ローズ・ゼラニューム

霜にやられるのを避けるために、ローズ・ゼラニュームの鉢植えを屋内に入れていた。

この植物は花が咲くとバラのような香りがすると書いてあったが、今年はまだ花を咲かせていない。

ただ、葉っぱから独特のさわやかな香りがして玄関の空気を洗ってくれているような気がしていた。

植物にしろ動物にしろ世話をするのが苦手な女房どのが買って来た時はまだ、テニスボールほどの物だったが、ホームセンターで肥料用の錠剤を買って来て適当に水をやってたらどんどん大きく育った。

今ではバスケットボールくらいの大きさになっている。

以前、毎年のようにバジルを育てたことがあったので、摘芯の方法は知っている。

バジルにはアブラムシが良く付いたが、ゼラニュームには来ないようだ。

寒さには強いと聞いていた金木犀の鉢だけをベランダに残していたが、今日は日差しが温かいのでゼラニュームも並べて出してやった。

「あら、いらっしゃい。元気だった?」

「やあどうも、ご無沙汰。お、花咲かせたんだ」

そんな会話をしているようだった。




さてさて、素浪人はバスタオルでも洗濯しますかね・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

「お、バスタオルよく乾きそう。日向ぼっこ一緒にどう?」

by ぜらにゅーむ&きんもくせい
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR