アルゼンチン・タンゴについて

先日、鬼平犯科帳にかこつけてフラメンコ・ギターの話をしたんですが、こうした舞踊とミックスになった民族音楽というのは世界各国にあって、当然のことのように音楽だけでも優れた芸術性が求められるわけです。

いろいろとあるんですが、私はタンゴも好きなんです。それもダンスがメインなのではなく、きちんとした音楽として。

タンゴには、ヨーロッパを中心にして広まったコンチネンタル・タンゴと、南米のアルゼンチン・タンゴとがあります。

本家はアルゼンチンの方なんですが、そのルーツはどうやらドイツからもたらされたものだという理解が一般的らしい。

と言うのも、アルゼンチン・タンゴで使われるバンドネオンという楽器は元々ドイツの楽器であって、すでに制作する楽器職人はアルゼンチンにしか居なくなっている。

それに対して、ダンス音楽として流行させたヨーロッパ、特にフランスがバンドネオンの代わりにアコーディオンで代用させた。

どうやらこの辺から、アルゼンチンとコンチネンタルの味付けが変化して来ているような気がするわけです。

コンチネンタルで代表的なのは「奥様お手をどうぞ」。いかにも上流階級のダンス遊びの音楽でしょ?

それに対して本家であるアルゼンチンの方はどうか。

「バンドネオンの嘆き」とか「ラ・クンパルシータ」だとかと、とにかく人生のシビアさを謳い上げているわけ。たまに来日コンサートなんかがあっているんですが、生演奏を聴くと鳥肌が立つような凄みがある音楽なんです。

私は昔、タンゴ愛好家で作るバンド(5人編成で、スペイン語でキンテート)から、バンドネオンをやってみないかと誘われたことがあった。

触らせてもらったのだけど、右も左もスイッチのようなボタンしかなくて配置もばらばら。とにかく分かり辛い楽器で即座に辞退したことがありました。

アコーディオンのように大きくなくて、「手風琴」と呼ばれたほど小さな楽器でした。

ところがアルゼンチン・タンゴで一旦この楽器が叫び始めると、ホールいっぱいを震えさせるほどの大音量を奏でる。

初めて聴く人を一発で魅了する楽器です。

人から「最近はまっているものは?」と聞かれて、「タンゴ」と返すとほとんどは社交ダンスのことを連想するらしく変な顔をされる。

しかし、ファン・ダリエンソ楽団の『エル・チョクロ』を聴いてからにしてほしい。

バンドネオンの音色の何と切れ味の良いことか。

バンドネオンのソロを楽しむのであれば『バンドネオンの嘆き』が良いだろう。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは南米のパリと呼ばれていて、街の造りは清潔できちんと整っている。アルゼンチンの全人口の96%が白人で構成されています。

1930年代のスペインにフランコという独裁者がいたことから、文学や音楽の正統派たちがマドリードからブエノスアイレスに脱出したんですね。

芸術文化の流出どころか、そのほとんどが引っ越したわけです。

スペインでの内戦を受けてパブロ・ピカソがゲルニカを描いたのが1937年でした。私はフラメンコが好きなぶんスペインの近代史も知っておく責任があったわけ。

1936年から1939年まで続いた内戦は、反ファシズム左派であるアサーニャ率いる人民戦線と、フランコ率いるファシズム陣営の反乱軍が同じファシズムだった当時のドイツ・イタリアを巻き込んで内戦状態に持ち込んだわけです。

この延長線で第二次世界大戦へと発展することになるわけですが、そうした時代背景を『アルゼンチン・タンゴ』は抱えているわけ。

『奥様お手をどうぞ』なんてのんびりしたことを言ってられなかった。

だから非常にこの音楽は緊張感があって迫力が他の音楽とはだいぶ違う。

アニメ「あたしんち」に出て来る「お母さん」が鼻歌で歌う『情熱の赤いバラ~』という民族性がそのまま出ているのがアルゼンチンなわけ。

そういったことを把握した上で、もう一度『バンドネオンの嘆き』を聴いてみると、単なるダンスのバック演奏ではないことがすごく良くわかると思います。

誤った捉え方かも知れないのだけど、私にとったらフラメンコにせよタンゴにせよ、あれは踊るためのものではなく、聴くためのものだと思っています。



YouTube で『宮田定洋 バンドネオンの嘆き』と検索すると、duo倭yamatoというファイルが出て来ます。私の感覚的には最もスタンダードな演奏が聴けるような気がします。

切れ味の鋭さで言えばファンダリエンソ・キンテートレアルの『Felicia』が最高なんだけど、あまり欲張っても仕方がありませんね。

ああ今日もまた熱く語ってしまった。



皆さん、ご機嫌よう。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR