緑茶の起源

(お茶の福本園『お茶の百科事典』より引用)

茶の発祥地は、「中国南部の雲南省からインドのアッサム地方にかかる山地であろう」という推測的な説が一般的ですが、考古学的な証拠がないため明らかではありません。
760年に唐の学者であり禅師である陸羽の著した世界最古の茶の科学書「茶経」に「茶は南方の嘉木にして…」とあることから、「中国南部の雲南省からインドのアッサム地方にかかる山地であろう」という説が説かれています。

本草学の始祖、今日の漠方薬の基礎を築いたと伝えられる神農帝が、山野を駆け巡り、人間に適する野草や樹木の葉などの良否をテストするために、一日に72もの毒にあたり、そのたびに茶の葉を用いて解毒したという話は、お茶を知る上で重要です。
また中国・唐時代(659年)に書かれた『新修本草』という本には、薬としての茶の記録が書かれています。中国では、茶は当初は薬、特に解毒薬として飲まれていました。「お茶を一服」という言葉は、これに由来するといわれています。
嗜好品として飲まれるようになったのは、宋時代以降からです。

日本の最古の信頼出来得る喫茶記録は、「日本後期」にある「弘仁6年(815年)4月22日、僧永忠が嵯峨天皇に茶を奉った」というものです。
少なくとも奈良時代にはお茶が飲まれていたと考えられます。しかし、当初お茶は大変な貴重品でした。それを普及させたのは、鎌倉時代に、臨済宗の開祖・栄西がお茶を中国・宋から持ち帰ったのがきっかけです。
栄西は、宋へ修行に行き、多くの経典とともに、お茶の種と飲み方も持ち帰ったのです。
当時のお茶は抹茶に近く、江戸時代に入ってからは、煎茶が茶の中心となり、庶民の口にも入るようになりました。当時は、お茶請けには栗などの木の実が食べられました。

中国で生まれた喫茶の風習が日本に伝わったのは、遣隋使や遣唐使が中国に渡るようになった7世紀ごろからと考えられています。
このころのお茶は、茶の葉を蒸してもちのようについて固めた団茶(餅茶)で、粉末にしてお湯に入れて飲んでいました。
しかし、庶民にはまだ普及しておらず、ごく一部の宮中や僧侶の間でしか□にすることができない貴重なものでした。

平安朝以後、動乱の時代を迎え、喫茶の風習は次第に消えつつありました。 13世紀初め、禅とともに再びお茶を広めたのが、栄西禅師です。栄西は、お茶の効用に注目し、将軍源実朝の二日酔いを一服のお茶で治したというエピソードも残されています。
また、禅宗やお茶とともに中国から伝わったものの中に点心があります。点心は、まんじゅうやようかんなどのもととなったもので、食事以外に取る軽食を言いました。朝と夜の一日二食だった鎌倉時代、点心は間食として武家社会を中心に定着していきました。

江戸時代、宇治の”新茶”は大名行列並みの“お茶つぼ行列"に守られながら江戸へ運ばれていました。当時のお茶がいかに貴重品だったかがうかがえます。将軍たちが手厚く保護した抹茶に対して、せん茶の生産が行われるようになったのは江戸時代のこと。やっと庶民の間にもお茶を飲む風習が広まっていきました。

http://www.japanese-greentea.net/dictionary/history01.html

一方、韓国のアジア経済という経済紙では以下のような記事が掲載された。

「日本の茶文化は元々韓国から渡ったものだが、彼らがそれを整えて育てて自分の物のように、世界に自慢しています。誰もしないから、国も緑茶を私たちの固有の茶として、また育て上げなければなりません。」
アモーレパシフィックを創業したソ・ソンファン(※徐成煥、2003年死去)会長が普段周囲の人々に口癖のように言った言葉だ。ソ創業者はいつも「国に力がなく、文化産業を伝える大企業がなく、美しかった韓国の茶文化が姿を消している」と残念がった。
http://www.ajunews.com/view/20150729133414695

何から何までウソの塊りでできた国と文化。
臨済宗の栄西が、茶の種を宋から持ち帰る際に百済を経由したかも知れない。
しかし、だからと言って「日本の茶文化は元々韓国から渡った」などというデタラメを言ってはいけない。
そもそも韓国という国家は宋の時代には存在していない。

漢方薬の知識などは大陸からもたらされたものであって、水車も作れないような文化レベルの低い朝鮮族に茶を選び出す能力などあったはずがない。
妄想もいい加減にやめた方が身のためだ。

中国というのは『中華人民共和国』の前の政府『中華民国』の略であって、日中戦争以後に誕生した比較的新しい国家だが、一般的に四千年の歴史を持つとされる『China』のことと受け止めれば、日本が教わったものは計り知れないだろう。
しかし中国そのものもまた、シルクロードを通して、中東やアラブなどの文化や、西ローマ・東ローマの高度に発展した文化が流れ込んだわけであって独自の文化ではない。
異文化は川の流れのようにつながっていた。

当然日本の文化もまた、西や南や北からもたらされたものが醸成したものだ。そんなものに起源を問うても意味がない。
それを、朝鮮人だけは発祥の起源を主張したがる。愚かな民族でしかない。

アジア経済の記事はハングルで書かれていたが、韓国人だけが読むと思ったら大間違いである。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR