韓国のMERS騒動 その①

お困りの国では、もの凄いことになっている。

MERSの感染拡大が続いている韓国では、感染の確認がとれた人が18人で、それ以外の感染ルートがわかっていない女性がひとり京畿道の病院で6月1日死亡した。

すでに韓国では、感染者との接触が確認された上で隔離された人が6月1日夕刻までに680人に達しているが、日本での詳細な報道はなされていない。

MERSの感染症生殖指数は0.6と低い。この指数の意味は1人が0.6人に感染させるという意味だ。
はしかの指数が12、SARSが5、エボラは2だ。
しかし感染率よりも注意されなければならないのは致死率の高さである。MERSの致死率は40~50%と極めて高く、過去サウジアラビアでは688人が感染し、その内の282人が死亡している。

香港では疑いがある韓国からの渡航者を強制隔離の措置を執っているが、隔離を拒否している韓国人女性数名がいるとのこと。
このことで香港ならびに中国では、韓国批判の猛烈な嵐が吹きまくっている。

これは中国・アメリカ・韓国という政治的バランスがデリケートになりつつある中で、別の意味合いが発生したと見るべきなのかも知れない。

高高度防衛ミサイルTHAADの配備をするのかしないのか、韓国の出資比率が3割になると予想されているアジアインフラ開発銀行(AIIB)をどうするのか、こうした政治的局面を迎えるなかで韓国人の特性である身勝手さが表へ出て中国国民に反感を与えてしまうと、予想外の展開も視野に入れる必要が出て来るかも知れないのだ。

円安効果もあって、韓国人が選ぶ海外旅行の一位は日本なのだという。
あるていど感染拡大すれば、必ずやって来るよ。
対馬と博多と下関と羽田は気を付けていた方が良い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして
関東在住なので羽田、成田、東京モノレール、TDRは危ないですね。
特にTDRは子供や学生が多く体調悪くても無理やり地方からくるので
弱っている身体に病原菌には弱いですね。TDRは夜行バスとかが
多いので長時間密閉された車内にいるので感染しやすいですね。

sinどの

K国の海外旅行の人気ナンバーワンが日本なのだそうです。
そこで注意しなければいけないのはどこかと考えた場合、発症者が集まる場所。
そうです、医療施設。
発熱や咳などの一般外来の内科や呼吸器科。
しかも観光客が駆け込むような立地条件。
これだったらあるていど絞り込むことができるでしょう?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR