飴屋の幽霊

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、青白い顔をして髪をボサボサに乱した若い女が「飴を下さい」と一文銭を差し出した。
主人は怪しんだが、女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売った。

翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。
主人はまた飴を売るが、女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。

その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、とうとう七日目の晩に「もうお金がないので、これで飴を売ってほしい」と女物の羽織を差し出した。
主人は女を気の毒に思ったので、羽織と引き換えに飴を渡した。

翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、通りがかりのお大尽が店に入ってきて「この羽織は先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れたものだが、どこで手に入れたのか」と聞くので、主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。
お大尽は大いに驚いて娘を葬った墓地へ行くと、新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。
掘り起こしてみると娘の亡骸が生まれたばかりの赤ん坊を抱いており、娘の手に持たせた三途の川渡し代の六文銭は無くなっていて、赤ん坊は主人が売った飴を食べていた。

お大尽は、「娘は墓の中で生まれた子を育てるために幽霊となったのだろう」と「この子はお前のかわりに必ず立派に育てる」と話しかけると、娘の亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。
この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。

これは Wikipedea で『子育て幽霊』というキーワードで検索すると読まれる話である。

恐ろしくも母親の愛情を示すどこかほっとするような話ではある。
これとほぼ同じ話が長崎にも伝わっている。
浄土真宗本願寺派の光源寺というお寺には幽霊の掛け軸があって、毎年一日だけ御開帳されている。
その名も「産女(うぐめ)の幽霊」と呼ばれている。
ここでは話の内容が次のように変化する。

六文を使い果たした女の幽霊は七晩目にやって来て飴を分けてもらう際に飴のお礼にと湧水が出る井戸の位置を飴屋に教える。
その井戸は麹屋町という場所に今でも残り、その水は決して枯れることがなかったという。
ただし、この話は光源寺へ派遣された常陸の国(茨城県)の僧侶からもたらされたことがわかっている。

江戸末期の長崎には様々な文化が花開き、高度な技術を有する絵師もまた数多くいたことだろう。
話を聞いて、見て来たことのように幽霊の絵を描いたものと思われる。
毎年旧暦七月十六日(新暦八月十六日)の一日だけ(10:00~16:00)の御開帳である。

夏休み中の近隣の子供たちが寺の本堂に正座してこの幽霊画を見ながら、住職のお話を聞く。
母親の愛情の深さを教えられながら、そのおどろおどろしい幽霊画をながめる。
家に帰ってから、親子でどんな話をするんだろう。

最近の児童虐待の話題を聞くたびに、彼ら大人にこの話を聞かせてやりたかったなとそう思うこの頃である。


皆さん、ご機嫌よう。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR