反日の実態

南朝鮮(自称:大韓民国)が盛んに反日政策と反日教育をやっている。

そして日本国内では金慶珠(キムキョンジュ)を始めとする強烈な反日発言を繰り返す芸能人(キムはホリプロ所属)が複数いる。

そうやって日本人に「嫌韓感情」を煽り続けた。

その原因を廬武鉉(ノムヒョン)だとか李明博(イミョンバク)だとか言われるが、実は彼らは北朝鮮のコントロール下に置かれていたのではないかと仮定した場合には、すべての謎が解けて来る。

日本と南朝鮮の間がおかしくなることで、いったい誰が得をするだろう。北である。

東海大学の金が金切声を上げれば上げるほど、日本国民の心は南朝鮮から離れて行く。決して彼女は両国の友好に貢献していない。逆だ。

だから金は北の利益に役立っているのであって、それは朴槿恵にしても同じなのだ。

徹底的に米国と対立して中国に近寄ろうとしている。

これは誰が見ても北のコントロール下に置かれていると気付くはずだ。

南朝鮮の民意も右と左とに二極化している。歴史教科書の問題ひとつであれだけのデモ(騒乱)が起きている。

日本でも同じだ。

安保法制を「戦争法案」だと言って騒ぐ輩が多いが、それが「誰の利益」につながっているかを考えようとしない。

沖縄の米軍基地に反対する輩においても、それが「誰の利益」なのかをはっきりと言う者はいない。



ただ一方的に「嫌韓」を叫ぶのではなく、「その裏にはどんな策略があるのだろう」と考えるのがよろしかろう。



皆さん、ご機嫌よう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR