女子生徒の13%

ひどい話もあったものだ。

先月来日していた国連人権理事会のマオド・ド・ブーア・ブッキオが10月26日、日本記者クラブで行った会見で「日本の女子生徒のおよそ13%が援助交際に関わっている」と発言した。

この人物、オランダの法律家で国連人権理事会から「児童人身売買ならびに児童ポルノに関する特別報告者」に任命されている人物で70歳の女性。

10月19日から26日までの期間、東京・大阪・川西市(兵庫県)・那覇市(沖縄県)を視察した。

那覇市へ国連の人権理事会関係者が出向いた点は、先日ジュネーブに赴いた翁長沖縄県知事の言動とつながるように思えるのだが、南京大虐殺の記憶遺産登録といい、何か国連による日本攻撃が激化しているように見えて仕方がない。

国連事務総長がチンパンジーだから仕方がないのかも知れないが、thirteen=13を、thirty=30と誤訳したメディアもあったらしく「女子生徒の30%」というニュースが一時出回り大騒ぎになった。

数の問題ではなく、13%という数値の根拠を示せと迫った日本政府に対して、11日に特別報告者本人から「13%という数値を裏付ける公的な最近のデータはなく、誤解を招くものだった」との趣旨の書簡が日本政府に届いたことを菅官房長官が明らかにした。

ただし外務省は「発言の撤回」を求めており、日本政府としての実態把握がおこなわれていないことへの批判にもなっている。

「引っ込めろ」と抗議するだけでは済まない話なのである。

「ヤブヘビ」とはこのことだ。外務官僚はどうしてこうまで愚かなのだろう。




「琉球原住民説」や「南京大虐殺」そして「女子生徒の13%」。

ここまで来ると、もはや確信犯的な嫌がらせが起きていると考えるべきなのかも知れない。

「すべてのニュースはつながっている」誰かのセリフである。

小学生が大麻を吸っていたというニュースも飛び交っているので、援助交際も「そうかも知れない」と考える外国人記者がいても不思議ではないが、数字はどうやって把握するのだろう。

「あなたは援助交際をしたことがありますか」というアンケートでも取ろうと言うのだろうか。

アグネス・チャンやラディカ・クマラスワミもそうだが、人権を叫びたがる女性がこうした偏り方を示すのは何故なのかと思ってしまう。

もっと論理的な女性がたくさんいるはずなのに・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>「引っ込めろ」と抗議するだけでは済まない」
その通り。
特別報告者本人から「13%という数値を裏付ける公的な最近のデータはなく、誤解を招くものだった」との趣旨の書簡が日本政府に届いた。
「13%」は世界に向けて発信された。これの「根拠はなく誤解を招くものだった」との書簡をコソコソと日本政府に向けて。
報告者本人は何もなかったかのように、あとは素知らぬ顔。
日本は紙切れ一枚で済む国と舐められる。
なぜ、どこから、その数字が出てきたかの説明の上、国連人権理事会の責任者が公に、書簡を添えて詫びの上訂正すべき。それまではとことん追求する。
いい加減なことは許さない日本を見せなければ、また同じことが起きる。
中韓。中国に阿る欧州他。日本国内のおかしな輩。国連内関係者への袖の下もあるかも知れない。
国連関係から在らぬ傷を負わせられることは、もう充分。間違った発信者にはしっかりと責任をとってもらわなければならない。

参考までに

オランダの人口って1700万前後なんだよね。
それに対して日本は1億2700万前後。児童数を男女に分けてそれを0.13倍すると、どれだけ膨大な数になるかがわかる。
要するに「どんだけ幼稚なんだよ!!」ってことが読めて来る。
バカを相手にさせられる日本の政府が気の毒になって来る。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR