プロパガンダの作り手

《【目覚めよ日本】占領の呪縛を断ち切り歴史認識を改めよ ヘンリー・S・ストークス氏》
2015.03.28 ZAKZAK

南京攻略戦を指揮した日本陸軍の松井石根(いわね)大将は、1937年12月の南京入城にあたり、皇軍の名誉を傷つけることがないよう、軍紀を厳正にした。
軍と同時に多数の憲兵を入城させて、不法行為を徹底的に取り締まった。

ところが、日本占領後、GHQ(連合国軍総司令部)主導の下、NHKがラジオ放送した「真相はこうだ」では、「上海の中国軍から手痛い抵抗を蒙った日本軍は、その恨みを一時に破裂させ、怒涛のごとく南京に殺到した。
この南京大虐殺こそ、近代史上、まれに見る凄惨なもので、実に婦女子2万人が惨殺された」とされた。

これは、まったく事実ではない。

現に、私がかつて所属した英紙「タイムズ」は、日本軍が南京入城した直後の37年12月18日、「(南京の)通りには死体が散在していたが、女性の死体はなかった」と報じている。

南京大虐殺は、蒋介石率いる中国国民党政府が作り上げた壮大なプロパガンダである。さらに、GHQがこれを後押しした。

GHQは、日本が二度と強国にならないよう、「日本は侵略戦争でアジアに悪いことをした」と人々を洗脳した。
これは、「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」といい、すべての新聞や雑誌、ラジオを検閲して、贖罪意識を植え付けた。
占領が終わっても、一部メディアの自虐史観は変わらず、日本や日本人を貶めるような報道を続けている。

東京裁判(極東国際軍事裁判)も問題だ。あれは民主主義の原則の下で行われた裁判ではない。
戦勝国による敗戦国に対する憎悪に満ちた復讐劇だ。公平な裁判も、公平な判決も期待できなかった。
結局、事実に基づかない「日本の戦争犯罪」を、世界に広めることになった。

いまだに、日本は「大東亜戦争」という、日本側の公式な戦争名を、新聞やテレビ、ラジオ、教科書で、ほぼ使用していない。
「太平洋戦争」とは米国側の呼称である。わが祖国・大英帝国が日本の軍事進攻で失ったのは、アジアの植民地であり、太平洋ではない。

2015年は「戦後70年」の節目の年である。日本人はそろそろ、占領の呪縛を断ち切り、捏造された歴史認識を改めなければならない。
他国が仕掛ける情報戦に勝ち抜くためにも、「真実の歴史」を知らなければならない。反日メディアによる「売国報道」を許してはならない。
 (取材・構成 藤田裕行)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150328/dms1503281000005-n1.htm

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

日本に有利だからといった低俗な理由ではない。

力ずくで作り上げられた近代史の真実が、徐々に化けの皮がはがれて来ている状況のことを、日本人がはじめて目にする時代がようやく来ようとしている。

そもそも南北朝鮮が休戦中だという認識が日本人の中で一般的になっている。
しかしこの「休戦」というのは、北朝鮮と中華人民共和国との北側と対する連合国との間に結ばれたものであって、メンツを重んじる南朝鮮(大韓民国)は調印を拒否したままになっている。
すなわち、昨今言われているように韓国から中韓米軍が「戦時作戦統制権」を韓国に移管するならば、休戦協定を拒否している国家に対して北朝鮮が黙っているはずがないのである。

つまり日本国民が普通のこととして認識していることと、韓国政府が理解していることには大きな隔たりがあることになる。

日本人はなぜここまで誤った認識で凝り固まっているのだろうか。

NHKをはじめとするあらゆるメディアが悪いのか。
しかし彼らは占領軍をはじめとするあらゆる国家の将来的利益によって、戦後政策が決定されていた。
NHKや朝日新聞はただの操り人形に過ぎなかったのである。

なぜそこまで米国が日本を恐怖したのかと言うと、一つには日露戦争のように白人社会へ刃向かって勝利するアジア人などはそれまでいなかった。
ところが白人社会を叩きのめす国家が現れた。
アメリカ、イギリス、フランス、オランダ。
どこの白人国家もアジア地域を植民地としていた。
だからそれに刃向かった日本は、完膚無きまでに叩きのめす必要があった。
その必要に利用されたのが、中華人民共和国と大韓民国の反日感情を煽る手段だった。

現在に至るまでの中韓両国の反日感情とは、実は戦勝国である欧米各国が仕組んだものだった。
そして、こうした流れを上手に利用したのが北朝鮮であり在日朝鮮人の組織だった。
この延長線上に拉致事件が発生する。
アメリカが日本叩きをやったばかりに北朝鮮の生き残りを許した格好になっている。

ところが「皇軍」という二文字を「すめらぎ」と読む日本人の意識までは理解できなかったようだ。
アメリカにせよ朝鮮にせよ支那にせよ。

今になって「まぁまぁ」とオバマが言い出したが、この問題の原因を作ったのはアメリカだったというお粗末だ。

左翼の皆さん、理解できるかな?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR