うんざりする日本人

韓国のMERS騒動が新たな展開に来ているらしい。

韓国Moneytodayの14日付記事では、最近8日間で、韓国で中東呼吸器症候群(MERS)感染者と接触し、自宅で隔離措置が取られている対象者133人が無断で隔離区域を出て、現地警察がこれらの人々の行方を追跡していると報じた。

私は以前こう申し上げた。

現在の経済状態で2週間もの潜伏期間の間、自宅待機をすれば職を失う恐れがある人がきっと出ると。

特に自営業などの場合は、営業ができないのだから収入に直結することになる。
そうした人々は、素直に自宅で待機することは絶対に無理だろうと。

Moneytodayはこう続けている。

韓国国会安全行政委員会所属の新政治民主連合のユ・デウン議員は14日、警察の情報により、2-10日に、MERS自宅隔離者とMERS疑似感染者のうち133人は保健当局と連絡が取れず、 無断で隔離区域を出てしまったと明らかにした。

京畿道警察庁管区に隔離者が一番多く52人、ソウルは43人、忠清南道は11人、全羅北道は7人、大田市は6人、全羅南道は4人、仁川市と忠清北道は2人ずつ、釜山、光州、蔚山、江原道、慶尚南道、慶尚北道は1人ずつの合計133人が無断で隔離区域を出た。

隔離区域を無断で出てしまった対象者は、ゴルフをしたり、講義するために大学に行ったり、路線バスや地下鉄を利用したりした。

(引用ここまで)

ゴルフだの大学の講義だのと牧歌的な表現を使っているが、実際はそんなに生易しいのもではないだろうと考える。
自宅隔離では生きて行けない命がけの反抗なのだ。
だって釜山でも死者が出てるほど感染が拡大している状態で、出歩かねばならないのにはそれ相応の理由があるからだろう。

いや待てよ、それは「日本人だったら」という前提でものを見ているからなのか?
本当に韓国人は真剣味のない生き方をしているのか?

そして、このように脱走する疑陽性患者が続出している韓国では、外国からの観光客を食い止めようとして旅行者用の「MERS保険」なるものを考案したそうな。
〇〇じゃないの?

感染の疑いがある人々を確実に隔離するまでは、観光客なんて来るわけがない。

東方神起のコンサートに行った日本人は、ボロカスに叩かれてるんだから。

手を打つ順番を完全に間違えている。セウォル号沈没の時と何も変わっていない。

加えて朝鮮半島は百数十年ぶりの大干ばつだって言うじゃないの。貯水池の水が干上がってるんだってね。
こりゃ冗談抜きに難民がやって来るぞ。大丈夫か、福岡県。

日韓国交正常化50年まで1週間を切った。
直近の日韓問題は「世界文化遺産」の件で、朴がまたもやイチャモンをつけて来ていることだ。
この問題を抱いたまま両国は50周年を迎えることになる。
世界遺産委員会の協議は28日から始まる。

大統領と外務大臣が世界中を回って日韓関係の険悪さをアピールして来て、世界各国は「うんざり」ムード一色になっている。
もちろん日本国内のアンケート(産経新聞)でも73%が「うんざり」だと回答している。

お困りの国ではMERSが感染拡大しており、日本では「うんざり」が拡大している。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東方神起のコンサートと同じ会場で19日から国際看護協会が
開催する学会で日本からたくさんの看護婦さん達が参加する
ようですね。日本にも本格的に医療関係者が拡散されるようです。
たぶん日本全国の大きな病院からいくようですので帰国後は
騒ぎになるのでしょうか。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR