明治物語

今日の関東地方は冷たい雨が降っている。
若い頃好きだったハイファイセットの歌を思い出す。

少し気になって中国大陸東北部からやって来るPM2.5をネットで調べてみた。
急増している。
環境基準値が35(マイクログラム/立方メートル)を前提として見た場合、本日の13時時点で西側に開いた長崎県大村市で52、同じく西に開いた福岡県大牟田市で69、柳川市で63。
逆に東に開いた長崎県の島原市が、昨夜の午前1時から13時まで毎時ずっと基準値超えになっていて、平均値は46。最高値は今朝の7時の55。
佐賀県の公式ホームページは見方がわからない。よほど下手な担当者が作っているものと思われる。

衛星画像を見ると大したことはなさそうになっているが、このPM2.5の増加傾向は2月初旬まで続くとされている。

さて、我が家では最近「meiji」に凝っている。
明治製菓であり明治乳業のことだ。

明治製菓の商品に「チョコレート効果」というものがあってカカオ72%、カカオ86%、カカオ95%、のラインナップになっている。
個包装されていて、それぞれ一粒あたりのポリフェノール含有量は、72%が127mg、86%が136mg、95%が142mg。
ポリフェノールは動脈硬化を防ぎ、抗酸化作用があり、ホルモンの促進効果があるとして健康食品の代名詞のように言われて来た。
しかし、だからと言って赤ワインなどをガブ飲みすればもちろん肝臓の負担を増やすことになるし、チョコレートを食べ過ぎると血糖値を上げることにつながる。

そこで女房どのが買って来たのは95%というもの。ポリフェノールの含有量は飛びぬけている。
しっかしコレは苦い。
甘味はほとんど無く、ただひたすら苦い。

チョコレート効果95



「1日一粒で良いのよ。毎日お食べなさい。」と他人事のように言うが、こんなもの1日に何個も食えるはずがない。
私は薬だと思って食べている。

それとは別に、女房どのは自分用の明治製品を買っていた。
ブルガリア・ヨーグルトの改良株だとかで「1073R-1乳酸菌」と表示してある。
テレビCMのキャッチコピーは「強さひきだす乳酸菌」

20120131234209737.jpg



明治乳業では、2010年の6月から山形県舟形町に、2010年9月から佐賀県有田町に、それぞれ保育園・幼稚園・小中学校・関係職員を対象にしてR-1ヨーグルトを提供して健康への効果を調査した。
結果は同年の12月に表れて、周辺地域で多発したインフルエンザによる学級閉鎖が、試験地域ではゼロだったというものだった。
調査対象は舟形町の児童544名と、有田町の2468名。調査期間は開始月から起算して1年間だった。
莫大な資金をかけた一大プロジェクトだったはずだが、見事に大成功を収めた結果に市場での売れ行きは爆発的となり、インフルエンザ・シーズンの昨今はマーケットの棚から商品が姿を消しているという。
「やっと見つけて来たのよ。勝手に食べないでよ。」

人に苦いチョコを食わせておいて、つまみ食いをするなと言う。我が家にもモラハラがあるようだ。
どれ、こぶ茶でも入れるとするか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR