なぜ韓国は反日なのか

韓国で『従軍慰安婦』で騒いでいる挺身隊問題対策協議会に対して、支援されているはずの元慰安婦の女性が、韓国メディアとのインタビューでこの団体を厳しく非難した。

元慰安婦とされる李容洙(イ・ヨンス)さん(86)は、『挺対協が出した証言集の内容は事実とは異なっており、本人にも確認していない』とし、『静かな場所で証言を聞かねばならないのに、食事をしながら問答したのが大部分。そのために証言はめちゃくちゃになったものが多い』と語った。

また、李さんは1965年の日韓請求権協定に触れ『日本からの援助で韓国の経済発展があったのであれば、今度は韓国政府が慰安婦問題の解決に積極的になって日本に先立ち私たちに賠償してほしい』と語った。

http://www.sankei.com/world/news/150703/wor1507030035-n1.html


>>>>>>>>>>>>>>>>>

ところが事の発端は日本側に本当の犯人がいたわけ。それが韓国人女性を妻に持つ朝日新聞の記者だったわけであり、作り話で印税と講演会収入を得ていた吉田なにがしであり、そして誰よりも罪深いのが福島瑞穂だった。

福島は、最初に日本軍の慰安婦だったと名乗りを挙げた金学順さんの担当弁護士の一人で、慰安婦問題の仕掛け人だったと指摘されている。

そもそも金さんが問題にしていたのは「強制連行」ではなかった。慰安所では支払いが軍票でおこなわれたために、日本の敗戦によって無効になった。その損失分を支払ってほしいという主張だったのだ。
この問題を吉田なにがしの作り話にひっかけて、「強制連行だ」「人権無視だ」「性奴隷だ」とやり始めたのが福島だったというわけである。

93年当時、NHKの職員だった池田信夫が証言する。
「金さんを連れて来て、『こう答えるように』と指導していたのが福島さんです」

実は金さんは自分が妓生(キーセン)に売られたことを暴露している。
1回目は池田信夫の番組。もう1回は記者会見に登場した時だ。「売られた」と発言している。
それを聞いた歴史研究家が福島ら弁護団に「強制連行されたという触れ込みだったけど、全然そうじゃないじゃないか」と問いかけられ「次はもっとまともなものを探して来ます」と答えている。

福島という人物は東大法学部の出身であり、そこが反日左翼活動家の本丸だったことは広く知られている。
そしてその原因がGHQによる「War Guilt Information Program(ウォーギルトインフォメーションプログラム=WGIP)」という占領政策のひとつだったことも明らかにされている。
徹底的に自虐史観を叩き込み、日本人が日本を嫌い憎むように誘導した。
その占領政策にまんまとはまったのが福島らの弁護士会だったわけだ。

ところがそうした「作為的な民意誘導」というものは、人為的なものであればあるほど、いつか必ずほころびが生じて来る。
冒頭で取り上げた李容洙(イ・ヨンス)さんのように、挺対協の主張が正しいわけではないことを内部告発の形で明らかにされている。

福島の拠り所だった慰安婦本人の証言というものも事実とは食い違っていたことが徐々に明らかになっている。
そもそもアメリカ在住でサンフランシスコ州立大学のソ・ジョンヒ教授の論文は、本ブログの6月7日掲載分の『北朝鮮の作戦勝ち』でご紹介したが、挺対協指導部は北朝鮮ならびに北のスパイと密接に関わっていることを明らかにしている。
先日、駐韓アメリカ大使であるリッパート氏に切り付けたのも北朝鮮に出入りしていた人物だった。

だから日韓外交の雲行きがあやしくなることは『誰の利益か』と考えれば簡単に答えはみつかるのであって、6月の日韓外相会談で閣僚レベルでの「合意」があったものの、ユネスコの世界遺産委員会では韓国の官僚が世界に醜態を曝してまでも反日をやらかした。
あれはパク政権が日本をだまし討ちにしようとしたのではない。
瀕死の重体に陥っている韓国が、日本経済に近づくのを嫌った北の意志が、韓国の官僚らに空しい抵抗をさせたわけだ。
韓国政府は、与党にしろ野党にしろ本当の敵が誰なのかを痛いほど認識している。
しかし韓国社会の隅々にまで北の支配が及びきっていることも同時に認識している。
日米韓同盟を阻害しようとして、韓国そのものではなく反日や反米で韓国国民の目を、同盟国に向けさせることに成功している。特に日本へ。

北がもっとも恐れるのはTHAADミサイルの韓国配備。
これによって北の核ミサイルはほとんど無力化する。アメリカ本土を狙おうと、日本めがけて打ち上げようと、あるいは韓国を狙おうと、何段階にも準備された迎撃ミサイルが用意されれば、これまでの苦労は水泡に帰すからだ。

ペテン師呼ばわりされようともギリシャにはまだ悪知恵が働く政治家がいる。
しかし今の韓国に有能な政治家がいるだろうか。

そして日本と戦争もしていないのに戦勝国を名乗りたがる愚かな国民がそれを支えている。
こうした無能な国が隣国にあるということが、日本の最大の不幸なのだ。

中国のウイグル自治区でイスラム教徒を弾圧している問題も目が離せないのだが、今日はこの辺にしておこう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR