リレハンメル

ノルウェーのリレハンメルで4日開幕した、ノルディックスキー・ワールドカップのジャンプ女子個人戦で、2季ぶり3度目の個人総合優勝を狙うクラレ所属の高梨沙羅選手がトップで優勝、通算31勝目を挙げた。

以前はカーリング女子の「チーム青森」の本橋麻里(マリリン)選手が好きだったけれど、珍獣ハンターにそっくりな高梨選手が登場すると、すっかりまいってしまった。

飛距離も最高レベルなのに加えて飛型が特に美しい。最新鋭のジェット戦闘機を彷彿とする。

あの小柄な体のどこにそのようなパワーが入ってるんだろうと思うと、精神力と集中力を育てた周囲の皆さんの指導があったからだと思わされる。



F-1グランプリもそうなのだが、日本勢が強くなるとレギュレーションを変えて来る。

強くなりすぎると様々な圧力がかかって来るだろうとは思うが、取れるだけのメダルは取ってしまってもらいたい。

リレハンメルと言えばコレっきゃない。

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR