ポスト安倍

見渡した限り、麻生さんしか思い当たらねーんだが。

「失言が多い」とされていた彼だが、マスコミによる「切り貼り」だったことが明らかとなって、そうなりゃ「麻生セメント財閥」の大逆襲が始まるのかも知れない。すでに特定企業の株の買い占めに向かっているようなウワサも聞こえて来るし、それがポスト安倍ということにでもなれば、下手なメディアは夜逃げをしても足りないだろう。さて、困ったねー。
麻生さんの後援会の中心は九州電力だからね。九州のスポンサーは麻生さん次第だということになる。

経済界の好調から来る人手不足が原因で、来年あたりから国民所得がいよいよ上昇し始めると読まれている。そうなると労働組合が自民党を応援するようになるじゃない。どーすんだろう枝野。失業率だって改善中だから、若年層の支持率も高い。今のところ自民党のウイークポイントは消費増税だけ。プライマリーバランスも良好。つまり麻生さんの独壇場ということになる。
少なくとも、興奮すると早口になる安倍さんよりは大人に見えるんだけど。

他のメンバーでは財務官僚に太刀打ちできる人は見当たらない。ましてや朝鮮イタチに遊ばれたような小者じゃ務まらない。ロシアのラブロフからも小馬鹿にされてたじゃん。

麻生さんは福岡8区(旧2区)が選挙区で、実の妹(旧名、麻生信子(あそう のぶこ))はヒゲの殿下の愛称で親しまれた三笠宮寬仁親王の妃。
今上天皇の従弟でおわせられる寬仁親王は、平成24年(2012年)6月に薨去されたが、生前から女系天皇に反対されておられた。
その妃が麻生さんの実の妹なわけ。
第二次麻生政権が仮に誕生したとすると、皇室典範はどうなるでしょう。

想像しただけでも、ちょっと楽しい。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR