祝勝会

スキージャンプ女子競技のワールドカップ第12戦 オーストリアのヒンツェンバッハ大会を観ていた。

やっぱり日本の高梨沙羅選手が優勝した。

大好きなんだよね、この子の笑顔。

身長が152センチだっつうから驚異的だ。

2位と3位にオーストリアの選手を従えながら表彰式で『君が代』を流したのだから大殊勲と言って良い。総合得点でもダントツの1位だよ。




フィギア・スケートの浅田真央選手も良くトレーニングされた選手なんだが、あの悲壮感はどこから来るのだろう。

日本スケート連盟とロッテの黒い癒着を疑っては選手個人が可哀想だが、評価点の比重が重くないジャンプ競技の方が痛快で明快だ。

余計な国の選手がいないのも空気を澄みきらせている。

あ、だからジャンプ台をいい加減に造るのか。

カネがないなら降参すれば良いのに。

ま、どうでも良いけどさ。

せっかく沙羅ちゃんが優勝したんだから、コーヒー・ミルを回そう。

茶菓子は「すずめの卵」だ。(別に意味はない)

すずめの卵


今日も日本晴れ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

あ、あたためていたんですか。
孵ってますよ。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR