日本人を扱う6ヶ条の秘訣

明治7年4月、日朝交渉をしていた日本側代表は『朝鮮人が日本人を扱う6ヶ条の秘訣』­なるものを入手した。
その秘訣が考案されたのは江戸中期、作者は不明だが、その内容は­驚くほどに・・・

朝鮮人が交易における、日本人懐柔法の手引書「朝鮮人が日本人をあつかう6ヶ条の秘訣」(公文別録・朝鮮始末391頁に記載)にあります。

一、 遜辭 屈己接人辞氣温恭 (腰を低くして接する)
一、 哀乞 勢窮情迫望人見憐 (憐れみを誘う態度を取る)
一、 怨言 失志慷慨激出怒膓 (狂ったように怒る)
一 、恐喝 将加威脅先試嚇動 (威圧し脅す)
一 、閃弄 乗時幸會翻用機関 (あらゆる機会に乗じて翻弄する)
一、 変幻 情態無常眩惑難測 (ころころ態度を変えて惑わす)


以上の内容は明治7年4月に日朝交渉に臨んでいた日本側代表が確認した。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この「狂ったように怒る」というのは、朴大統領に該当します。

「威圧し脅す」というのは尹 炳世(ユン・ビョンセ)外務部長官のことです。

「あらゆる機会に乗じて翻弄する」とは日本国内の社民党と民主党に該当します。

そして「ころころ態度を変えて」という部分は、リッパード駐韓大使が斬りつけられたテロ事件に対して、韓国世論が「反省」だの「英雄」だのと言っている状況を指します。

見事に民族性を読み解いていますね。
朝鮮民族は何百年たとうと、変らないということの証なのです。


このような民族と付き合って行く価値がありますか? 二階さん。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR