韓国が造った潜水艦

この数年間に建造された海軍の最新鋭潜水艦が公表されていた性能に及ばないことを知りながらも、海軍がこれを黙殺し購入していた事実が明らかになりました。

一度潜行したら数週間連続で作戦行動ができると思っていましたが全く違いました。

キム・テフン記者が取材しました。

いわゆる214級と呼ばれる1800トン級の最新鋭潜水艦です。2008年、孫元一艦を筆頭に建造され、安重根艦まで3隻が戦力化されました。

海軍関係者:
既存の潜水艦(209級)は、水中に一度入ると、数日の間なら耐えることができます。しかし、この潜水艦(214級)は数日から数週間の間、水中で作戦行動を行なうことができる性能を有しています。
しかし、実際には連続潜航が可能な期間は「何週間」ではなく「数日」に過ぎなかったのです。
空気が無い水中では、エンジンを稼動させる燃料電池が10日間以上作動する仕様でしたが、故障して停止しているからです。

潜水艦3隻の燃料電池は、海軍が購入する前から、すでに93回も故障した事実も確認されました。
海軍はこれを知っていても3隻を購入し、購入した後も燃料電池はなんと102回も停止しました。
監査院の監査結果、防衛事業庁は10日以上連続作動しなければならないドイツ製燃料電池を、一日だけ稼動してみた後、合格判定をだしました。

アン新政治民主連合議員 国防委所属:
潜水艦の最大の能力を確認した後、戦力化を行った艦にもかかわらず、大雑把な試験評価を行ったのは問題があります。
防衛事業庁は進水してから6年が経過した昨年、燃料電池の冷却システムに問題を見つけ、今年上半期に修理を終えたと明らかにしました。
修理した燃料電池が潜行した状態で10日以上動作するかを今月中に再検証する計画だと防衛事業庁は明らかにしました。

引用:ネイバーニュース/SBS
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD
&mid=sec&sid1=100&oid=055&aid=0000288523

yntbhvgrecw.jpg


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

今さら驚くべきニュースでもないのですが、我が国の天下り官僚組織と同質の根深い問題が韓国社会にも根付いているらしく、国防予算が一部の軍人らによって私物化されています。
戦争の準備をすべき予算が、個人的にまたは組織的に横領されている。
これでは国民の安全を担うべき者は、誰もいないということです。
それなのに在韓米軍に「出て行け」と言っているのですから、これはもう「自殺願望」以外の何物でもありません。

日本の国土強靭化計画とかオリンピック特需とかいったものも、裏を返せば一部の者たちの私腹を肥やすだけの目的でしかないことは明白なんですが、少なくとも防衛装備についてはかなり先端技術を導入しつつあるらしく、辺野古埋め立てといった土木工事に関した癒着は別としても装備自体は優れたもので占められている。
それに対してあちらでは、潜水艦は潜らない、水上艦は漂流する、戦車の大砲は的に当たらない、新型ヘリは数十分しか飛ばない、弾薬の備蓄は1週間分ほどしかない、関係者に「やる気」が無いんですね。
こういう国が原発を管理していることがそもそも恐怖なんですが、日本もそのあたりは笑えません。

延坪島を砲撃したように、北朝鮮の長射程榴弾砲がケソンあたりから発射されればソウルは簡単に火の海になるのであって、部品取りしているF15では対応することは難しいでしょう。
先の朝鮮戦争で北が中国人民解放軍の手を借りてソウルに攻め込んだ時、李承晩は市民を放り出して我先に逃げ出したんでした。世に言う漢江人道橋爆破事件です。
自国の軍隊の実力を一番理解していたから、最高指揮官である大統領が真っ先に逃げ出したんです。

おそらく今後の韓国のリーダーも同様の姿を見せるはずです。
口では先進国のようなことを主張していても、有史以来戦いに勝利した歴史が一度もないのがこの国なんです。
逃げた歴史しか持たない民族なのです。

政治腐敗という意味では日本も「目くそ鼻くそ」なんですが、連合国軍の中でアメリカ以外とはすべて勝利したのが我が国でした。
日露戦争にも勝ったんですから。ヨーロッパの人々はそういう目で日本を見ているんです。

6年かけても故障原因を見つけられない韓国の造船技術と、かたやオーストラリアが欲しがる日本製の潜水艦。
比較する方が失礼です。
魚雷の設計をしていた人物から聞いた話ですが、武器輸出が可能になった場合日本製の魚雷は世界中が欲しがるはずだと言っていました。


皆さんご機嫌よう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR