FC2ブログ

これまでなかった事

台風21号の影響が四国・関西を中心に広がっている。日ごろから950ヘクトパスカル以下の低気圧には注意しろと言ってきたことがそのまま当てはまった。

ところがそれはこれまでの経験値で言って来たのであって、初めて聞くような驚くべき災害が起きていた。

何でも、兵庫県西宮の中古車オークション会場で、「高潮で浸水した後、水が引いたらクルマから火が出た」という119番通報があったとか。火は周辺の展示車両に次々と引火し、約100台に拡大。

通報を受けた消防局も冠水のために現場周辺に入れず消火が遅れたという。

兵庫県警甲子園署は、浸水が原因でクルマがショートした可能性もあるとして詳しい原因を調べているという。

しかしこれは初めて聞く話だ。たとえ海水だったとしても、それが原因でショートしたり出火したりするというのは今まで聞いたことがない。台風災害が多い九州で生まれ育ったけれど、海辺の集落も含めてこんな出来事は一度もなかった。

考えられることとすれば、昔はなかったハイブリッド車に起因するのではないかということ。バッテリー依存度が半端なく増えているから。

そして、これまでになかった物とすれば風力発電であり太陽光発電だ。知識の蓄積があまりにもなさ過ぎる。

メガ・ソーラー発電に至っては山林や耕作放棄地の無暗な伐採が土砂災害の原因を作っているとも指摘されている。

「これまで経験したこともないような災害」と喧伝されているが、実は経験不足な技術開発がその原因を作っているのではないか。

風化が激しい花崗岩が多い中国地方で、これまで手付かずだった山林が宅地として開発されて来た。「これまで経験したことがない」はずである。

日本国中に杉やヒノキを植林し続けた農林行政は、これからツケを払う時代に入ったのかも知れない。

まさか、冠水したクルマが火を噴くなんて、ちょっと前まで想像もできなかった。竜巻でも来て、隣の家屋が倒壊すれば、ソーラー・パネルから火が出るかもよ。



皆さん、お気を付けあそばせ。




スポンサーサイト
プロフィール

old comber

Author:old comber
硬派と軟派の二重人格がまき散らす猛毒 ショック死しても知らないよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR