FC2ブログ

他人の不幸がメシの種 2

ほら言わんこっちゃない、災害報道には「マスコミのお邪魔虫」が必ずもれなく付いて来る。しかも今度は天下のNHK。

大阪地震の被災地の中学校で、グランドに集められた生徒を撮影しようとして無許可に立ち入ったカメラクルーが、教諭から叱責されてそのままスタジオが「こりゃマズい」とばかりに中継を打ち切った。しかしオンエアされた電波は回収できない。

生徒を許可なく撮影しようとしただけではなく、学校の敷地に無断で入るという行為はもはや常識を持ち合わせていない人物だということ。そういった人格に欠損がある者にNHKの腕章を付けさせて取材させていたNHK大阪支局の責任は重い。

その場面はたぶん全国放送されたはずで、ほんの数秒だったがカメラ・クルーの判断ミスにとどまらず、スタジオ自身がNHK全体を代表してお詫びすべき大失態。

NHKに期待するものは「時報」と「天気予報」と「災害報道」だけしかないとされているが「災害報道」も自粛すべきだということが明らかになった。

親類縁者や知人などが大阪にいる家庭は少なくないだろう。全国の国民が(あるいは海外でさえもが)固唾を飲んで中継を観ていたはずであり、それもCMに邪魔されないNHKをあえて選んでいたのにあのザマ。

報道局や制作局、あるいは社会部などの首をいくつか落としてもおかしくない失態。モリやカケで騒いでいるヒマがあったら、こっちが先だ。何が「放送と通信の融合」だ寝言言ってんじゃねーよ。

尖端技術がどーだこーだと言う前に、局員一人ひとりに常識という社会教育をし直すべき時期に来ている。

会長を国会に呼び出すべき事案だぞ、舐めてんのかキサマ。



スポンサーサイト
プロフィール

old comber

Author:old comber
硬派と軟派の二重人格がまき散らす猛毒 ショック死しても知らないよ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR