アロマの香り

昨夜入浴して洗髪をした。

私はドライヤーを使う習慣がない。

髪を短くしているので、タオルで拭くだけでビールを飲んでいるうちにすぐに乾くからだ。

しかし昨夜は半乾きのまま寝てしまったので、今朝は寝ぐせが凄いことになっていた。

それで寝ぐせ直しをスプレーして濡らしたが、何やらおさまりが悪いので、整髪料を使った。

最近の男性整髪料というとジェルとかがあるらしいが、私は使ったことがない。

ヤンキーさながらにつんつん尖らせても仕方がない。

洗面台を探ると数年前に買っていたヘアリキッドが出て来た。資生堂のブラバスである。

(懐かしいな)

そう思って少量を手のひらにとって頭に塗った。

ところが家中にリキッドの匂いが充満した。

(うへっ、くっさ~い)

別に中身が変質しているわけではない。

我が家ではほとんど匂いの強い製品は使わないのだ。

しかもタバコをやめて10年近くになる。





そう言えば、洗濯洗剤に「フローラルの香り」とかが付くようになって久しい。

我が家は絶対にそれらを使わない。

どうしてあんな商品が流行るようになったのか、訳がわからないのだが、スーパーなどですれ違う人がこの手の匂いをさせている。

若い女性ならまだしも、良い歳をしたオジサンとかが「フローラル」の匂いを撒き散らしている。はっきり言って迷惑だ。

とっくに電車通勤をしなくなったが、満員電車でこの匂いがあっちでもこっちでも撒き散らされると私なら発狂してしまうだろう。

それくらい嗅覚が敏感になってしまった。

ボールドはプロクター&ギャンブルサンホームが出している。

ソフラン・アロマリッチはライオンだ。

ダスキンもシトラス×フローラルの香りという洗剤を出している。

ミューラグシャスとかいう洗剤は「フローラル→ムスク→バニラと、3段階に香りが変化する」と謳っている。はっきり言って大迷惑だ。

シャンプーは確かに香りが付いているが、髪が乾けば「ほのかな香り」に変わる。しかしそこに衣類からの余計な匂いが混ざり合うと「異臭」でしかない。

最近私のようにタバコをやめる人が増えていて、鼻が敏感になっているはずだ。

どこの洗剤メーカーが始めたことなのか、記憶が定かではないのだが、おかしな世の中になったものだとそう思う。





ところがである、ボールドを出しているP&Gが、今度は消臭剤のファブリーズなるものを出している。

どうしたいのだろうこの会社。

下駄箱に置けば「高原の香り」だとか、車に置けば「昔の芳香剤は臭かった」などとPRしているが、ボールドで洗濯した衣類を着て来ればどうなるんだろう。

しかもこんな商品まで出て来た。

「99%除菌&消臭してレノアハピネスの香り」、これ日本語になっているだろうか、私には意味がわからない。

売れれば何でも良いということなのか。





料理屋で香水の匂いを振りまく女性が近くに座るとどえらい迷惑をするのだが、香水にせよ柔軟剤にせよ香りは自分で愉しむ程度にしてほしい。

これみよがしに他人に嗅がせるものではない。

かくして我が家のブラバスは、ゴミ箱行きとあいなった。






スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR