日本の近代史教育

韓国がなぜあそこまで日本を非難するのかという基本的な疑問から始めよう。

歴史的に観て、南北朝鮮という国は他国と戦った経験がない。
常に他者からの侵略を許して来た民族だ。
それは東南アジア各国にも同じ事情の国はある。

しかし明治維新を経た後の日本は、白人国によるアジアの植民地化に危機感を募らせていた。
明治天皇は戦争には反対するものの、植民地として日本が侵略されたならば先祖にどのようにお詫びすれば良いのかといった思いをつづられている。

日露戦争というものは、結果的に勝利で終わったがためにあまり深く掘り下げられていないけれど、日本の歴史上、類を見ないほどの大事件だったのである。

朝鮮は何も抵抗することなく「さぁどうぞ」と言わんばかりに降参したけれど、日本はロシアの南下を許さなかった。
許せばそれは植民地にされるという意味であって、国家は消滅してしまう。
だから当時の政治家は能力のすべてをかけてあらゆる方法を駆使してロシアと戦った。

このことは、太平洋戦争以上に日本の近代史にとって重要な出来事だったはずだ。

そして帝国陸軍の乃木将軍と、帝国海軍の東郷元帥の功績によって勝利している。
これによって有色人種の国が有史以来初めて白人国家に勝利するという前例のない事実を作ってしまった。

アメリカやイギリスやスペイン・オランダなどに支配され続けていた東南アジア各国は目を見開いた。
東南アジアだけではなく、中東各国も日本の功績を讃えた。

しかし、朝鮮と支那はそうではなかった。
自分らは戦わずして国土を譲り渡してしまったという恥ずかしい過去がある。
そのために日本の行為を「侵略」と定義せざるを得なかったわけだ。

ナチスドイツがおこなったユダヤへの虐殺をいまだに言っているが、実はナチス以上の虐殺をおこなったのは現在の中国でありそして韓国なのである。
中国で言えば文化大革命であり、韓国においては4・3事件やその他の隠された虐殺事件が枚挙の暇がないありさまだ。
日本を攻撃することによって自らの犯罪を隠そうとしている。

日本の近代史教育は明らかに不備があって、きちんと正しい歴史教育をすべきだ。
朴大統領も言っているではないか。「歴史を忘れた国に未来はない」と。

ウソを教えろだとか、都合の悪いものには蓋をせよだとか言っているわけではない。
正しい歴史教育が受けられない日本人の子供たちが可哀想だと言っているだけだ。
グレンデールの日系児童らが不当な苛めに遭っているとか。
二階さんよ、これを何とかせずに日韓友好は来ないよ。
肝に命じておくべきだ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR