文化の日

以前、このブログで、祝祭日について触れたことがありました。

動かして良いものと動かしてはならないものがある、と。

成人の日とか敬老の日とかは、「必ずこの日でなければならない」という性格を帯びていないが、建国記念日だとか天皇誕生日だとかは「必ずその日でなければならない」宿命を帯びていると。

しかし体育の日は東京オリンピックの開催日であるにも関わらず、勝手に「10月第二月曜日」と可動式にされているのはおかしいのではないかと疑問を提しました。




来月11月の3日は文化の日です。

これ実は昭和21年に日本国憲法が公布された日なんですね。

いわば現憲法の誕生日。

そういう意味では可動式になっていないのもうなづける。(「うなずく」でも正解)

しかしこの日はあくまでも公布日であって、施行されたのは昭和22年5月3日。だから憲法記念日は5月3日になっている。

ではなぜひとつの憲法に関する事柄で、公布日と施行日のそれぞれが祝日とされたのか。




実はね、この11月3日という日は、明治天皇の誕生日だったんです。実際に昭和22年11月3日までは「明治節」という祝日だったんですね。

本当は新憲法の公布は11月1日を予定されていた。憲法は公布から半年後に施行されることが決まっていたから、そのスケジュールで行くと施行されるのは5月1日。メーデーと重なるんです。

そこで国会が急きょ11月3日に変更した。

ところが当時はGHQによる占領統治の時代。「明治天皇に関わる日を憲法記念日にすることはまかりならん!」となったわけ。

しかし衆議院と参議院で決議が真っ向から分かれた。

そこでGHQが出して来た妥協案が「憲法記念日を施行日である5月3日として、11月3日は別の名称を付けるがよろしかろう」。

かくして生まれたのが「文化の日」という、なんだか解ったような解らないような名前になったというお粗末。




お後がよろしいようで・・・





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 この国会の議論では(GHQも含め)、そこまでして「明治節」という名前を残したくなかった、という理由の説明が、見事に欠落してますよね。
 別に「明治節(日本国憲法発布の日)」としても良かったでしょうに。
 そうすりゃ朝鮮の独立門みたいに、歴史を上手くごまかせたかも。(日本国憲法=大日本帝国憲法を微修正したもの、って)

No title

>習近平国家主席を歓迎する晩餐会で出された高級ワインが。天安門事件と同じ1989年のワイン。
も。

No title

冷徹な思考体系をお持ちの方と感じました。
一般論(解釈論)に強く、疑問を抱いている事柄がひとつあります。

魏志倭人伝の伊都国の比定地です。私の疑念・見解は申し上げませんが…。(雑念排除のため)
>「 … 又渡一海、千餘里至末盧國…東南陸行五百里、到伊都國…」。
魏志倭人伝の冒頭にの少しあとの抜粋です。
推理には、伝の全体のほか諸々が必要かも知れませんが。

もし、お時間頂けるならば、伊都国はここだ、を賜りたく。

Re: No title

> >「 … 又渡一海、千餘里至末盧國…東南陸行五百里、到伊都國…」。

伊都國って福岡県の糸島市のことだという説が常識化しているようですが・・・
金印が出た志賀島の先の、宗像大社の沖ノ島には国宝級の埋蔵文化財がゴロゴロしてますよ
ただし邪馬台国がどこだかはわかりません
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR