FC2ブログ

戦争の利益率

韓国は休戦中であって終戦を迎えたわけではない。だから戦時体制として国民に徴兵を課している。それは在日の長期滞在者であっても同じこと。欧米に留学している人も同様。兵役が終わらないうちは韓国国籍から離脱することはできない制度になっている。つまり国籍変更することは不可能なわけ。

しかし朝鮮戦争が終結し、終戦宣言さえしてしまうと、その必要がなくなる。つまり敵国としての北朝鮮の脅威がなくなるということであり、国民の労働力を産業に投入することが可能になるわけ。と同時に在日韓国朝鮮人らが、日本国籍を取るための(韓国・朝鮮からの)国籍離脱が比較的容易になるということ。

だとすれば在韓米軍の存在意義もなくなるのであって、在韓米軍の基地は返還に向かう。

一見すれば「良いことずくめ」のように思えるが、そこでいつものように「誰の利益か」と考えてみよう。

まず中国が朝鮮半島をにらむ必要がなくなるのだから、台湾に集中できるようになるということ。在日韓国朝鮮人の2世3世たちも日韓両国から継子扱いされずに済むようになるし、韓国軍もハリボテ兵器を開発しなくて済むようにもなる。

ただし朝韓両国の反日感情が集中して日本へ向けられることになるし、韓国経済は北朝鮮と結びつくことによって確実に奈落の底へ突き落される。通貨も暴落するだろうし、韓国のデフォルトはまず間違いなくやって来る。

緩衝地帯がほしいだけの中国ロシアが援助するはずがなくて、朝鮮半島は石器時代に逆戻りする。

ロシアのラブロフは日米同盟の存在によって、絶対に北方領土の返還に応じようとせず、それによって日露の経済連携は不可能なままになる。プーチンが何を考えようとも、ラブロフがいる間は何も進展しない。

ラブロフに完全にコケにされたのが自民党の岸田。岸田がポスト安倍にノコノコ出て来れば、ロシアから子供扱いにされることは必至になる。現在の「プーチン安倍」の関係は一代限りとなるが小泉や石原ではもっと悲惨なことになる。

北朝鮮には手つかずの地下資源が眠っているとされているが、そっちへ色気を出さなくても日本の近海の熱水鉱床があり、深海掘削技術も発展して来ている。ロシアの魅力は天然ガスだったが、高圧低温の液化技術は日本製だ。そして原価がかかるそうした液化技術を用いなくても、メタンハイドレートなら自然に氷になってくれている。つまり北朝鮮もロシアも「お呼びじゃない」ということ。

さてそうなると朝鮮戦争を終結させるメリットは、少なくとも日本にはないと言うことが読めて来る。

アメリカにしても、軍事産業の売り先が減るということには不賛成になるはずだ。ロクな整備技術も持たない韓国がF-16戦闘機を欲しがるのも、戦争が終わっていないからだ。トランプ大統領は貧しい韓国に何を売る? 兵器しかないではないか。

だから、朝鮮戦争の終結を声高に叫ぶ連中にはそれなりの利益があるからなのだ。

NHKが何を言い、TBSが何を言い、テレ朝が何を言ったとしても、その魂胆がどこにあるかを知っておこう。



それにしても朝日生命は良い迷惑だよな。どうしてこの名前が付く企業はうまく回って行かないのだろうか。




スポンサーサイト
プロフィール

old comber

Author:old comber
硬派と軟派の二重人格がまき散らす猛毒 ショック死しても知らないよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR