FC2ブログ

幼い目撃者

政権が民主党に移り、鳩山内閣が発足したのは今から9年前の2009年9月のことだった。つまり、現在18歳で選挙権を得た若者が小学3~4年生だった頃のこと。物心ができて社会を眺める能力が付きつつある年齢。

9月の発足時には60.6もの支持率を誇っていた鳩山内閣はその後、普天間基地の移設問題で「最低でも県外」と発言し、オバマ大統領に「トラスト・ミー」とやらかしたことで、「大丈夫かこいつ」という不信感を国民に与えた。翌2010年の1月には民主党幹事長を務めていた小沢一郎の元秘書らが逮捕され、同年5月には普天間基地の県外移設を鳩山首相が断念するに至って支持率は急速に下落。5月30日に社民党が連立を離脱するや支持率は20%となって不支持率が60%を突破する。

2010年の6月2日、鳩山首相が退陣表明し同月8日に管内閣が発足するも翌7月の参議院選挙で民主党は大敗。国会は「ねじれ」に突入する。

9月7日に中国漁船が尖閣諸島沖で海上保安庁の船に体当たりするという事件が起きる。この処理を巡って仙石の大失策が世間に知らされ、徐々に民主党の本性が暴露され始める。

菅内閣のあいだ政権支持率は50%に届くことは1度もなく、2011年1月31日、政治資金規正法違反容疑で小沢一郎が強制起訴を受ける。3月6日、前原外相が在日外国人から献金を受けていたとして辞任。その5日後の3月11日に東日本大震災が発生。菅首相は中部電力の浜岡原発の全面停止を強制し復興基本法を成立させるとともに脱原発依存を表明した菅首相は辞意を提出。

2011年9月2日、支持率50.1%で出発した野田内閣は8日後の9月10日、鉢呂経産大臣の不適切発言(福島の被災地を『死の町』と表現)による辞任で大きく出足を狂わされる。

同年12月、一川防衛大臣の失言(「私は安全保障の素人だが、それが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」)、山岡消費者担当大臣の失言(「近々、ユーロは破綻(はたん)するのではないかと内心思っている。そうなると中国のバブルも破裂する可能性がある」)を受けて問責決議案が提出され、国民の政権不信がピークに達する。2012年1月に改造内閣を発足させた野田内閣は、前田国交相(岐阜県の下呂市長選に際し、前田武志国土交通大臣名で業界団体に対して特定候補への支援を要請する文書が送付される)の問題ならびに田中防衛大臣(審議中に行方不明となってコーヒーを飲みに行っていたことが判明)の問題など、相次ぐ不手際で野田内閣は空転し続け、政権支持率は30%を超すことは1度もなかった。

野田内閣は2012年8月10日、消費増税法案を成立させるが同日韓国のネズミ男が竹島に上陸。9月11日、野田は尖閣諸島を国有化する。(つまり日本国憲法を知り尽くした中国に侵略の糸口を与える結果になった)

10月23日、田中法務大臣の暴力団との交際が発覚して辞任。同年11月16日に衆議院が解散。



ざっと見回しただけでも民主党政権の3年間は何だったのか、日本国民の不幸を凝縮した暗黒の時間だったことがはっきりとする。しかし、それを選んだのは紛れもなく日本の主権者たる有権者であって、その反省が得られていない証拠が東京都知事選だった。

それらをじっと沈黙して見つめていたのが、当時の子供たち。多感な思春期を無能な政治家と行政のデタラメと自然災害の脅威を受けて育った世代。彼らがようやく社会に出ようとしている。

宮城県庁で村井知事を怒鳴りつけた松本復興担当大臣のふるまいは毎日のようにテレビに流され、それを見て育った子供たちが大人になっている。民主党政権とは「反面教師」だったのだろうか。

だから、現在の安倍政権の支持率が若年層に厚くなっている現象は、若者が右傾化しているからではなく「民主党政権時の逆説的成果」だったと言えるだろう。円安が戻り就職率が好転している現在、政権支持率が上がるのは当たり前なのだ。

だから簡単な話として、民主党政権時にやったことすべてを反対にすれば国民の幸福がやって来る。復興法案を撤廃し、再稼働可能な原発は動かす、無能な防衛大臣は追い出し、仕訳けで削った公共投資は増額させる。ほら、ひっくり返せば良いだけだ、簡単な話だ。これならバ○でもできる。



なお後日談だが、宮城県庁で不遜な態度に出た福岡選出の松本龍氏は、問題発言で引責辞任した直後の2011年7月12、地元福岡の九大病院に入院し、2018年7月21日に肺がんで他界している。ただし2011年時点での入院は躁状態だったと言われており、同年9月20日に退院していることから、肺がんとの関連性は疑わしいとされている。

ま、そういうご仁だったということであり、かつ、そのような人物が多く群がっていたのが当時の民主党だったという理解でこと足りるだろう。

お後がよろしいようで。




スポンサーサイト
プロフィール

old comber

Author:old comber
硬派と軟派の二重人格がまき散らす猛毒 ショック死しても知らないよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR