警 告

年明け早々から「ベッキーがベッキーが」と騒いでいた世間が、今度は「スマップがスマップが」になって、「甘利が甘利が」になり、次は「清原が清原が」。

新しい話題が出ると、それまでの問題だったものが終わったかのように思い込まれ、あれだけ騒がれた事件の犯人が誰も知らない間に仮釈放されていたりする。

例えば押尾なにがしもそう。

さぁそうなると(何かの意志が社会をコントロールしてんじゃね?)と疑いたくもなって来る。

特に今年に入ってからの階段の上がり方は異常に見える。

今年って何かイベントがあった?

ああ、参議院選挙か。

昨年あれだけ大騒ぎした「安保関連法案」の是非を国民が審判する選挙でもあるわけ。

SEALDsの存在意義がアリなのかナシなのか、戦争法案だったのかそれとも安全保障の法案だったのか。

そのために色々なところに手を回して社会を引っ掻き回していると考えれば、すべての疑問は解けて来る。

民主とかSEALDsとかのちっぽけなことではなくて、メディアや広告代理店や朝鮮総連なんかの断末魔ののたうちだととらえれば、なるほどとも思える。

特定秘密保護法案はすでに施行されてしまった。

ここへ来て安保関連法案が施行段階に来ている。

マイナンバー制度も始まった。

海外資産の申告義務の罰則も始まった。

どんどん堀が埋められている。

これらのことと「ベッキー」「スマップ」「甘利」「清原」とジャブを連打して来るメディアが無関係だとは到底思えない。

自民党の浮気男が議員を辞職するだのしないだの。

そんなのはどうでも良いけれど、もっと凄いストレート・パンチが準備されているような気がしてならない。

打たれる相手は誰だろう。

我々良識ある国民なのだ。

のたうち回っているのは海の外にもいるからね。

安倍政権の良しあしは別として、今この時期に政権支持率を下げると、とても危険なことになって行くような気がする。

浮足立つのがいちばんいけない。

重心を高くすれば、どんな横綱でも倒れるよ。

あ、酒鬼薔薇聖斗を文春が取り上げただと?

そんなゴミを追いかけてどうするのさ。

STAP細胞のあと追いでもやった方が知性を感じるんだけど。

理研ってたしか、ウランの濃縮やってGHQと裏でつながってたとこだったよね。

福島の石川町ってとこのウランだったっけ。ちがった上海から買った酸化ウランだったっけ。

裏で何やってるかわからない組織はいっぱいあるからね、文春さんも獲物には不自由しないのに・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR