韓国の現状

2018-06-10T12:28:53+09:00

Posted by old comber

-

未分類

ホン・ヒョンという韓国出身の人物がいる。苗字は「洪」なのだがファーストネームの方は「榮」という文字の「木」を「火」に替えた当用漢字にはない文字を書く。

彼は元駐日韓国大使であり、経歴は以下だ。

1948年のソウル生まれで、陸軍士官学校を出たあと歩兵将校として野戦部隊の小隊長を経験して韓国国防部に入る。その後外務省に相当する外務部に転職して駐日韓国大使館で公使を務めた。退官後は早稲田大学の客員教授になり、桜美林大学の客員教授を経て、現在は在日韓国人を対象とする日本語新聞「統一日報」の論説主幹を務めている。

「統一日報」は韓国内における保守的立場であり、大韓民国主導による民主統一を目指す立ち位置であるとともに、北朝鮮の労働党や主体思想を厳しく批判するとともに、韓国内における北朝鮮に融和的な団体を強く非難している。北朝鮮による日本人拉致問題についても「テロ」と定義している。つまり「親日」なのではなく、純粋に韓国国内の北朝鮮工作に対する脅威を在日韓国人に広めようとする活動をおこなっている。

ただし在日韓国人の一定数は李承晩によるアカ狩りに恐れをなした済州島などから来た共産主義者がいるのであって、「統一日報」がどこまで受け入れられているかは不透明だ。

その論説主幹であるホン氏は、ネット番組の櫻LIVEで櫻井よしこ氏と対談するなどし、「韓国良識派は北朝鮮だけでなく『従北勢力』が牛耳るメディアとも闘う」として「(韓国の)反日感情は日韓分断を狙う戦略的な工作」だとしている。

「今さらかよ」「言われなきゃわからんのか」と突っ込みのひとつも入れたいところだが、この人物が「月刊正論7月号」に寄稿した記事が6月10日付けの産経ニュースに転載されていた。

この記事の中で現在韓国国内で起きている混乱と、文大統領の加速的な共産化を解説。さらには保守系団体を支持する市民などの寄付金を監視するために違法な口座査察をおこない金融情報を収集していると指摘した。

朝鮮半島は現在、朝鮮戦争以前の李承晩時代に戻っていて、共産化を進める団体と反共との血みどろの戦いが再び起きている。文政権が「国民の高い支持率をバックにしている」としているのは韓国メディアの世論誘導に過ぎず、実際には「ローソクデモ」を上回る保守系の「大極旗デモ」が起きていたことを隠しているだけだと結論付けている。

ドルイドキング事件というのは、朴槿恵大統領が弾劾された後で後任の大統領を選挙で選ぶ際に文在寅支持の拡大を狙って極秘の世論捜査チームが大量のスマホを用意してネット上の「いいね」を人為的に操作したというものであって、そのハンドルネームがドルイドキングだった。

文大統領は就任直後に、北との連邦制へ向けた改憲案を提出したが準備不足で失敗し、その後にドルイドキング事件が発覚して社会主義憲法案はいったん破棄された。

これら一連の説明は本分を読めばある程度の理解ができ、韓国でナニが起き、進行しているのかがわかって来る。

ただし、そうだとしても結局は韓国国民が決めることであって、無知であればそれなりの、賢者であればそれなりの政治を手に入れるだけであって日本人がとやかく言えることではない。

12日の米朝首脳会談と、翌日の韓国統一地方選挙の結果を見るしかなくて、その先に「日本人拉致問題」が待ち構えてる順番になっている。

盲目的に日本を攻撃するだけの政治家や映画監督がいるが、彼らの正体が何であるかのヒントになるだろう。一読の価値はあるかも知れない。

http://www.sankei.com/premium/news/180610/prm1806100002-n1.html


前の記事 次の記事