアメリカではレストランに入れない。

だが、考えてみるとチップの収入で生計を立てている人々は、所得の申告はどうやってるんだろう。

アメリカが社会保障番号を導入したのは早かった。

日本はやっと昨年マイナンバー制度を導入した。

(話はいきなり飛ぶが)花火師職人の人が続々と辞めているという。

打ち上げ花火というのは極端に季節性があって、一年を通して生計を立てるような職種ではない。

だからいろんな業界人が副業として花火師をやるという。

いわゆるアルバイトだ。

その臨時収入に「ご祝儀」という心づけも重なる。

それらはすべて所得申告するのではなく、ふところに入るわけだ。

ところが賃金を支払う側がマイナンバーの管理を義務付けられたからさぁたいへん。

アメリカに置き換えれば、チップを渡す際に相手の番号を聞かなければならなくなるわけだ。

それで副業としての花火師が急速に減って行き、人手不足から来る事故が相次ぐのではと危惧されている。

これをもってマイナンバー制の悪い面だと指摘する向きがあるらしいが、一方では「所得申告から逃れていた連中が悪いのであって、マイナンバーのせいにするな」という意見も出ている。

まぁ「水清ければ魚棲まず」という言葉もあるように、社会にはわずかな「あそび」があっても良いような気はする。

しかし「あそび」があり過ぎる社会は統制がとれなくなる。

適度な「あそび」と適度な「締め付け」が必要だ。

ナットなどのねじを過不足なく適度に締め付ける工具をトルク・レンチと言うが、やみくもに締め付けたのでは軸を破損させる危険が高まるし、ゆるゆるではなお危ない。

自動車整備工場などで圧縮空気によるレンチが使われているが、一定の締め付けが終わるとカン・カン・カンと空転している。

このトルク管理がきちんとできていないのが東アジアのいくつかの国だが、電車が止まったり橋が落ちたりしている。

「やりっぱなし」の状態なんだね。






無精者の私が買い物をすると、小銭を出すのが面倒だから、ついレジで紙幣を出す。千円札とか1万円とか。

だから釣り銭の小銭でいっぱいになっていつも女房どのに両替えしてもらっている。小言を言われながら。

私がケータイを持ちたがらないことは百も承知なので「お財布ケータイ」は無理だし、クレジットカードも作っていない。

せめて電子マネーでも使いなさいよとは良く言われているが、過渡期の世代なんだと思う。

現にクレジットカードがこれだけ普及している日本でも、コンビニ支払いを現金でする客は85%にのぼるのだそうだ。

金はカネではなく数字になったのは、さていつからだったろう。

「コンビニで現金払いをしている人が信じられない」という記事がNETに出ていたが、よく見ると信販会社のステマ記事だった。

番号ひとつで全財産を左右する時代だ。

「便利」と「安全」は反比例する。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR