不都合な国歌

私は、以前のブログ記事『硬派な話』で、原発に関しては真実が知りたいが、歴史問題に関しては事実が知りたいと申し上げた。
歴史に真実を求めると、そこで得られる答えは勝者が作った「物語」でしかないからである。

韓国と日本との近代史において齟齬があるとの問題で、「歴史を直視せよ」と韓国政府やメディアが日本へ要求し、それをあちこちの無関係な国で声高に叫んでいる。
つまり自分らが主張する歴史だけが唯一無二で正しいのであって、それと重ならないものはすべて虚偽だ、とするものである。
そこには、歴史研究であったり検証であったりする余地は残されていない。縫いしろ、糊しろが無ければ、始めから着手する価値がない。無意味だからである。

安倍や麻生や菅が韓国側の主張を完全に無視してかかっている理由はそこにある。

しかし、次々と明らかにされている歴史的事実のことごとくが、韓国に「不都合」な結果を産み続けているらしい。
長年タブーとされていた済州島での虐殺事件や、保導連盟事件など数々の虐殺を政府主導でおこなっていた件。
ベトナム戦争時に現地の人々を無差別虐殺していた件。
ベトナムやフィリピンで強姦による孤児を数多く残した件。
ひとつにはアメリカ公文書の公開時期が来たためでもあるが、もう次から次と出て来る。

そこで今日は、本日付けの産経ニュースの記事を引用してみたいと思う。

http://www.sankei.com/premium/news/150504/prm1505040030-n2.html

(引用ここから)

韓国の国歌は『愛国歌(エグッカ)』というらしいのだが、作曲者は名門中の名門、ウィーン交響楽団やベルリン交響楽団の指揮者を務めた安益泰(アン・イクテ)氏(1906~65年)。
1921年に来日して旧制中学入学。後、東京高等音楽学院(現国立音楽大学)で学んだ。
さらに米国やオーストリア、ハンガリーで研鑽を積み、35~36年ごろ愛国歌を作曲。48年の韓国建国の際、国歌に制定された。
ところが《満州国建国十周年記念音楽会=42年》で安氏が、自ら作曲した祝典曲を、自らベルリン放送交響楽団を指揮して披露したシーンのフィルムが2006年発見される。
当然韓国の“文化”に従い、安氏は親日韓国人を指弾するブラックリスト《親日人名事典》に「日本の植民地支配(史実は併合)への協力者」として掲載された。

フィルム発見と批判報道は韓国自身を追い詰めた。この国の「間の悪さ」を絵に描いたように。
祝典曲は愛国歌のメロディーの一部にウリ二つ。
日本が事実上建国した満州国と、日韓併合(1910年)で日本となった韓国の、関係楽曲が似ていても違和感はまったくない-などと言ってはいけない。
歴史には「都合」も「不都合」もなく、唯唯史実のみ存在するはずなのだが、韓国人は「不都合な歴史」に凄まじい衝撃を受けるのだ。

作曲者のみならず「不詳」とされてきた作詞者の存在も「不都合な歴史」に加わりそうだ。
2000年代に入り、次々と尹致昊(ユン・チホ)(日本名・伊東致昊(ちこう))氏(1865~1945年)だと特定する新事実が明らかになっているためだ。
尹氏は日韓併合当初は独立運動家だったが、覚醒したことで「親日派」の烙印を押された開明的人物。決定的証拠は、朝鮮戦争(1950~53年休戦)後の1954年、韓国が米国の知識人にPR用資料として無料配布した英文の小冊子《韓国入門》で、掲載された愛国歌の譜面上に、作詞は尹氏、作曲は安氏と明記されていた。

他に、米国赤十字社が52年に刊行した《国歌集》なども見つかり、尹説は相当有力になっているが、決着は不透明。
尹説に反対する勢力は「韓民族独立の父」とあがめられている独立運動家を作詞者だと主張する。
「あってはならぬ=不都合な歴史」が葬り去られ、後釜に「あるべき歴史」が据えられる韓国文化を忘れてはなるまい。

(以下略・引用ここまで)

筋道がきちんと整った良い文章だ。さすがは産経新聞だけのことはある。

これは単に韓国国歌だけのことにとどまらない。
「一事が万事」という言葉がお好きだという御仁がおられるが、このコラムはまさに「一事が万事」であって、彼ら韓国社会がいかに「不都合な歴史に砂をかけて、都合の良い作り話だけを積み上げて来たか」という証拠のような話なのだ。

月とスッポンとはこのことで、スッポンがどこの新聞社かは言うまでもない。

なお、絶対安静だった朴大統領が、安静時に何を考えたか、日本との歴史問題で進展がなくとも「(日韓関係は)別の次元の明確な目標と方向を持って進めている」と述べたという。
つまり従来から主張していた従軍慰安婦への謝罪と賠償の問題を切り離して、日韓外交のかたちを作って行くという意味だ。
ここでも私が書いた『こっち見んな!』で申し上げた通り、八方塞がりに陥った韓国政府は、世界的孤立を回避するために手のひら返しに出て来ている。

朴ちゃん、ソレやっちゃうと支持率が急落しちゃうよ。独島にでも上陸するかね?


皆さん、ご機嫌よう。産経さん、お世話になります。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR