危ない玄米ごはん

自然界に存在する「無機ヒ素」が原因で、玄米の取り過ぎは危険だとヨーロッパで言われ始めた。

私のかつての同僚に、稲作農家の出身者がいた。

彼は日頃からある主張をしていた。

以下がそうである。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

最近、健康ブームで玄米を食べる人が増えているが、コメ農家に言わせるとこれほど危険なものはない。

なぜかと言うと、どんな農薬を使われたか知れないコメを玄米で食べる人は「無知」であり「無責任」だからだ。

低農薬栽培には務めても、なかなか無農薬にすることは難しい。病害虫が発生すれば隣接する農家への補償もしなければならないし、ヘリによる農薬散布を「ウチだけ断る」とも言えない。

だから自分の家で作ったコメでも、今の農家は玄米では食べない。

農薬の怖さをいちばんわかっているからだ。

いわんやどこの誰が作ったかもわからないコメを、健康食品会社の謳い文句だけ信じて家族に玄米を食べさせている主婦は「無責任」の誹りを免れない。

もし本当に玄米が食べたいのであれば、自分で無農薬米を栽培してからにすべきだ。

同じことは「米ぬか」にも言える。ぬか味噌漬けが流行っているが、どんなぬかだかわからない物が売られている。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

私は原則的に玄米は食べないし、うちの女房どのはしつこいくらいに米を研ぐ。

最近の精米技術は高度になっているからそんなに研がなくても、と言っても聞かない。

「誰が作ったかわからないコメを信用しろと言う方がおかしいよ」だと。

最近の「無機ヒ素」の情報では、白米をよく研いで食べろと言っている。

妙に昔の友人の話を思い出してしまった。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR