平和安全法制関連法案

現在、日本国内では「デマゴーク」という大キャンペーンが繰り広げられている。

解りにくい法案であることを逆手にとって、国民に逆のイメージを植え付けようとしている。

その犯人は日本共産党であり社民党であり、そして野党第一党である民主党だ。

これらには様々な団体組織が後ろ盾になっていて、朝鮮系の大企業などがスポンサーになっているテレビ局が言いなりになってしまっている。

だから、あまり政治を知らない者までが、「何やら邪悪な法案らしいぜ」という思考力が不足した感覚だけで「戦争反対」とやっている。

戦争に賛成する者などいるわけがない。あったとすればそれは「創られた虚像」にすぎないのである。

この法案がいかに自衛隊のリスクを軽減するものかは、日本ビジネスプレスの織田邦夫氏による『事前準備はあって当然、問題は内部文書の流出・日本の安全を損なう野党の論理矛盾と与党の右往左往ぶり』という記事をお読みになれば、ぼんやりとでもその正体が見えて来る。

もしまだ、法案に賛成なのか反対なのか決めかねている立場の人がいれば、一読をお奨めする。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/44600


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR