路上駐車

近所の奥さんがよく路上駐車をする。

契約している月極駐車場が家から離れているせいだ。

事情は分かるのだが、長時間に及ぶとちょっと迷惑する。

片道をふさがれると対向車との離合ができずに、特にディーゼルエンジンの宅配デリバリーなどが坂道発進を余儀なくされるとうるさくて仕方がない。

「何やってるんだろう」と窓から覗いてみるとほとんどは路上駐車である。

その自動車は日産のモコ。

「へぇ、日産も軽自動車を作ったんだ」女房どのがそう言うから「違うよ、ありゃスズキのMRワゴンだよ」と教えてやった。

「だって日産のマークがあるじゃない」

「OEM製品と言うのさ」

「何よそれ」

「相手先ブランドと言ってだね、生産能力はあるんだけど、販売力が不十分なために工場がフル稼働していないメーカーがあったとする。一方で、販売力はあるんだけど製品を一から開発すると莫大なコストがかかるというジレンマにある企業があったとする。『ではお宅の代わりに余った生産能力で作ってさしあげましょう。お安くしときますよ』てなわけさ」

「それズっこいんじゃない?」

「例えばホームセンターなんかに、聞いたこともないようなウェット・ティッシュの安いのが売られていたりするじゃないか。アレって花王とかライオンなんかの有名企業が作ってるのさ。中身は同じなんだけど『安かろう・悪かろう』といったイメージがあるからそれほど売れない。一方でメーカーは生産機械を遊ばせておくよりは安くても回転させた方が都合が良い」

「あ、そうなんだ。てっきり中国製とか思ってた」

「そんなケースもあるさ、中国とか韓国あたりの安い商品を自社ブランドで売っているスーパーもあるからね。ボッタクリも良いとこだ」

「販売力はあっても製造力はないんだ」

「アップルとかもそうさ。あそこは工場とか持っていないからね」

「それじゃiPhonとかってどこで作ってんのさ」

「台湾だよ。日本とか韓国から電子部品を調達してる。中国がスマホの性能を上げて来ているのも、台湾から技術が漏れてると言われてる」

「へぇ、OEMねぇ・・・」

「ODMってのもあるんだぜ」

「何よソレ」

「OEMの場合は製造業者は委託先の仕様に従って製造して納品する。しかしODMの場合は製造業者が設計段階から手掛ける。委託元は設計から製造までの全てを『あなた任せ』にするわけさ。アップルがどのように変化しようとお任せしますと言うヤツだ」

「よくわかんない」

「むかし、VHSとベータのビデオ戦争があったじゃないか。松下電器や三菱電器はビクターに全部任せてしまった」

「あ、アレか」

「しかし日産モコとMRワゴンは顔つきもボディのカーブも違うだろ。日産が仕様を決めているからさ」

「軽自動車は他にどんなのがある?」

「ダイハツ・ミラは、スバルのプレオに化けた。ムーブはステラだし、ハイゼット・カーゴはトヨタのピクシスだ。あ、日産のオッティという軽自動車は三菱のekワゴンだ」

「日産とかトヨタって軽は造っていないんだ」

「スバルとマツダもね。ただしホンダだけはどこにも供給していないし、逆に供給されてもいない」

「お、やるねぇホンダ。『やっちゃえホンダ』ってとこだね」

「矢沢に言わせてみたいよな」



モコの路上駐車が、意外なことへ発展してしまった。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR