竹島問題の本質

少し角度を変えて見てみましょう。
なぜ日本と韓国は島根県の竹島をめぐって意見対立をしているのか。

これは単に「排他的経済水域」だけが問題になっているのではなく、実は近代史における事件があったのです。
竹島の領有がどちらかに決着することで、一方が加害者、もう一方が被害者となる微妙な事案なのです。

それはどういうことなのかと言うと、李承晩によって竹島の領有を主張した大韓民国は竹島周辺で漁をする日本船を片っ端から拿捕し、どうかすると銃撃まで加えて死者まで出した歴史がつい最近起きていたのです。
拿捕抑留者数、3,929 人。
拿捕された船、328隻。
死者数、44人。
これだけの被害が発生したのであって、もしこの竹島が国際司法裁判所によって日本の領土だと認められた場合は、当然日本政府は韓国政府に対して謝罪と補償を求めることになるわけです。

韓国がどうしても竹島を「我が領土だ」と言い張り続けざるを得ないのは、実はここが重大なポイントだからなのです。

竹島が韓国の領土であるという前提で日本漁船が拿捕された。
銃撃までされ44人が亡くなっている。
しかも上記の328隻という漁船は帰って来ていません。侵犯したということで没収されているんですね。
この4000人近い漁民を人質に取られた日本政府は、国内の在日朝鮮人の犯罪者472人を釈放した上で在留特別許可まで与えた。
これらの子孫が現在でも日本に居座っているわけです。

やった方もやられた方も、この事実は明確に記録してあるんです。
その上で、竹島の領有を争っている。
拿捕の根拠が崩れることを恐れた韓国政府は、何が何でも自国の領土だと言い張り続けるしかないわけ。
その相手の弱点を見透かした日本政府は、島根県に政府要人を出席させて「竹島の日」を毎年実施しているわけ。

蟻の一穴という言葉がありますが、竹島問題が国際司法裁判所に提訴された場合、日本の主張が通る可能性が高いんです。
なぜかと言うと、日本をGHQが占領統治していた頃、領有を主張する韓国に対して米国が明確に否定しているからです。
そうした公文書が出て来ると、司法判断は日本の主張を通す可能性が高くなる。

すると日本は拿捕の際の補償問題へと展開する。
韓国は李承晩時代のことを謝罪する必要に迫られる。
現在の日韓関係が、180度逆転するんです。
もしくは、日韓併合統治時代の出来事と相殺されるかも知れない。「お互い様だ」ということで手打ちになる。
従軍慰安婦だの戦時徴用工だのという問題も、日本が持ち出しで建設した朝鮮内のインフラと日本人住居などの残して来た資産とで相殺されることになる。
製鉄や造船や自動車産業での技術協力なども日本が援助して今日の韓国がある。
だから譲歩する必要は韓国側が多い、ということになって来る。
すると韓国の政権はもたない。国民から激しく突き上げられて南北統一どころの話ではなくなってしまう。大混乱が起こる。

だからウソでも何でも、とにかく竹島は韓国の領土だと言い張り続けて、しかも国際司法裁判所へ提訴されないように駄々をこね続けるしか道がない。

このことは日韓両国の政府や外交部がしっかりと含み合っているはずなんですが、表立ってこれを取り上げると互いに引けなくなってしまうので「最後の切り札」として今は温存している状態。
これが本当の「竹島問題」なんです。
もし私が北の工作員として韓国に潜入していたとすれば、竹島が日本の領土であると証明できる物を韓国国内から見つけ出せば良いわけです。
それで南の政権はズタズタになり、国民は大混乱になる。
日本政府はこれまでの恨み辛みを倍返し(ちょっと古かったかな)にして来る。
竹島問題とは、それくらい微妙でしかも効果抜群の素材なんですね。

しかし、深く考えなかった李明博という小者が中学生ほどの判断で上陸してしまった。
これを観た小学生ほどの理解力しかない韓国国民が、サッカーの国際試合などで「竹島は我が領土」だと横断幕を張った。
韓国政府にとってみれば、一番触れてほしくなかった部分に大統領が真っ先に手を付けて、その火がバカな国民に燃え広がった。
李承晩時代にやった大失敗の借金が、そのまま残っているのを知らない大統領がノコノコと上陸して、天皇陛下に土下座を要求した。
このことで韓国国民のナショナリズムに火が点いた。
だから李承晩が作った巨額の借金はそのまま朴槿恵へとバトンタッチせざるを得なかった。

いま朴は慎重の上にも慎重に政権運営をしなければ、地上から一つ国家が消滅するかもしれないほどの崖っぷちに来ているのは、こういった背景があるからなんです。
何故ならばあの国はいまだに戦時中なんです。そんな国、世界にいくつもありませんよ。シリアとウクライナくらいなものかな?

ロシアとの間にある北方四島の問題は領有権の問題です。
しかし竹島の問題は、拿捕銃撃という行為が正当なものか犯罪だったのかという話なんです。

日本人としてはっきりと認識しておきたい部分です。



皆さん、ご機嫌よう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR