スマホで作る盗聴器

電気製品にちょいとばかり詳しい知人から聞いた話。

従来型の電波発信方式の盗聴器や隠しカメラなどが、急激に売れなくなっているという。

それだけ需要が減ったのかというとさにあらず。

より使い勝手が良く、高性能な機器が普及しているからだという。

それは何か。

スマホでありタブレットだという。



これらは厳密に言うと電話機ではない。コンピュータなのであって、その膨大な機能のひとつが音声通話が(も)できるというだけのことだ。

コンピュータである以上は、プログラム・ソフトをインストールしてやればカメラにもビデオにもICレコーダーにも何にでも変身させることができる。

iPhone のICレコーダーアプリを使えば周囲で音がするときだけ録音してくれるのだから、これはもう立派な盗聴器。録音時間は数百時間だから恋人のベッドの下に置いて来るだけで良い。


たとえばスマホに自動応答アプリを入れるだけでスマホは高機能な盗聴器へと早変わりする。

アンドロイドの場合、自動応答アプリは無料でダウンロードすることができる。

盗聴したい相手のスマホに、密かに自動応答機能を仕込みその機能を有効にしておくだけ。

あとは聞きたい時に電話をかければスマホのマイクから周囲の音や会話が聞こえて来る。

例えば夫の留守中に奥さんが何をやっているか、あるいは女子トイレの洗面所で女子社員同士がどんな会話をしているか、それらは専門的な盗聴器を購入しなくても聞ける時代に入ったということになる。

特別な作業を要して仕掛ける必要もない。

ターゲットが自分から持ち運んでくれるからだ。

遠隔操作系では Cerberus 、ICレコーダー系では音がある時だけ録音する Dictaphone 、カメラ系だと動体検知して撮影するセキュカムなどのアプリがある。

新機種に買い替えて古い機種を使わなくなって屋内に放置しているような場合は、これらのアプリを入れるだけで固定式盗聴器の働きをすることになる。

しかも見慣れたスマホのことなど、誰も変だとは思わない。

子供の登下校時の安全のためにとスマホを持たせる親が増えたという。

位置情報までわかるからだ。

しかし良く考えれば、位置情報の発信機能があるスマホを持ってラブホテルなどに行けば、一発で浮気がばれることになる。

そこで自動応答に電話をかければ周囲の音声がまるまる聞こえる。場合によったら写真や動画も撮れるだろう。

ひと頃、盗聴バスターズという商売が流行り、「あなたのお宅から盗聴電波が出ていますよ」といったビジネスが成り立っていた。

ところが携帯電話のデジタル信号は、キャッチすることはほぼ不可能と言って良いだろう。

いやはや、凄い世の中になったものである。




女湯の脱衣所でスマホを操作している女性客はいませんか?

あるいは扉が開かれたままのロッカーはありませんか?

あなた撮られているかも知れませんよ。

そして、これらの個人情報を脅迫のネタに使われれば、勤務している会社の技術データなどが脅し取られているのかも知れません。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR