FC2ブログ

元凶

拉致被害者、田口八重子さん(62)=拉致当時(22)=と、田中実さん(68)=同(28)=が北朝鮮に連れ去られて6月で40年が過ぎた。事件当時、日本国内には数多くの北朝鮮工作組織が存在し、それぞれが暗躍。2人に接点はみられないが、拉致に関与したとみられる工作員や工作組織は密接につながっていた疑いが浮上している。

田口さんは事件当時、2人の幼子を育てるため東京・池袋の飲食店で働いていた。客の中に、田口さんに会うため頻繁に通いつめた羽振りの良い常連がいた。「宮本明」を名乗ったこの人物は、北朝鮮から潜入した工作員を支援する在日の補助工作員「李京雨(リ・ギョンウ)」だったことが警察当局の調べで判明している。

「李京雨」はさまざまな外事・テロ事件で捜査線上に浮かんだ人物だった。

1987(昭和62)年の大韓航空機爆破事件の実行犯、金勝一(キム・スンイル)工作員(自殺)が所持していた「蜂谷真一」名義の不正旅券の入手に関与。もう一人の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員(56)の日本人化教育を担当させられたのが田口さんだったことをみれば、大韓航空機事件は「李京雨」が介在していた工作活動のネットワークの中で起きたことが分かる。

(以下略)引用産経ニュース 2018.6.29

北朝鮮による拉致被害者で神戸市出身の田中実さん=拉致当時(28)=と、特定失踪者の金田竜光さん=失踪当時(26)=の失踪に関与したとして、救う会兵庫(長瀬猛代表)が国外移送目的略取罪で兵庫県警に刑事告発していた元ラーメン店店主の男(73)が、今年春に死亡していたことが1日、関係者への取材で分かった。病死とみられ、捜査当局も死亡を把握している。

関係者などによると、田中さんと金田さんは失踪直前、元店主が経営していた神戸市東灘区のラーメン店に勤務。田中さんは昭和53年6月、元店主から海外旅行に誘われ、成田空港からオーストリア・ウィーンへ出国後、消息を絶った。

翌54年には、オーストリアから投函(とうかん)された、田中さんが差出人の国際郵便が金田さんに届き、金田さんは東京に向かったまま行方が分からなくなった。

救う会兵庫は、2人の失踪には、元店主と、指示役とされる在日朝鮮人の非公然組織「洛東江」の元最高幹部の男(77)が関与したとして、平成14~15年に、国外移送目的略取罪で兵庫県警に刑事告発した。

元店主はその後、青森県八戸市に転居。15年、産経新聞の取材に「元最高幹部が一部始終を知っている。(彼に)話をさせるべきだ」と答えていた。

引用産経ニュース 2014.9.2

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

いかがだろう。同じ産経新聞が4年近く前に報じていた記事が、そのまま今日の記事につながっている。

つまり日本ではこの手の捜査が進められていないことを意味している。それだけ北朝鮮のネットワークが日本に根を張り巡らしているという何よりの証拠になっている。

社会党のパイプを利用して金丸信とか小沢一郎が利権にしようとしたし、それは近年の小泉訪朝にも言えること。日朝平壌宣言の詳しい内容はいまだに伏せられたままだ。国民の耳にフタをしたままで、自民党は何をやろうとしていたか。

その総仕上げがまさに民主党政権だった。日中関係も日韓関係もぶち壊しにしたのが民主党政権だったわけで、北朝鮮にとってみれば笑いが止まらなかった。そこからだよ、長距離ミサイルの開発が加速したのは。

だから「金丸」「小泉」「野田」という一連の流れは全部つながっていたことになるわけ。

尖閣を東京都が所有しようとしたのは「自治体」が所有権を持つということであって、外国は口を出すことができなかった。ところが野田が勝手に「国有」にしたもんだから中国が国家間の問題として口を出せる状態にしてしまった。

慰安婦や竹島の問題にしても、民主党政権時代に蒔いた種が基になっている。

そういう理解でよろしかろう。ね、朝日さん。





スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR