テロリスト注意情報

また政治家の発言を「切り貼り」する事案が起きた。麻生副総理が武装難民の対策について発言した内容で、「警察で対応できるか。自衛隊、防衛出動か。じゃあ射殺か。真剣に考えた方がいい」と言ったことが、一般民間人による避難民を対象に言ったかのようなすり替えで左翼団体や人権団体が騒いだ。

「モリ・カケ」のことを「火のないところに煙を立てる朝日」と非難されたが、ここでも「真剣に考えた方がいい」という言葉が発言の中心になるのを、「射殺」が中心にすり替えられた。本当に日本語が理解できない団体だから仕方がないと言えば仕方がないのだろう。正しい日本語が操れないから、学校新聞のような物しか作れない。

そして、シリアを中心として暴れ回っていたISがほぼ鎮圧されたと伝えられているが、彼らイスラム原理主義者らは散りぢりになってアジアへ逃げ込んで来る可能性が高いと言われている。しかし日本にはなかなか武器を持ち込むことは困難だから真っ先に狙われることはないだろうともささやかれている。ほら、平和ボケがここでも「捏造」され始めた。北朝鮮が長距離ミサイルを打ち上げている最中に、モリだカケだと騒いだ連中は、今日の投票日でそれこそISのように個々で生き残りを図る必要に迫られている。

秀吉がやったのは「刀狩り」であって、すべての刃物が対象だったわけではない。つまりピストルや自動小銃は日本へ持ち込めないとしても新幹線の中にガソリンを持ち込むことはできる国なのだ。地下鉄でサリンを噴霧したのも世界で日本ただ一国だ。新宿で路線バスが放火されたこともあったよね。今ではドローンという便利な物も開発された。やろうと思えば大抵のことはできちゃうんだよね。

だから麻生さんが「真剣に考えた方がいい」と言ったまでのことであって、そのどこが問題なのさ。さっぱりわからない。



それとさ、関東大震災の時に捕まった朝鮮人が銃器などの武器を隠し持っていたとする調書が発見されたよね。このブログでも取り上げた。銃砲・刀剣類の所持規制は明治時代から行われ、「銃砲火薬類取締法」(明治43年法律第53号)において、銃砲類の市販製造は政府への登録制とし許可無く所持することが禁止されていた。しかしこれは登録制ではあっても禁止事項ではなかったわけ。しかし大東亜戦争が終結してGHQが占領統治したことで、日本軍の解体と武装解除を徹底するため銃砲等所持禁止令(昭和21年勅令第300号)により銃砲等の所持が禁止された。

つまりそれ以前は割と日本国内には銃砲が普通の物として存在していたことになる。満州などでゲリラ活動をやった反日馬賊などが使用していたモーゼル拳銃などを、日本の退役軍人が持ち帰って自宅に隠し持っていたなんてことはひんぱんにあったことらしい。そのままでは錆びてしまうのでグリース漬けにしたなんてこともあったそうだ。

大正時代の朝鮮人が銃砲を持っていたとしても、特別不思議なことではなかったのかも知れない。現代の感覚で歴史をふりかえってはいけない。戦後70年以上が過ぎたので、曽祖父の遺品整理か何かで旧家から出て来ることもあるかも知れない。

しかし忘れてはいけないのは、近年の組織犯罪処罰法の改正で、暴力団員がピストルの隠し場所に困るという笑うような話が実際に起きてしまった。

これらの銃器は戦時中のことではないから、加工精度は飛躍的に高いだろうし銃弾に使用される火薬も現役だと考えて良さそうだ。

10月16日、産経ニュースが報じた。

(引用ここから)

拳銃2丁と実弾64発を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は銃刀法違反(加重所持)の疑いで、ともに韓国籍で無職の梁光重(リョウ・コウジュウ)容疑者(65)=横浜市中区本牧原=と、申康子(シン・カンジャ)容疑者(73)=同市西区境之谷=を逮捕した。2人は「間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は、平成28年11月12日、横浜市南区のマンション一室のクローゼットに、回転弾倉式拳銃2丁と実弾64発が入ったアタッシェケースを保管していたとしている。

組対5課によると、拳銃と実弾は約20年前に死亡した梁容疑者の兄の遺品。兄は元暴力団組員で、梁容疑者が遺品整理をした際に発見。知人の申容疑者に保管を依頼し、申容疑者が自身が所有するマンションで保管していた。

27年10月にマンションは差し押さえられ、競売にかけられたが、拳銃と実弾が入ったアタッシェケースは撤去されなかった。新たに入居した住人が発見し、都内の管理会社が1月に警視庁へ届け出ていたという。

(引用ここまで)

暴力団関係者と在日朝鮮・韓国人とのつながりは深く、暴力団と銃器のつながりもまた深い。だからこうした遺品が出て来る可能性は少なくないのであって、朝鮮・韓国籍の人々が知っていようといまいと武器類が潜在的にあることを警察関係は把握している。

「日本には武器類を持ち込むことは困難だ」という意見も、国民の平和ボケを持続させようとする悪意なのかも知れない。

アメリカのように登録さえすればピストルやマシンガンが買える環境だからこそ乱射事件が起こったりするのだけど、だったら日本では皆無なのかと言うとそんなことはない。国松長官を狙撃した犯人は捕まった? 餃子の王将の社長はどうなった? そして銃器ではないとしてもオウムの幹部や豊田商事の社長とかがマスコミの面前で斬り殺されたじゃないか。日本は決して安全な国ではないんだよ。それだけは誤解しないように注意しよう。



それとね、米ワシントンのアジア関連のニュースや情報を提供する日報「ネルソン・リポート」が「韓国からの個人資産の移動」を勧めていると伝えたとさ。同様の警告は北朝鮮で活動中の非政府組織(NGO)にも非公式に伝えられたとしている。あくまでも非公式にではあるけれど、戦争の可能性が高まっているというサインにしか聞こえないのだけど。

株価が上がったと浮かれている日本だけど、選挙が終わってトランプさんが来た後は、どーなるかわからないよ。売り時、間違えんな。神戸製鋼も日産も東芝もあんな調子だしさ「戦争でも起これば一発逆転」と思っている不届き者がいないとは限らない。

くわばら・くわばら。



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR