産経に連打される韓国

韓国に対してはどの新聞よりも手厳しい産経が、今日は特に韓国関連のニュースを連発している。

例によって著作権のからみでコピペが出来かねるために、概要だけご紹介したい。




まず、日本の経団連と韓国の経済団体『全経連』との定期会合が東京都千代田区で開催された話題から。

この席で全経連側は、今年2月に終了した「日韓通貨スワップ協定」の再開を要求したとされている。

麻生財務大臣も述べたように、これは韓国側から「必要がない」と言い出したことから「お願いしてまで続けるべきものではない」として終了に至った経緯がある。

しかし約半年で、ウォン高と中国経済の失速で中国向けの輸出にダメージを負った韓国経済は、10月のIMFとの年次総会において「多国間通貨スワップなどによって金融危機を予防する必要がある」と述べるに至った。(韓国経済副首相兼企画財政大臣:チェ・ギョンファン)




実は韓国はこれまで、輸出対策のためのウォン安誘導を目的としてIMFの意向に逆らってまで為替介入を繰り返し、ウォンを売ってドルを買うという作業を繰り返していた。

つまり外貨準備高は潤沢にあるという認識を強く持っていた。そのために(日韓通貨スワップは)「必要ない」と胸を張ったのかも知れない。

ところが韓国国内における資金の半数以上が外資で構成されており、政府が中国寄りの外交を続ければ続けるほど外国資本はじわじわと韓国から離れ始めた。

株式や債券への投資、ならびに金融関連の融資などが国外流出を加速させており、政府は危機感を募らせ始めている。

これらは韓国政府の独自の判断でここに至っているわけだが、報道はあくまでもアベノミクスの犠牲になっているといった論調を崩さない。

韓国経済が外資頼みで構成されて来た事のどこに日本の責任があるだろう。

さらに韓国の経済紙は「1年以内に満期が来る外債や投資資金を考慮すれば、外貨準備は1000億ドル(約12兆円)が不足している」との分析を出したとされている。

韓国は中国との間に通貨スワップ協定を結んでいるが、それはウォン対人民元の話であって米ドルではない。

韓国の対外債務はドル建てが多く、人民元など何の役にも立たないのである。

またASEANによるチェンマイ・イニシアチブの通貨スワップ協定もあるにはあるが、これは融通されるだけではなく、提供する立場に置かれる危険性がある話である。

年内にもアメリカの利上げがささやかれる中で、途上国を襲うであろう通貨危機がウォンを直撃した場合、反日外交を繰り返した朴大統領のチョイスは失敗だったという結論を導き出すのかも知れない。




アメリカの格付け大手のスタンダード&プアーズは、韓国企業の格付けを「ジャンク(紙くず)寸前」と警告した。

外国貿易の比重を景気減速の中国に置いているからである。

韓国製品の魅力が低く技術力も乏しいと、厳しい指摘を受けた。サムスン電子や現代自動車の不振をみるだけで納得がゆく。




韓国の次期主力戦闘機(KFX)開発をめぐってアメリカの先端技術を要求していたがアメリカから繰り返し拒否された。

朴大統領の訪米目的もそこにあったのだが成果は得られていない。

韓国はアメリカのF-35を40機購入する契約を交わしたが、その際にKFXの開発に必要な25件の技術供与を受ける約束をしたという。

しかしアメリカ側は、25件のうちの4件については技術供与を許可しないと言って来た。

具体的にこの4件を説明する。

①位相配列レーダー

②赤外線探索追跡装備

③電子光学追跡装備

④電磁波妨害装備

つまりアメリカは韓国国内における組み立てを許さず、40機はすべて完成品の形で納入することになる。

韓国はこれまでに何度もブラックボックスを開けて先端技術を盗もうとした前科があり、しかも開けたブラックボックスを元に戻せなくなっている。

ドイツから仕入れた潜水艦にしてもそうで、元に戻せなくなった韓国は日本の企業に泣きついて断られたこともある。

アメリカは日本の航空自衛隊に対してはF-35の4機の完成品と、38機のライセンス生産を認めている。

つまり技術を盗む悪癖がある韓国には性能を落としたダウン・グレードのF-35を納入することが予想されていて、日本の自衛隊との差が開く一方だという見方がされている。

ひとつには韓国が急速に中国との関係を強めている要因があり、軍事機密が中国へ渡る(言い方を変えれば、中国が盗みに来る)ことが容易に想像できるからだ。

トヨタのプリウスは、モーターの心臓部には独自のブラックボックスを用いており、開ければ内部がバラバラになる仕組みを採用している。

もっともベアリングも造ることができない韓国は、知られてもパクられる心配はないように思うが、それが中国に渡ると危険な目に遭うだろう。




このような状態の国と関わっても、日本には何のメリットもないだろう。

安倍政権は二階総務会長を飼い殺しにするしか道はない。

飼い殺しと言えば「ごまめの歯ぎしり」もそうなのだが、安倍さん、お荷物が多すぎる。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

その通りと思います。
関わって、メリットがない どころでなく デメリットが多すぎる。

全てが。薄っぺら、基礎がない、蓄積がない、その場しのぎ、極めて歪、…。

極めて歪…だから、ベアリングも造ることができない、100年前には車輪も造ることができなかった。

破綻は秒読み。頼りは日本だけ。もう助けない。
「信頼関係が良好な協力関係を育む。経済関係も同じ。日本はツートラップでは考えない。先ず、捏造歴史に基ずく、反日教育を改めよ。総てはそれから」と突き放せ。

Re: No title

韓国の「貿易赤字が減少した」と聞きます。
これは対比の問題であって、輸入が減ったから自動的に赤字が減った格好になっただけ。輸出が好調だというわけではない。
これまで貿易上で輸入していた相手は圧倒的に日本だった。
部品であるとか、工作機械であるとか、生産材だとか。
それが細るということは、韓国の生産能力が限界に来ているということ。

よく貿易黒字あるいは赤字が景気の指標であるかのような発言をする愚か者がいるんですが、赤字が減った韓国がなぜ紙くずと呼ばれるのでしょう。
そして日本は貿易赤字が膨らんでいますが景気は良いですよ。
トヨタやホンダが外国に現地工場を建てたから。輸出じゃないんですね。雇用も外国に貢献しているからどこからも非難されない。

これまでの韓国はそれなりに日本の「失われた20年」の復興に協力してくれていたんです。
「韓国は世界のトップに立った」などと寝言を言われつつ。
「これまでとこれから」の切り替えをはっきりすべき時期に日本は来ているのだと思います。

No title

>韓国はそれなりに日本の「失われた20年」の復興に協力してくれていたんです。
一側面としては否定しませんが…。
サムスン・シャープに代表される事例。ツートラップ、米などでの変な像。等々きごう。
貴方には説明は不要でしょう。150年間、ここ70年間の出来事も、解っていらしゃるでしょうから。
やはり、ここに至っての結論は、見るな触るな、放っておけ、になるのでは?。

Re: No title

50~100年スパンで、日本人は劇的に変質することがあります。明治維新とか大東亜戦争の終結とか。
そんな中で、日本に「嫌韓」の嵐が吹いたのもその一環だと思います。
変えさせてくれたのは、誰?
ロスに慰安婦像を建てた連中のお蔭です。これを「貢献」と言わずして何が「貢献」なのでしょう。日本人の目を覚ませてくれたのですから。彼らの功績は少なくありません。
(逆説的ですが)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR