SEALDs

安保関連法案に対して、反対の声を上げているSEALDsという団体がある。
Students Emergency Action for Liberal Democracy の略だそうだ。
つまり学生で組織された集団なわけだが、彼らはSNSを活用して主張を喧伝するとともにデモなどに参加して顔を晒している。
そうした『公開情報』をまとめたサイトが登場した。つまりSEALDsメンバーのデータベースというわけだ。

http://mera.red/sealds%e5%90%8d%e7%b0%bf

すると個人情報だ肖像権だと言って「違法だ」とのクレームが来た。
しかし自分で晒している情報なんだから当然だとの声が上がっている。
顔を知られたくなければ、マスクでもかぶってデモに参加しなくてはいけなかった。
60年安保闘争の際の全学連でさえが、ヘルメットにマスク姿だった。

ツイッターなどで氏名や学校名まで露出させておきながら、違法だと主張する知能の低さで、リベラルを名乗られてもねぇ。
どうしようもない。
ましてや集会でマイクを持って持論を主張した姿をYouTubeにアップさせている。
YouTubeを利用するのは良くて、それを批判に使われる分には困ると言うのでは、わがままな小児でしかない。
政治どころか社会を理解していない。

このデータベースが、就職の際の人事部に活用されるといった危惧がされており、メンバーだけではなく所属大学そのものに影響を及ぼすとされている。
もはや『遊び』の範囲を超えてしまったようだ。

http://jpsoku.blog.jp/archives/1036115452.html

なつかしい歌を思い出したので歌詞をご紹介しておきたい。

いつか君といった 映画がまたくる
授業を抜け出して 二人で出かけた
哀しい場面では 涙ぐんでた
素直な横顔が 今も恋しい

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が あがやかによみがえる

君もみるだろうか いちご白書を
二人だけのメモリー どこかでもう一度

僕は無精ひげと 髪をのばして
学生集会へも 時々出かけた
就職が決まって 髪を切って来たとき
もう若くないさと 君に言い訳したね

君もみるだろうか いちご白書を
二人だけのメモリー どこかでもう一度

雨に破れかけた 街角のポスターに
過ぎ去った昔が あざやかによみがえる

君もみるだろうか いちご白書を
二人だけのメモリー どこかでもう一度
二人だけのメモリー どこかでもう一度


皆さん、ご機嫌よう。




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR